2013年5月 5日 (日)

壱岐の旅

HKTはどんたく初日終了後横浜に行ってしまったので、いきおいやることがなくなった。どうしたものかな、と思ったとき、ふとどんたく祭りのステージに参加していた壱岐観光協会の人たちを思い出した。

そうだ、壱岐に行ってみよう。

壱岐は長崎県だが、博多埠頭からジェットフォイルで1時間。気軽に行ける距離だ。

長崎は本当に広くて、佐世保や平戸、雲仙など地続きでも行くのが大変なのに、離島も多い。それだけに、各地域が魅力にあふれていて、何度訪れても新しい発見ができる。五島には以前行った。壱岐は初めて。

意気揚々と降り立ち、まず向かったのが、玄関口となる郷ノ浦港にほど近い、商店街にある「塞神社」。結構人通りの多いところなのに、実に堂々と、堂々としたモノが祭られている。

Simple_mosaic20130505_224903

・・・圧倒的じゃないか。(一部写真を加工しています)
昨年春に行ったこのお祭りを思い出した。

続いて、壱岐出身で「電力王」の異名を取った松永安左エ門の記念館へ。数々のエネルギー企業を立ち上げ、戦争に反対し、戦後は民間主導の復興を主張し(このため官僚主導の復興を描いた吉田茂と対立した)、高度成長の礎を築いて1971年95歳で没。叙勲などを一貫して嫌ったり、没後の莫大な財産を一切子供たちに相続させなかったり、とぶれのない人生を死の直前まで貫いたという。館長さんの説明で実に勉強になった。

20130505_100100

博多で走っていた市電を移送して展示してある。敷き詰めた石は、軌道敷に使われていたものだそうだ。

そして数年前にできたばかりの立派な「一支国(いきこく)博物館」へ。土器をはじめとした数々の出土品などを多数展示するとともに、弥生時代からこの地域が栄えていたことを示すことを分かりやすく解説している。

展望フロアは4階だが、壱岐には高い山がなく、全般的に平野のない長崎では諫早に次ぐ大きさの平野がここにあるとか。少し離れたところに原の辻一支国王都復元公園が見える。この公園と博物館、地図で見ると近くのようだが、ちょっと歩くのはきつい。

20130505_101537

絶景の「左京鼻」。海は碧く美しい。海女さんたちの漁が始まっていた。

20130505_104719
20130505_104545

満潮時には海に浸かるかっこうになる「はらほげ地蔵」。住民の方が前掛けなどを常に替えているようだ。

20130505_105643

壱岐は元寇に際し戦場となった。弘安の役(1281年)で、壱岐国守護代として戦闘を指揮したのが、弱冠19歳の少弐 資時(しょうに すけとき)。前線で勇猛に戦い、戦士したこの若き武将は今も壱岐の人たちに「資時さん」と慕われているという。そのお墓や、海から引き揚げられた碇石などがあるのが少弐公園。

20130505_111517
20130505_111619

こちらは文永の役の古戦場、新城の千人塚。住民の手でとてもきれいに手入れされている。
20130505_113244

壱岐の島には無数の古墳が点在している。そのうちのひとつ、掛木古墳は玄室の中まで入って、石をくりぬいた石棺を見ることができる。あっ指かかっちゃった

20130505_114232

壱岐といえばウニ。ということではらほげ地蔵に近い「はらほげ」食堂でうにのぶっかけ定食をいただく。

20130505_123719

これは、久しぶりにいいウニを食べた。味もいいけど、香りが、そうだウニってこういう香りだった、と思い出させてくれる強烈なもの。

ウニの香りは、ミョウバンをかけたら当たり前だけど、塩水漬けでも失われてしまう。このウニはいい。知床のバフンウニ以来の衝撃だ。

そしてそこから車で10分ほどの芦部港から博多へ戻る。

観光タクシーをお願いして3時間半の急ぎ足だったけど、実に勉強になった。弥生時代や鎌倉時代の歴史が手に取るようにそこに存在している。そして、住民の人々がその歴史を大切にし、ともに生きているのが分かる。

日本神道発祥の地と言われる月読神社など、他にも多くの文化施設があり、夏にはマリンスポーツも楽しむことができる。ウニだけでなく、壱岐牛も素晴らしい味だそうだ。これは再びじっくり訪れなくてはなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

佐賀牛「季楽」博多店

博多はもつ鍋や水たき、鉄鍋餃子と肉料理もうまいし、焼き肉店も多いのだけれど、いまいち肉そのものを堪能できる店になかなか出合えなかった。

そうしたところ、facebookで「季楽」の博多店があると教えられ、ああ、そういえば、と思いだした。「季楽」は佐賀に本店のある、JA佐賀が運営する佐賀牛の店だ。以前、この本店には行ったことがあり、以来佐賀牛の魅力にすっかりはまって、通販などで取り寄せたりもした。

実は銀座店もあるのだが、どうにも高くて、一般市民お断りな雰囲気が好きじゃなかった。では博多店はどうか。サイトを見ると、ランチも充実しており、敷居は低そうだ。

お昼の時間に予約せず行ったのだが、祇園山笠の期間ということもあってか、ほとんど満席だった。そうした状況で、1人客というのに嫌な顔ひとつせず席を用意してくれた。ここはいい店だ、と直感する。

季楽の目玉は何といっても「せいろ蒸し」。脂の乗った佐賀牛を、たっぷりの野菜と一緒にいただくものだ。ランチでも、そして1人でも注文できる。これは嬉しい。

そして出てきたせいろ。野菜の量は人数に比例するはずだが、たぶんこれ2人前と同じだと思う。1人のために得をしてしまった。

久しぶりの佐賀牛だったが、やはり脂とうま味たっぷりの素晴らしい肉だ。これと野菜の絶妙の組み合わせ。一口食べたら別世界、という素晴らしい味だ。

Saga_kira

店の雰囲気もよくて、最高だった。今後、博多に行ったときの定番にしようと思う。

「季楽」のウェブサイト

http://jasaga.or.jp/kira/index.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多祇園山笠 追い山笠を見学

ずっと見たかった博多の「祇園山笠」。日付固定のため、なかなか見る機会がなかったのだが、今年は3連休に重なった。ありがたいことにホテルも祇園に確保でき、最高の条件で見学できた。

博多の夏を告げる祇園山笠のクライマックスは、山車を引いて街中を駆け抜ける時間を競う「追い山笠」だ。7つの「流」という地区構成単位が、それぞれの山笠を全力で舁(か)く。

スタートは朝の4時59分。大勢の人が見守る中、一番山笠の「千代流」から、順々に櫛田神社に入り、参拝した後にフルスピードで街へ飛び出していく。

Yamagasa2012

今年は5月に「どんたく祭り」を、そしてこの祇園山笠を見ることができ、少しは博多の人々の心に触れられたような気がして嬉しい。伝統を大事にしつつ、陽気に人生を楽しむ福岡という土地は本当に素晴らしい。ますます好きになってきた。

動画もなんとか撮影。


博多祇園山笠の公式ウェブサイト
http://www.hakatayamakasa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

第51回 福岡市民の祭り 博多どんたく 港祭り

毎年、ゴールデンウイークの人出の第1位として紹介される「博多どんたく」。だが、それがどういう祭りなのか、自分はよく知らなかった。そういう人は多いのではと思う。

そのどんたくを初めて見学するこを決め、ウェブサイトなどを見たが、それでもどういう祭りかいまいち掴めない。

そんな状態で現地に入ったが、無料配布されるガイドブックを片手に街を歩いているうちにようやく分かってきた。

この祭りには、ねぶたとか、だんじりとか、あるいは同じ博多の山笠のような「大スター」は存在しない。各地のお祭りで脇役扱いされている、婦人会の踊り披露とか、学校の吹奏楽部の演奏とか、そういったある意味地味な要素ばかりを大々的に集めた祭り。それが博多どんたくなのだ。主役はあくまで、普通の市民である。

中州から天神にかけて設置される「どんたく広場」と、博多駅からキャナルシティ方面に伸びる「はかた駅前通りどんたく広場」はパレードルート。そして、どんたく広場に近い「お祭り本舞台」をはじめ、市内各所に30カ所以上の「演舞台」と呼ばれるステージが設置され、そこにさまざまな市民団体、地域団体、企業、学校などが思い思いのパフォーマンスを披露する。

だから盛り上がっているのはパレ―ドや舞台に出ている人の身内や友人だけで、それ以外は面白くないとも言われる。だがそれは違う。一番盛り上がっているのは、パレードや舞台に出ている人だ。この祭りは「見る祭り」ではなく「参加する祭り」である。実際に参加していなくても、とにかくその量が圧倒的で、しかもそこかしこで行われているものだから、なんとなく自分も参加している気分になってくる。この「参加している」気分を感じられるかどうか、そこが「どんたく」を楽しめるかどうかの分岐点になる。

自分はこのブログで主に書き連ねているように、ライブエンターテインメントが大好きだ。ライブエンターテインメントがメディアを通じて味わうコンテンツと決定的に違うのは「参加する」意識である。だから、ライブエンターテインメントに慣れ親しんでいる自分はどんたくの雰囲気にすっと入ることができた。しかし、普段テレビを中心に受動的な姿勢でエンターテインメントを楽しんでいる人にはハードルが高いと思う。「泣ける」「笑える」という基準ではなく「泣く」「笑う」という基準を自分の心に持っているかどうかが試される。

そして、この祭りのフィナーレでは、疑似的な参加意識を有していた人たちが、実際に参加できる機会が用意される。パレードや舞台に参加した人も、見物客も、老若男女がこぞって踊る「総踊り」である。最初は遠慮がちだった人も、次第に踊りの輪に入り始め、その輪はどんどん大きくなっていく。次第にうす暗くなり始め、灯火がやわらかく人々を照らし始めるころには、全員の踊りがぴたりとそろってくる。そのページェントが、博多どんたくの本質を明確に映し出す。

博多は、歴史的に見ても芸事のさかんな土地だ。だからこの祭りが成立するのだろうし、自分がこの街に惹かれてやまないのも、たぶんその辺りに理由がありそうだ。

Sp1190338

博多どんたくの公式ホームページ
http://www.fukunet.or.jp/dontaku/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

福岡で食べたもの

今回、福岡県内で食べたものをメモしておこう。

27日朝 長浜鮮魚市場「おきよ食堂」ゴマ鰤定食

Sp1000883

27日昼 東峰村(旧宝珠山村地区)「ほうしゅ楽舎」の定食

Sp1000892

28日夜 久留米市内 屋台の焼き鳥「ダルム」

Sp1010055

同「センポコ」

Sp1010058

28日朝 博多阪急地下「阪急うまか食堂」内「ゴトウチぐるめ元気食堂」の富士宮やきそば

Sp1010077

28日昼 博多阪急地下「阪急うまか食堂」内「鉄蔵」の小浜ちゃんぽん

Sp1010081

28日夜 「稚加榮」のヤリイカ活造り

Sp1010098

同 サザエ、伊勢海老の活造り

Sp1010104

同 あらかぶの煮つけ

Sp1010110

同 ヤリイカ 後造り(天ぷら)

Sp1010118

同 うなぎのせいろ蒸し、伊勢海老の後造り(味噌汁)

Sp1010120

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

伊丹~宝塚~京都~名古屋

いつもは遠征といっても実質1日で、日曜の朝には現地を発って昼過ぎには戻ることが多い。今回は久しぶりに2日間たっぷり回ってきたのでその行程をメモしておこう。

朝7時羽田発のANA便に搭乗。ふだんなら乗る前にANA FESTAでソバでも食べるところだが、ちょっと寝坊したのでギリギリになってしまい断念。

8時10分伊丹着。腹が減ったので空港内の「そば処 関亭」で「出し巻き定食」を食べる。
201107020822000

モノレールから阪急電車に乗り継いで、宝塚に到着。
201107020929000

駅から劇場までの「花のみち」は歩いているだけでワクワクしてくる。駅を降りたところからタカラヅカは始まっているのだ。
201107020935001

宝塚大劇場内には2つの劇場(大劇場、バウホール)のほか、レストランやカフェテリア、お土産やグッズ、CD・DVDなどのショップ、宝塚のメイクや衣装で写真が撮れるスタジオなどがひしめいており、さながらテーマパークの様相。初めて行くときは早目に行くのがおススメだ。大劇場に近い「カフェテラス」でシフォンケーキをいただく。窓の外にオスカルとアンドレ像が見える。
201107021009000

大劇場の中。
201107021033000

「ファントム」終了後、こんどはJRで京都に向かう。荷物をコインロッカーに入れると15時半ごろになっていた。また腹が減ったので、ジェイアール京都伊勢丹のレストラン街でこの時間に開いている店に入りなんとなく京都っぽい定食を食べる。
201107021554001_2201107021601000

まだ結構時間に余裕がある。朝から暑かったので、風呂にでも入ろうと京都タワーホテルの地下3階にある「タワー浴場」へ。なんだかミクロマンの「タワー基地」を思い出させるネーミングだ。
201107021659000

かなり施設が古く、ここだけ昭和40年代の雰囲気。ゴージャスなスーパー銭湯に慣れたナウなヤングにはお勧めできないが、タイムスリップ感を楽しみたいなら。

ひとっ風呂浴びてから京都劇場へ。終演は20時を過ぎる。新幹線で一路名古屋へ。駅近のホテルにチェックインし、栄方面に遊びに出る。夜中、また腹が減ったのでCoCo壱番屋が愛知県内限定で展開しているカレーラーメンの店「麺屋ここいち」でカレーラーメンを食う。週に一度はCoCo壱番屋のカレーを食ってる自分なので、これはかなりうまいと感じた。
201107022342000

ホテルが快適すぎて、翌朝は予定より寝坊してしまった。あわてて名古屋市科学館へ向かう。6月10日に、ここに世界最大のドーム型スクリーンを持つプラネタリウムが登場し、話題を呼んでいるのだ。9時半から入場券を発売するというので、8時半には到着しなくてはと考えていたが、寝坊したため9時15分着。もう長蛇の列ができている。1時間半ほど並んで、夕方の部のチケットを購入できた。朝いちのチケットを買うためには何時ごろ行けばよかったのだろう。

チケットを入手した後、松坂屋のレストラン街にある「あつた蓬莱軒」へ。ここも長蛇の列なのは分かっていたので、開店11時の30分前には到着していたかったのだが、結局11時ギリギリに。仕事のときはともかく、遊びのときは寝坊はいかんと心から反省。第一ターンでは入れなかったので、やはり1時間ほど待って席に着く。食べたのはひつまぶし(うなぎ大盛り)。あまりうまいイメージがなかったが、久しぶりに食ったらかなりうまかった。

201107031221001

食べ終わって急ぎ劇場へ。もうオープニングパフォーマンスが始まっていた。名古屋ミュージカル劇場では、タップダンスとハンドベルが同じフロアの左右で同時に進む。なぜかタップダンスのほうが人気で、ハンドベルは至極いいポジションで見られた。

201107031250004

201107031254000

終演後、10分ほど歩いて科学館へ。ざっと展示を眺める。体験型の展示が多く、子供は楽しそうだ。

201107031542000

201107031547000

プラネタリウムは、確かにスクリーンが巨大だ。これだけ巨大だと、没入感がとてつもない。これは素晴らしい設備である。だがソフトはあくまで教育的な内容。学芸員のような人が生で解説してくれるのでまさに今日この日の天体がどうなっているのかよくわかる。しかしこれほどの施設なのだから、もっとスペクタクルなことをしてもいいのではないか。2000年の冬、ニューヨークの自然史博物館にオープンしたばかりの地球宇宙ローズセンターに収容されたヘイデン・プラネタリウムを見たときは感動した。トム・ハンクスのナレーション(その後、何度か番組は入れ替わっている)で、英語もわからないのにメッセージが頭の中に伝わってきた。明示的な知識を与えることより、大きな感動を与えて自発的な学習意欲を刺激することに重きを置いているのだ。

201107031559000

17時すぎに科学館を出て名古屋駅へ。時間があればコメダ珈琲でシロノワールでも食いたかったが、N700系に乗りたかったのですぐに乗車。家に着いたのは20時ちょうどだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

大阪食べ歩き

大阪に来るとうまいものがたくさんあって嬉しい。今回食べたものをざっと列挙しておく。

201005022249000

お好み焼き「ゆかり」曽根崎本店で食べた海鮮ミックス焼きと牛スジネギ焼き。ネギ焼きは醤油で味をつけて、レモンをちょっとかけて食べると最高にうまい。「ゆかり」は秋葉原にもできたが、どうも味が違うような気がする。スタッフの焼く技術が違うからだろうか。ウェブサイト http://www.yukarichan.co.jp/

201005032007001 201005032017000 201005032018000

大阪に来るとほぼ確実に立ち寄る、北新地の「曽根崎ホルモン よう太」。カウンター席もあり、一人でも入りやすい焼肉店だ。こざっぱりとした店内には若いお客さんが多い。写真上は期間限定で提供しているもので、タンの先のほうを焼いてポン酢で食べる。うまい。写真下は「上肉三点盛り」。その日入荷したいい部位の肉を「上肉」として出す店は大阪に多い。ウェブサイト http://r.gnavi.co.jp/k644700/

201005040920000

ミナミには金竜ラーメンが何店かあるが、なんばグランド花月の2軒隣りにある店舗には劇場へ行く前にいつも訪れる。キムチ、ニラ、ニンニク、ごはんが食べ放題の24時間営業なので実に心強い。

201005041306000 201005041300001

久しぶりに自由軒へ。何度目だろう。自由軒といったらカレーとごはんを混ぜ合わせて、その上に生卵をのせて出す「名物カレー」が文字通り名物だが、今回は同じ手法をハヤシライスに応用した「ハイシライス」を注文。まあ、想像どおりの味です。ウェブサイト http://www.jiyuken.co.jp/  

201005041857000

伊丹空港では551蓬莱の豚まん、海鮮やきそばを食べる。焼売にエビ焼売まで食っちまった。ウェブサイト http://www.551horai.co.jp 

201005041933000 201005041923000

今回はたこ焼き食べなかったな、と思っていたら、搭乗口近くに「会津屋」ができていた。たこ焼きの元祖と言われる会津屋は、しょうゆ味がついているのでそのまま食べるスタイルだ。以前、このエントリーでも書いたが、「パーマン」でパーやんがミツ夫らにふるまった(割り勘だったが)たこ焼きや、「タイガーマスク」で伊達直人が食べていたたこ焼きは、ソースなどかかっていなかった。会津屋のものだったのだろうか。ウェブサイトhttp://www.aiduya.com/   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

大和路太子弁当

時間がないので無料シャトルバスではなくタクシーに乗り、今度はJR奈良駅に向かった。

大阪へ戻る快速電車の中で、会場で購入した「大和路太子弁当」をいただく。

Nara06

素朴な味わいでうまかった。

しあわせ屋(地元の食品会社)のホームページ

http://www.siawaseya.com/news_contents10.html?PHPSESSID=650cf203ba7aca01ab93bdbf6c67cf03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良・平城遷都1300年祭

大阪に1泊したが、この日の午前中は何も予定がない。せっかくの連休だからゆっくりして体調を整えたいのはやまやまだが、せっかく関西にいるのだから何かしたいという衝動も抑えきれない。どうしようかな、と思っているところに「せんとくん」のポスターが目に入った。そうだ、平城遷都1300年祭のメーン会場が4月にオープンしたばかりだ。ここはひとつ足を延ばしてみよう、と大阪から奈良へ近鉄電車で向かう。

ゴールデンウイークで相当な人出が予想され、かつ午後には戻ってこなければいけない。先手必勝とばかりにメーン会場の平城宮跡の最寄駅、近鉄大和西大寺駅に朝8時ごろ到着。ここから無料シャトルバスも出ているが、8時半が始発だ。歩いていけば10分で行けるというので歩くことに。かなりさっさと歩いて10分ほどだった。混雑している時間などは15分~20分見ないといけないだろう。

会場に到着し、まず平城京歴史館に向かう。

Nara01

連休期間中は入場整理券が必要だとホームページに載っていたからだ。列に並んだのが8時25分ぐらいだったが、予定より少し早く、8時45分ごろに受け取ったのはすでに9時20分集合の券だった(オープンは9時)。

時間があるので朱雀門で行われる開門セレモニーを見物。古代の衣装に身を包んだ衛士たちが登場。さほど面白い演出があるわけではないので、たまたまこの時間に訪れたのでなければ見なくてもいいかもしれない。一応映像を撮ってきた。

セレモニーが終わり、朱雀門が開くとちょうど9時20分になろうとしていたので急ぎ歴史館へ。復元された遣唐使船が飾ってある建物だ。入場料は500円。この時点で午前中の整理券はなくなっていた。情報を知らずに来た人はがっかりしたのではないか。

歴史館の中に入ってみると、規模は小さく、またあまり心躍るような展示もない。メインのシアターで上映されるアニメーションは力作ではあるが、メインの展示物がアニメーションっていうのもどうかと思う。これなら頑張って整理券をもらうほどでもないかも、と思った。だが、遣唐使船の内部を見学し、最後に入場した「VRシアター」が素晴らしかった。CGで再現した平城京の様子を、扇方に配置されたマルチスクリーンに投影するのだが、なかなかにドラマチックである。つくば万博世代としては、こういう没入感のある映像上映には目がないのだ。ちょっとしたストーリー仕立てになっているが、これがまた感動を誘う。個人的には時の実力者、粟田真人の声にテンションが上がった。あの粟田真人なら、きっと帝に拝謁するときは「マイン・カイザー」と最も美しく発音しているに違いない。

そのあと、今回のメインパビリオンともいえる第一次大極殿へと向かう。途中、近鉄線の踏切を超え、てくてくと10分ぐらい歩いてやっと到着する。中に入るには1時間待ちとのことだった。今回は時間がないので中に入るのは断念し、広場からその姿を撮影するにとどめる。

Narao2

貸し出している天平衣装に身を包んだお姉さんたちがとってもかわいらしく、一緒に写真を撮ってもらっている観光客もいた。俺が頼むと変態だと思われるだろうからやめておいた。

Nara03 

巨大なだけでなく、実に均整のとれた美しい建物だ。

Nara04

せんとくんが何かやっていた。

Nara05

大極殿から朱雀門を望む。平城京の大きさを感じ取ることができる。

ほか、常設の施設である平城宮跡資料館を見学。発掘した土器や木簡などが豊富に展示されているので、歴史に興味のある人は歴史館よりこちらのほうがお勧めかもしれない。入場は無料。

朝からかなりの人出で、その数はどんどん増えてきていたが、11時すぎに会場を離脱した。

この平城遷都1300年祭のメーン会場、建設途中に予算を削減したため、大幅な計画見直しを行ったのだという。復元施設や展示施設ももっと多くのものが予定されていたらしい。また、そこかしこに予算の関係でこうなったのだろうな、というものが見え隠れする。VRシアターは本当は曲面スクリーンでやりたかったのだろうし、朱雀門と大極殿とを結ぶ通路に横たわる踏切は、人の流れを悪くしている。当初は歩道橋なり地下トンネルなり、対策があったのかもしれない。恐らく来場した多くの人は「もっとすごいもの」を期待していたのではないか。

ではこのイベントが失敗かといえば、そうではない。このイベントの最大の目的は、来場者に「平城京に思いを寄せてもらうこと」だ。しかし「ここが跡地だ」と言われて平原に立つだけで、当時の姿が目に浮かぶような豊富なイマジネーションは、誰にでも備わっているわけではない。それをサポートする手段として、復元や展示があるのだ。そういう意味では、朱雀門と大極殿があるだけでも、十分だと言える。

評価すべきは、平城京跡地を宅地などにせず、公園として保存しておいたことだろう。「ただの野原」で古代への思いを馳せる。そういう風雅な楽しみを味わえるこのイベントは、足を向ける価値がある。

平城遷都1300年祭の公式ウェブサイト

http://www.1300.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

国宝・姫路城

ゴールデンウィークに突入。とくに予定もないし金もないのでテレビでも見てやろうと思っていたが、ちょっと仕事関連の集まりが姫路市であると聞いた。出張扱いにできるものではないが、これを機会に関西で遊んでこよう、と思い西へ。

神戸空港から電車で姫路に9時ごろ到着。会合は午後からだが、どうせなら観光もしよう、と朝早い便で来たのだ。

姫路といえば姫路城である。国宝にして世界遺産。その姿はあまりにも有名で、時代劇にはひんぱんに登場している。均整の取れた美しい平山城は城郭ファンでなくても心を奪われる。俺は小学校のときプラモデルを作ったことがある。

だからずっと見学したかったが、遠巻きに眺めることはあっても間近に見たことがなかった。この機会にぜひ、と考えたところ、この4月から姫路城の天主は大規模な改修工事に入るのだという。四方を壁で覆ってしまうのだそうだ。まあそれはそれで面白かろう、と、姫路駅から10分強歩くと、姫路城がその壮麗な姿を見せた。まだ足場を組み始めたところで、囲いができるのはもう少し先なのだろう。

Himejicastle1

Himejicastle2 

足場がやや痛々しい。「コードギアス 反逆のルルーシュ」で、サクラダイト採掘のために工事現場と化してしまった富士山を思い出す。

天主の中にまでは入れないが、その近くまで歩いて登ることはできた。

Himejicastle4

やはり美しい城だ。

Himejicatsle5

誰でも1度はテレビで見たことのあるであろう門。

姫路城 公式情報

http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧