« 宝塚花組「オーシャンズ11」@宝塚大劇場 蘭寿とむのカリスマ性がヤバい | トップページ | AKB48 大島チームKウェイティング公演 仲谷明香、卒業 »

2013年2月16日 (土)

宝塚雪組「ブラック・ジャック ~許されざる者への挽歌~」@シアター・ドラマシティ

大劇場を後にして、そのまま阪急電車で梅田駅へ。シアター・ドラマシティでまさかの宝塚はしご観劇。

「オーシャンズ11」も、宝塚を知らない人にとっては「そんなのもやるのか!」と驚くだろうが、こっちはもっとすごい。「ブラック・ジャック」である。

だいぶ前、まだ宝塚を観たことがなかったころ、舞台に詳しい人から「宝塚を観ない人は、何か特殊な集団で敷居が高いと思いがちだが、実はなんでもありのエンターテイメント集団。『ブラック・ジャック』までやりましたからね」と教えてもらった記憶がある。まあ、そこで引き合いに出すぐらいだから、宝塚の中でも特殊な作品ではあるのだろう。もっとも、すでに逆転裁判や銀河英雄伝説に挑み、この秋には「戦国BASARA」まで控えていることを考えると、もうブラック・ジャックぐらいでは驚かないかもしれないが。

というわけで、宝塚がブラック・ジャックに取り組むのは2回目。以前は94年に安寿ミラ主演で上演しており、これは映像で観た。今回は再演というわけではなく、まったく別のストーリー。どちらも原作にはない、オリジナルのストーリーだ。

原作にも、如月先生の話とか宝塚っぽいエピソードがあるけど、あえてオリジナルに挑んでいるのは何か事情があるのか、ないのか、そのへんはよくわからない。

前回の公演が1幕のみの短い話だったのに対し、今回は2幕を使った長編。なのでドラマチックな展開を予想していたのだが、まったく正反対の舞台になっていた。

ひとことでいえば「ブラック・ジャックの知られざる日常」を描いた舞台。

一応、軸となる事件はあるのだが、その展開よりも、ブラック・ジャックが毎日どんな生活をしているのか、どんな言葉を口にし、どんなことを考えているのか。それを淡々としたタッチでつづっていく。

だが、これが実にいい。基本的にポーカーフェイスのブラック・ジャックが、原作の中で時おり見せるふっとした表情や、口からこぼれる言葉。それをうまく再現している。作・演出の正塚晴彦は相当原作を読みこんでいるのだろう。しかし、原作のエピソードやセリフは使わず、ブラック・ジャックらしいセリフをオリジナルで作り出している。見事な職人芸だ。

ブラック・ジャックを演じた未涼亜希がまたいい。セリフの言い方もさることながら、何気ないしぐさや立ち居ふるまいが、シニカルな外面に秘めた人情味ある心根が感じられ、実にブラック・ジャックだった。

もうひとり、ピノコを演じた桃花ひなが素晴らしかった。あの難しい役を正面から描こうとするのが宝塚のすごいところだが、それを全身で受け止めて、ピノコになりきっていた。

ブラック・ジャックの日常を描くうえで、ピノコは欠かすことのできない存在だ。ピノコがいたからといって、ブラック・ジャックの孤独は癒されるものではないだろう。だがそれでも、毎日のようにとんでもない事件に巻き込まれているブラック・ジャックが、わずかに心を落ち着かせられる瞬間があるとすれば、やはりピノコと過ごす時間に違いない。あのドラマチックとはいえないラストシーンは、実に心に響いた。

漫画が原作でありながら、決して派手な作品ではなく、実に静かな、心に沁みる珠玉の一品だった。宝塚の「何でもあり」の姿勢は、何でも取り入れてしまうというインプットの部分だけではなく、さまざまな作品を生み出せる、アウトプットの部分にも言えるのだ、と知った。

20130216_153927

|

« 宝塚花組「オーシャンズ11」@宝塚大劇場 蘭寿とむのカリスマ性がヤバい | トップページ | AKB48 大島チームKウェイティング公演 仲谷明香、卒業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚雪組「ブラック・ジャック ~許されざる者への挽歌~」@シアター・ドラマシティ:

« 宝塚花組「オーシャンズ11」@宝塚大劇場 蘭寿とむのカリスマ性がヤバい | トップページ | AKB48 大島チームKウェイティング公演 仲谷明香、卒業 »