« ウサギの日 | トップページ | 夏休み4日目 »

2013年9月21日 (土)

夏休み3日目

この日は波照間に足を延ばす予定だったが、那覇にいる。これも何かの縁だろう。那覇の街歩きを楽しもう。この時のことをちょっと思い出した。

まずは朝食。前夜、ミカドで「味噌汁」を発見したので、そうだ味噌汁にしよう、と連日のミカドへ。

以前このブログでも書いたように、沖縄大衆食堂のメニューに「味噌汁」とあったら、それはオプションではなく単独の、しかも定食のメニューだ。オマケにつく味噌汁とは全く別のものが、どんぶりで出てくる。オーダーを受けてから1杯ずつ丁寧に作る。

カウンターから眺めていると、ダシを張った鍋に、とうふ、こんにゃく、豚肉を入れ、調味料を入れ、アクをすくいながらしばし火を通し、味噌を溶かす。それから卵をポーンと入れる。そして野菜を入れ、ひと煮たちさせて完成。途中味を確認したり、アクをすくったり、とても丁寧に作る。

そして出てきた味噌汁。定食だからご飯もつく。

S20130921_093241

これは朝ごはんにピッタリだ。卵がとてもいい感じである。ちなみに三笠の味噌汁はこんなだった。

そこから歩いて桜坂へ。ここには独立系のシネコンとして、ロードショー作品と単館系の作品、名作のリバイバルなどを独自企画で上映している「桜坂劇場」がある。

S20130921_101447

そこで「標的の村」を観た。

S20130921_101700

8月に公開され、東京でも中野で上映されているが、なかなか行く機会がなかった。しかし、沖縄で観ることができたのはかえって良かったかもしれない。

この作品は、琉球朝日放送が制作したドキュメンタリーで、やんばるの森への米軍ヘリパッド建設反対運動から、オスプレイ阻止のための座り込みによる普天間基地封鎖までを、住民・県民視点で描いている。

あえて日本政府や米軍のコメントを入れず、住民の姿や声をたんたんと写し続ける手法は、ジャーナリズムではないかもしれない。だがそれによって、沖縄に住む人の憤りがストレートに伝わってくる。

特に、この映画では住民と沖縄県警とのもみ合いの場面が何度も登場する。どちらも沖縄の人たちだ。その悲しさこそ、沖縄が置かれている複雑な状況を象徴している光景である。

2009年の9月17日、自分はその年の夏休みを迎え、沖縄に行く準備をしていた。未明に行われた鳩山内閣の発足記者会見で、北沢俊美防衛大臣は普天間基地について「(民主党が訴えてきた)県外移設は最もいい選択肢だが、現実を直視して対応したい」と述べた。

それを見て、自分はこの日、那覇について最初に普天間基地を一望できる宜野湾市の嘉数高台公園に向かった。当時、ここはさほど多くの人に知られておらず、ひとりでじっくりと普天間の現状を確かめた。住宅地の中にある基地であると同時に、美しい海に面した基地であることもわかった。町内の有線放送がのどかに情報を伝える中、ヘリや小型飛行機が発着を繰り返している。

そのあと、この普天間移設問題がいかにこじれたかは知っての通り。この場所も、自分が訪れた少しあとに民主党幹部がやってきたりして有名になった。

翌年、このときは両親を連れて沖縄に来たのだが、またこの場所にやってきた。すると多くの人がここを訪れており、ちょっとしたダークツーリズムの名所になっていた。

そんな経緯もあり、普天間の問題にはそれなりに関心を持っていたが、この住民による封鎖事件は、関東ではほんの少ししか伝えられていなかった。その模様を生々しく映し出したこの映画は貴重で、そしてまさにそのあまり伝えられなかったという事実を含め、重い。

この日は朝1回だけの上映だったが、200人弱と思われる劇場内はほぼ満員。途中、涙を流す人もいた。

映画が終わったのが昼過ぎ。そろそろ昼食である。前日、facebookで教えてもらった、沖縄そばの店に向かう。

S20130921_132832

移転してた。しかもまだ移転先で開業してなかった。

仕方ないので、ここも何度となく来ている、牧志の公設市場へ。ここは高いとか強引だとか、観光客向けだとかいろいろ言われるが、観光客にとっては有難い場所だ。

S20130921_142954

ミーバイやオジサン、セミエビなどを刺身でいただく。ミーバイは半身を塩焼きに。うまかった。

S20130921_144403

「琉宮」でまた沖縄ぜんざい。何回も食べてるが、ここのは本当にうまい。

S20130921_150529

前日、地元の人にfacebookで市内のイベント情報をまとめたサイト( http://event.uruma.jp/list.php )を教えてもらった。網羅的で、実に役に立つ。それをもとに、沖縄県立看護大学の学園祭という、きわめてローカル、そして心躍るイベントに参加できた。

S20130921_125127

思ったより男子学生も多くて、ああ時代は変わってるんだなあと実感。「性教育コーナー」があって、これは!と目を輝かせて入ったところ、医学的、社会学的見地に基づく極めてまじめな研究発表だった。当たり前だ。ごめんなさい。

S20130921_130407

さんざん食べてるブルーシールも、数割増しでうまく感じた。

|

« ウサギの日 | トップページ | 夏休み4日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/58240144

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み3日目:

« ウサギの日 | トップページ | 夏休み4日目 »