« Annie(アニー) | トップページ | Newsies(ニュージーズ) »

2012年12月29日 (土)

Wolfgang’s Steakhouse(ウルフギャング・ステーキハウス)

せっかくアメリカにいるのだから、本場のビフテキでも食べようじゃないか、とウルフギャング・ステーキハウスのタイムズスクエア店へ。かつて老舗の名店ピーター・ルーガーで働いていた人が開店したウルフギャングは、支店も多い。このタイムズスクエア店は41丁目のニューヨーク・タイムズ本社ビルの1階にある。

この店の自慢はドライエイジドビーフ(熟成肉)のポーターハウスステーキ(Tボーンの中でも、テンダーロイン部分が大きいもの)をいただく。

20121230_083640

日本の高級なステーキは、うまみがあるぶん、「とろけるような味わい」を重視しているので、肉を食ってるぞーという手ごたえ、いや歯ごたえがない。しかしこのステーキはうまみがありながら、しっかり肉を食っているという充実感を与えてくれる。

高級店であることに間違いはないが、気取った感じはなく、店が新しいこともあり明るい内装でカジュアルなムードも漂うので、敷居は低いかも。

|

« Annie(アニー) | トップページ | Newsies(ニュージーズ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/56457754

この記事へのトラックバック一覧です: Wolfgang’s Steakhouse(ウルフギャング・ステーキハウス):

« Annie(アニー) | トップページ | Newsies(ニュージーズ) »