« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月24日 (土)

ブロガーサミット2013

24日、渋谷で行われたブロガーサミットに参加してきた。1000名近い申し込みがあったというその規模には圧倒されたし、勉強にもなった。いいイベントだった。

今回分かったのは、ブロガーが1000人集まっても、「俺たちゃブロガーだぜ。イエー!」という連帯感は生まれないのだ、ということだ。

壇上のパネリストの話は大いに参考になるものだったし、共感する点も多かったが、「あの人たちがブロガーなら、俺はブロガーじゃないな」と感じながら聴いている人がほとんどだったんじゃないかと思う。

ブログはあなたにとって何ですか、という質問はこの10年間ずっと繰り返されてきたし、今回のイベントでも何度となく話題になった。しかしその答えは常に違う。

ブログは、言ってみれば「その人の考えるインターネットの形」だ。そのブログを読めば、その人がインターネットをどう考えているか、何を期待しているのかがそれとなく分かる。日記なのか、メディアなのか、技術なのか、マーケティングなのか、思想なのか、コミュニケーションなのか、世界の征服なのか。

その「形」が千差万別なのは分かってたけど、ある程度の相似形を描いている人同士でも、そこに仲間意識のようなものはあまり生まれないのを実感した。

だから「ブロガー」としてくくられることにも違和感をみんな持っている。「ブロガーサミット」というイベントに興味を持ったからこそ土曜日にわざわざ足を運んだのだろうが、みな心のどこかで「俺はブロガーじゃないな」と感じていた節がある。

イッセー尾形があるインタビューで「サラリーマンの人って、みんな『僕は普通のサラリーマンとはちょっと違ってまして』と言いたがる」と話していて、なるほどと思った。「サラリーマン新党」が続かなかったわけだ。その言葉は連帯感を醸成できないのだから。

主催者は「ブロガー」という言葉は「ドライバー」のようなもの、というメッセージを発していたが、「ブロガー」は「サラリーマン」とも似ているのだ。

もっとも、それは「俺はオタじゃない」「俺はテツじゃない」と言っているのがオタでありテツである何よりの証拠、という話と同じようなものかもしれないが。

しかし、またこうしたイベントがあればまた多くの人が集まる気がする。自分もたぶん行く。その理由がどこにあるか考えていけば、まだ発掘されていないブログの潜在力に突き当たるかもしれない。そこに期待して、自分はこのブログを続けよう。

ブロガーサミットの公式ページ
http://agilemedia.jp/blogger/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

ブロガーサミット2013 8/24に開催

このブログは2004年に始まった。だから今年は10年目だ。

2004年、日本で本格的にブログが離陸した。その後SNSや他のソーシャルメディアに押され気味ではあったが、ブログはネット文化の中で着実に浸透している。今年は、日本ブログ界としても10年目なのだ。

その記念の年をブロガーみんなで祝おうという企画が8月24日に開催される。

ブログをメディアとしていち早く取り上げた、アジャイルメディア・ネットワークによる「ブロガーサミット2013」だ。自分も参加する。古いブログ仲間も多数参加するようだ。

特にブロガーでなくても参加できるという。申し込みはこちらから。
https://agilemedia.jp/entry/event_form.php?event_id=713

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

四季「ウィキッド」東京再演 歌う大魔法使い

グリンダ 苫田亜沙子
エルファバ 雅原 慶
ネッサローズ 保城早耶香
マダム・モリブル 中野今日子
フィエロ 飯村和也
ボック 伊藤綾祐
ディラモンド教授 斎藤 譲
オズの魔法使い 佐野正幸
 

「ウィキッド」が東京に帰ってきた。まあどこで上演してても観に行くんだけど。

開幕後しばらくは樋口麻美のエルファバで行くんだろうな、と思っていたが、2公演を経ていきなりキャス変。雅原 慶(朴 慶弥、パク・キョンミ)のエルフィーとは胸熱じゃないか。もうちょっとしてから観る予定だったけど、これはガマンできんので劇場へ。

そのキョンミさんエルフィー、期待どおりのチャーミングな西の魔女になっていた。目力があって、細かい表情がとても印象に残る。以前、アイーダのイベントのとき素顔を間近で拝見したが、彼女はナチュラルな美人さん。そのぶん、キャラが色濃く描けるのかもしれない。歌は歴代のエルフィーがとんでもない戦闘力を誇っていたのでややパンチに欠けるのは確かだが、全体的にとても好感の持てるエルファバだ。

苫田グリンダは、以前よりも少し毒気が抜けて、ややマイルドな味わいになったような。そして関西魂が前面に出てきており、笑いを取る場面では新喜劇並みの熱演ぶりである。さらにそのナイスバディーにはますます磨きがかかり、外見的にはエロすぎる魔女になった。いや、いいよ?ぜんぜん。

飯村フィエロはひょろっとしてて、ダンスのシーンではクネクネと気持ち悪い動きをする。これまでのフィエロは、出てきた瞬間、「ああコイツは本当はいい奴なんだろうなあ」と感じさせたが、このフィエロはいい奴なのか悪い奴なのかこの段階では見当もつかない。これはこれでアリなのではないか。

そして何といっても今回の目玉は佐野正幸のオズ陛下だ。オズこそ、いい奴なのか悪い奴なのか最後の最後まで分からない、つかみどころのなさをいかに発揮できるかがポイントなのだが、それをアメリカ人の政治家や社長のような張り付いた笑顔で見事に表現している。これは心に響いた。そしてその歌声。一人だけ声楽っぽい歌い上げ方で、明らかに浮いている。それが異様におかしくて、つい笑ってしまった。絶対わざとやってる。こんなに楽しそうな佐野正幸は初めて観た。必見である。

こうなると、新しいグリンダも観たいなあ。苫田ちゃんは好きだけど。アンサンブルに光川愛、谷原志音といった名前が見えるのは、もしかして・・・?期待しようじゃないか。

988703_10201660228368138_1028035822

「ウィキッド」公式ウェブサイト
http://www.shiki.jp/applause/wicked/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »