2004年12月 7日 (火)

クリスマス・ファンタジー 総括

今回の目的は、ガイドツアー「レッツ・エンジョイ・スペシャルイベント!」に参加すること。この超難関を、最も混雑している12月に実現できたのだから、もう何も言うことはない。

このガイドツアーの内容をもう一度おさらいすると、約1時間30分のツアー、そのあとの「イッツ・ア・スモールワールド“ベリーメリーホリデー”」0分入場、クリスタルパレスレストランの食事(1890円相当)、お土産(オリジナルブランケット、スーベニアカップ)、そしてキャッスルショーの中央エリア鑑賞権。

基本的に、「金を積めばキャッスルショーを無抽選で観られる」という制度だと思う。

しかしそこはさすがというか、ガイドツアー、食事、スーベニア、ファストパスと組み合わせて、ちゃんとお得感のある商品になっている。実際、ガイドツアーは楽しかったし、ブランケットもストロベリー色のなかなか味のある品だ。

高いが、見合うだけのものは提供する。それは精神論ではなく、緻密な計算とマーケティング、そして何といっても十分な資本投下。これらがあって初めて成り立つものだ。そこに一切の妥協をしないのがディズニーの強さの第一の理由。そしてその上に精神論をのっけるのが強さの第二の理由である。この2つの壁によって、ディズニー最強伝説は守られている。



今回は、朝の暴風雨で客足が少なかったために、あまり混雑を感じずに回ることができた。とはいえ、クリスマスシーズンである。「カントリーベアシアター」「ミクロアドベンチャー!」で10分待っただけで、ほかは一切列に並んでいない、というのは快挙といえるだろう。実にありがたい、そして楽しい1日だった。

ま、その1日の前に10時間並んでいるわけだが。

この1日(+10時間)の記録は、右メニューのカテゴリーからどうぞ。

tree

| | コメント (0) | トラックバック (0)