2013年8月24日 (土)

ブロガーサミット2013

24日、渋谷で行われたブロガーサミットに参加してきた。1000名近い申し込みがあったというその規模には圧倒されたし、勉強にもなった。いいイベントだった。

今回分かったのは、ブロガーが1000人集まっても、「俺たちゃブロガーだぜ。イエー!」という連帯感は生まれないのだ、ということだ。

壇上のパネリストの話は大いに参考になるものだったし、共感する点も多かったが、「あの人たちがブロガーなら、俺はブロガーじゃないな」と感じながら聴いている人がほとんどだったんじゃないかと思う。

ブログはあなたにとって何ですか、という質問はこの10年間ずっと繰り返されてきたし、今回のイベントでも何度となく話題になった。しかしその答えは常に違う。

ブログは、言ってみれば「その人の考えるインターネットの形」だ。そのブログを読めば、その人がインターネットをどう考えているか、何を期待しているのかがそれとなく分かる。日記なのか、メディアなのか、技術なのか、マーケティングなのか、思想なのか、コミュニケーションなのか、世界の征服なのか。

その「形」が千差万別なのは分かってたけど、ある程度の相似形を描いている人同士でも、そこに仲間意識のようなものはあまり生まれないのを実感した。

だから「ブロガー」としてくくられることにも違和感をみんな持っている。「ブロガーサミット」というイベントに興味を持ったからこそ土曜日にわざわざ足を運んだのだろうが、みな心のどこかで「俺はブロガーじゃないな」と感じていた節がある。

イッセー尾形があるインタビューで「サラリーマンの人って、みんな『僕は普通のサラリーマンとはちょっと違ってまして』と言いたがる」と話していて、なるほどと思った。「サラリーマン新党」が続かなかったわけだ。その言葉は連帯感を醸成できないのだから。

主催者は「ブロガー」という言葉は「ドライバー」のようなもの、というメッセージを発していたが、「ブロガー」は「サラリーマン」とも似ているのだ。

もっとも、それは「俺はオタじゃない」「俺はテツじゃない」と言っているのがオタでありテツである何よりの証拠、という話と同じようなものかもしれないが。

しかし、またこうしたイベントがあればまた多くの人が集まる気がする。自分もたぶん行く。その理由がどこにあるか考えていけば、まだ発掘されていないブログの潜在力に突き当たるかもしれない。そこに期待して、自分はこのブログを続けよう。

ブロガーサミットの公式ページ
http://agilemedia.jp/blogger/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

うるう秒@宇留生村

7月1日、うるう秒が1秒挿入された。

この1秒をどこで過ごそうかな、と考え、岐阜県大垣市にある旧宇留生(うるう)村にやってきた。

大垣から1駅、荒尾駅のすぐそばにある「宇留生小学校」に行ってみると、うるう秒をきっかけに大々的なまちおこしイベントが開催されている、ということもなく、ひっそりしていた。

雨の中、うるう秒挿入時間に合わせて1枚。

S20120701_083339_2

ちなみにこんな看板もありました。

S20120701_082921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

金環日食

普段天文に興味がない自分でも、日食とか月食とかいう言葉にはやはり心躍る。

自分の住むマンションは東向き。ちょうど出勤前の時間に観測できた。

雲は広がっているが、太陽光線は確実にさしている。肉眼では(本当はダメ)分からないが、カメラを向けるとくっきりと欠けている様子が撮影できた。

Nissyoku2

あたりが少しうす暗くなり、夕方や明け方にしか鳴かないカラスが鳴きはじめた。天変地異の始まりだ。

ちょうど金環になろうというころ、雲が薄くなり、日食グラスではっきりとその様子が確認できるようになった。

ただ、逆にカメラは明るすぎてその見事なリングをはっきりとらえることができなかった。自分のカメラはコンデジで、f8ぐらいまでしか絞れない。f22まで絞れば、かなり鮮明に写せたようだ。

Nisshoku

でも、多くの人がその目で金環状態を確認できたのだから、これは本当に良かった。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

「かなまら祭り」2012年

毎年4月の第一日曜日に開催される、川崎市・若宮八幡宮内にある金山神社の「かなまら祭り」。江戸時代から続く、伝統ある庶民の祭りだ。

日本各地に男性器信仰は存在しているが、それが首都圏で、しかも楽しいイベントとして盛大に開催される例は少ない。貴重な文化遺産と言えるだろう。

Ssimple_mosaic20120401_122902(事情により写真を一部修正しております)

国内のメディアからは完全にスルーされているが、海外のメディアはかなりの数が来ていた。来場者も外国人がきわめて多い、世界的に有名な奇祭となっている。

自分も映像にまとめた。ただし、映像は修正していないので、こういうネタに抵抗のある人は再生しないこと。

政府はビジット・ジャパンキャンペーンや観光庁の設置など、外国人観光客の増加にやっきになっているが、特に役所が肩入れしなくても、これほど世界中から注目を浴びている祭りがあることに目を向けるべきだ。

また国内向けにはB級グルメや聖地巡礼によるまちおこしも近年さかんだが、祭りの集客効果が絶大なことは古くから知られている。ただ弱点は、継続的に人を呼ぶのが難しい点である。

こうしたテーマ性のある祭りなら、そのテーマによって年間を通じた集客が可能になるだろう。祭りはそのハイライトとして機能する。

日本にはもっともっと面白い、楽しいもの、ことがたくさんあるはずだ。ますます力を入れて「見学」していきたい。

なお、今年はオレのつまらない嘘よりずっと面白いこの祭りを映像化するのに精いっぱいなので、別館の更新はありません。ごめんなさい。

 

若宮八幡宮のウェブサイト かなまら祭りの紹介
http://tomuraya.co.jp/wakamiya-10.htm

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

杉並TVの活動

あまりものごとを真面目に考えない自分だが、地域というテーマにはそれなりに関心がある。

自分の現在、千葉県の柏市に住んでいて、大いに住み心地のいいこの町を愛しているが、故郷は茨城であり、本家は今も茨城空港の近所にある。

茨城は、FM局もテレビ局もないという、47都道府県の中で唯一の「メディア空白地」である。そのため、地域のコンテンツの多くが映像化されていない。

自分が2年半ほど前にデジタルビデオカメラを買ったのは、そういう中で自分なりに茨城のさまざまな風景を映像に残していきたい、と考えたからだ。

と言いながらも、会社の仕事やこのブログの更新にかまけて、なかなか具体的な活動ができていない。黄門まつり茨城空港の映像を撮ったにとどまっている。今年の梅まつりは1日かけて撮影したが、まだ編集もしていないていたらくだ。だいたい、根気がないのである。

しかしそんなナマケモノをよそに、地域に根ざした映像制作を実践している人たちがいる。「住民ディレクター」の活動は、その代表的な動きだ。

もともと熊本県で始まった活動だが、現在は全国に広がりつつある。そのうちのひとつが、東京・杉並区を拠点に活動している「杉並TV」だ。その代表者は会社の仕事でたいへんお世話になっている人だが、昨年12月に商店街でネットライブをするので手伝え、と声をかけていただき、自分の勉強にもなるので仕事を離れボランティアで参加してきた。とはいっても自分は何もできないので、ぼーっと見学していただけだが。

ただ見学しているのではさすがに能がないので、その模様を撮影し、メイキング映像としてまとめたものがこれだ。

この杉並TVは、活動の実績を認められ、4月21日からケーブルテレビJ:COMのコミュニティチャンネルで番組を放送することになった。東京・埼玉・群馬エリアで視聴できる「街ネタ!ワイド」でその映像が流れるほか、ゴールデンタイムの番組にも関係者が出演するらしい。視聴可能なエリアに住んでいる人にはぜひ見ていただきたい。

ネット放送局とケーブルテレビとのコラボレーションというのは面白い。ローカル局と全国ネットといった、規模の経済性と直結したメディアの枠組みは、確実に溶解しつつある。

12月のネットライブでは実に多くのことを学んだが、学んでいる場合ではない、とも思う。もっと行動しなくては。既存のルールが破壊されたとき、なすべきことは「行動すること」であり、重要なことは「食べていけること」である。

ま、根がいいかげんだからあせったり悩んだりはしないものの、そろそろ人生も先が見えてきているわけで、次に何をしようか考えるフェーズにさしかかっていることは確かだ。

杉並TVのホームページ

http://www.suginami-tv.jp/site/home.html

J:COM東京のコミュニティーチャンネル

http://tokyo.jcommunity.net/machineta.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

上野公園

この週末は花見のピーク。てなわけで、ふらりと上野公園に立ち寄った。

素晴らしい桜と、素晴らしい人出。

201004031159001

雰囲気の良さと意外なリーズナブルさで気に入っている、上野公園内「韻松亭」はさすがに人がいっぱいで入れなかったので、その前に出ていた屋台でおでんをいただく。

201004031214000

うまかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

お台場で実物大ガンダムを見学

東京都がお台場地区に保有する潮風公園で、2009年7月11日(土)~8月31日(月)に行われるGREEN TOKYO ガンダムプロジェクト。全長18mの等身大ガンダムをつくり、それをシンボルとして都市の緑化推進をPRしていこうというものだ。ガンダムと都市緑化がいまいち結びつかないが、そんなことはどうでもいい。ちょうど有明にも来たことだし(詳細後日)、正式オープン初日で激混み必至のイベント会場へ。

噂には聞いていたが、こりゃあカッコいい。その大きさにも圧倒されるが、全体のフォルムもディテールも、実に美しいのだ。しばし呆然と眺めていたが、だんだんエヴァンゲリオン新劇場版「破」を見たときのような感動が湧き上がってくるのを感じた。

これは日本のポップカルチャーと、ものづくり産業とのコラボレーションの成果だ。そしてそれが、観光産業の目玉にもなる。これからの日本が寄って立つべき事業モデルがここにあるのではないのか。

期間限定なのは実に残念だが、その後はどこかに移して展示するのだろうか。ぜひそのときは、分解せずに、「機動警察パトレイバー」のようにそのままトレーラーで搬送してほしいものだ。

自分の写真技術ではそのカッコよさを表現できないので、動画を作ってみました。ぜひ「HD」モードでごらんください。HDで撮ってHDで編集してHDで書き出してますので。

夜のライトアップも美しいそうなので、また行かなくては。

GREEN TOKYO ガンダムプロジェクトの公式サイト
http://www.greentokyo-gundam.jp/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

日本科学未来館ドームシアターガイア「バースデイ ~宇宙とわたしをつなぐもの~」

日本科学未来館のデジタルプラネタリウムを上映しているドームシアターガイアで立体映像の新プログラムが始まった。全天周の超高精細立体視映像システム“Atmos”と、500万個もの星を投影できる世界最大級のプラネタリウム“MEGASTAR-II cosmos”により、宇宙誕生の物語を描く壮大な映像作品だという。

全天周立体映像、といえば、85年のつくば万博の富士通パビリオンが上映した「ザ・ユニバース」の衝撃が忘れられない。赤青メガネ方式のモノクロ作品ながら、立体映像、ドーム型スクリーン、そしてコンピューターグラフィックスという3つの新鮮なテクノロジーによってこれまでに味わったことのない感覚を体験することができた。

その後、花博では偏光メガネ方式によるフルカラーの「ザ・ユニバース2」も上映されたが、前作ほどの衝撃度はなかった。立体やCGに慣れてしまったせいもあるのだろう。だが、今回未来間が投入した新映像システムは4096×4096というとんでもない高精彩画像を投影できるのだという。いよいよ1985年の衝撃を超える存在が登場するかもしれない、と期待が高まる。

そしてプラネタリウム界のカリスマ、大平貴之氏の手によるMEGASTAR-IIは世界で最も先進的なプラネタリウムとしてギネスブックにも登録されたほどのシステムであり、一度見たいと思っていた。これまで観たプラネタリウムで最も印象的だったのは、2000年にニューヨークの自然史博物館に直結した地球宇宙ローズセンター内の施設としてリニューアルオープンしたヘイデン・プラネタリウムをその年の12月に見たことだ。シリコングラフィックスのコンピューターでリアルタイム処理し、無数の星々を巨大なスクリーンに映し出すその仕組みは、トム・ハンクスのナレーションとあいまって実に感動的だった。あの感動を超えることができるかどうかも期待だ。

というわけで、3連休のよく晴れたお台場に朝からやってきた。科学未来間は仕事で何回か来たことがあるが、展示を見るのは初めてだ。まず入場券購入の列に並ぶ。新プログラム投入ということで、早めに来ようと思ったが、前日わくわくしてなかなか寝付けなかったために(コドモか)すっかり寝坊してしまい、列に並んだのは開館10分前の9時50分。すでに長蛇の列ができている。

200901111200000

何とか入場券を買って、次は1階の別の場所にあるドームシアターガイアの予約券発行機に並ぶ。これは無料だ。並んでいるうちに、1回の定員が112席しかないことがわかる。万博やヘイデン・プラネタリウムのイメージがあったのでこりゃまたずいぶん小さいものだと驚く。それ以上に、こりゃすぐには見られないな、と覚悟する。この日の上映回数は7回あるが、午後は四季劇場に行くつもりなので午前中の回をはずすと夕方また来るしかなくなる。だが、何とか午前中2回目の11時30分からの上映にすべりこむことができた。自分が予約券を入手した段階で、この回の残りは10席ほどだったと思う。

とりあえず上映時刻まで時間があるので、常設展示を見て過ごす。

200901111100000

200901111104000

アシモのショーや、しんかい6500を見ているうちにどんどんテンションが高まってくる。また、企画展示(別途有料)の「アマゾニア展」もせっかくなので覗いて見る。子供のころデパートでやっていた「大アマゾン展」のように大蛇でも見世物にしているのかと思ったら、環境破壊とアマゾンの自然について紹介した真面目な展示だった。

そしていよいよドームシアターの上映時間に。入り口で偏光メガネを借りる。東京ディズニーランドの「ミクロアドベンチャー」のようなカンタンなものではなく、壊すと高額な弁償をしなくてはいけなそうなしっかりした造りのメガネで、眼鏡をかけている上からも問題なく装着できる。

映像は20分少々のものだ。ずっと立体映像を上映し、最後の5分ほどでプラネタリウムの映像に切り替わる、という構成。この時はあらかじめ録音されたナレーション(ARATA)が流れていたが、科学館の職員が生声で解説する回もあるのだという。

さて映像の出来だが、素晴らしいのはやはり映像の細かさだ。天体や銀河の形成過程を見せてくれるのだが、ガスやちりが集まって次第に形になり・・・というくだりで、本当に目の前にあるちりを払いたくなるほどである。これほど細かい立体映像というのは、確かに見たことがない。

しかし、問題点としてはやはり偏光メガネ方式の弱点である、映像がどうにも暗くなってしまっている点だ。もっと明るい映像であれば、感動がさらに広がっただろうと思う。

シナリオも、しごくまじめなものではあるが、せっかくだからもう少しドラマチックに演出してもいいような気がする。ヘイデン・プラネタリウムを見たときは、英語がよく分からないにもかかわらず、トム・ハンクスのナレーションに妙に感動してしまった。

あと、これは今さらどうにもならないことだが、これだけのハードとソフトを投入しているのだから、施設自体、つまりスクリーンや客席を大きくしてほしいとつくづく感じた。意外にこういう見学がきっかけになって、子供が将来の夢を抱いたりするのだ。もっと自信をもって大きく造り、多くの子供たちを見学に招いてほしいものだと思う。

というわけで、ザ・ユニバースほどの衝撃には残念ながら至らなかったが、日本最高水準の技術を体験できる見学施設には、いちど足を運んでみる勝ちがあるだろう。

それにしても、偏光メガネ方式の画面の暗さは、何とかならないものだろうか?実はその弱点は1985年当時に指摘されており、つくば万博では住友館の「大地の詩」がそれを解決していた。この作品では、「2台のカメラで撮って2台の映写機で写す」ということにより、2つの映像を重ね合わせるために明るさが半分になってしまうことを回避していたのだ。あの立体映像は本当に美しく、今も記憶に鮮明だ。

現在、ハリウッドではさかんに立体映画が作られている。2008年も「センター・オブ・ジ・アース」などが上映された。しかしどうもやはり映像が暗く、また立体上映に対応していない映画館での上映用と2バージョン作ることを前提としているため、いまひとつ立体の面白さを出し切れていない。

つくば博から20年以上が経過しているが、いまだ「ザ・ユニバース」と「大地の唄」に映像技術が追いついていないのは、なんとももどかしい限りだ。

日本科学未来館のWEBサイト

http://www.miraikan.jst.go.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

人造人間「学天則」@大阪市立科学館

今年7月、大阪市立科学館の展示リニューアルオープンの目玉として公開された、東洋初のロボット、人造人間「学天則」(復元)を見学してきた。夏からずっと見たかったのだが、ようやくその機会が訪れた。

Nec_0410

Nec_0411

「学天則」は1928年に京都で行われた博覧会に出品された。その製作者は、大阪毎日新聞の論説委員であり、生物学者だった西村真琴。この学天則はその動力源に圧縮空気を用いることで、なめらかな動きや表情の変化を実現したことで、世界的にも注目されたという。

この空気を使う、という点がまさに生物学者たる西村の哲学を現している。このあたりについては、「帝都物語」の第4巻で荒俣宏がこのように解説している。

空気を使うことを教えてくれたのは、西村博士が述べたように、生物それ自体の生命機構であった。生物は空気、水、食物を原動力とし、それを蓄積力に変えて身体各所に保存する。

同様にして、彼の人造人間も電気を原動力とし、圧搾空気を蓄積力に転化するのだ。この圧縮空気をゴム管に送り込み、出し入れを自由に操作することで、生物と同じように自然な動作を行えるのだ。

(荒俣宏「帝都物語」第4巻 27「学天則の生い立ち」より)

そして学天則の容貌は、世界の5つの民族(ヨーロッパ人、インド人、アジア人、アフリカ人、ネイティブ・インディアン)の特徴を合成したものになっているのだという。これも西村の「人間とは何か」についての深い考察に裏付けられたものだろう。

科学と哲学が未分化だった最後の時代に作られた、最先端の存在、それが「学天則」である。そうした偉大な発明がこうして再現され、展示されるのは素晴らしいことだ。

「学天則」については「帝都物語」で知った、という人も多いことだろう。言うまでもなく自分もそうだ。映画版では、西村博士の役を、彼の実子である西村晃が演じた。悪役から水戸黄門まで自在に演じる名優であることに加え、やはり父の役を演じるということで、特別な思いもあったのだろう。この物語では、人造人間である学天則が、人の心に取り付いて地下鉄工事を妨害する鬼を退治するために大活躍するが、戦いを終えた学天則に向ける暖かい眼差しは感動的だった。ついでに言うと、その娘役を安永亜衣が演じたが、豪華かつクセのある俳優陣がずらりと並ぶ中で、唯一のほっとさせるキャラクターだった。

さて、復元された学天則は、学芸員たちが現存する乏しい資料をもとに、その要望や仕組みを忠実に再現したものだ。一種異様な雰囲気だが、なんとも味のある存在感は、恐らく当時のままなのだろう。

この再現された学天則の基本動作は、瞑想にふけり、何かしらのインスピレーションを感じて(手に持った「霊感燈」が光る)おもむろに目を開き、何事かを書き付ける、というもの。全体で3分ほどだ。

その模様を、ビデオに納めてきたのでハイビジョン画質でアップしておく。

学天則は大阪市立科学館の入り口入ってすぐ左側にある。エントランスホールにあるので、展示の入場券を買わなくても見られてしまうが、展示もさまざまな実験を楽しむことができるので(もちろん子供向けではあるが、大人も結構楽しい)ぜひ見て回ろう。

注意が必要なのは、学天則が動くのは、毎正時に1回のみ、ということだ。動く様子を見たい場合は、展示を見学する前にするか後にするか、決めておくといいだろう。

大阪市立科学館のWEBサイト
http://www.sci-museum.jp/

紹介ページ
http://www.sci-museum.jp/server_sci/promot/press_p.html

Wikipediaによる解説
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%AD%B8%E5%A4%A9%E5%89%87&oldid=21683195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

「ウルトラマンフェスティバル2007」主役はセブンだ!

Seven1

毎年恒例のウルトラマンフェスティバルを見学。今年はウルトラセブン誕生40周年(本当は放送開始40周年。だってセブンって1万数千年生きてるじゃん)、セブンに特化した展示内容となっている。

入場料1800円は安くはないが、近年はステージのショーに力を入れており、その鑑賞も含めた値段だと考えればさほどでもない。自分が行ったとき、すでに直近の時間帯の入場整理券は配布終了になっており、時間の関係で次のショーを待つことができなかったので、展示だけで帰ってきた。しかしセブンのコアなファンにはこたえられない内容で、十分もとはとった気がする。

詳細はネタバレになるのでたたんでおきます。9月2日まで池袋のサンシャインシティで開催されているので、これから行く人は読まないほうがいいでしょう。

続きを読む "「ウルトラマンフェスティバル2007」主役はセブンだ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)