« HKT48 二期生公演「PARTYが始まるよ」初日 | トップページ | HKT48 チームH公演「手をつなぎながら」多田愛佳 in 博多 »

2012年11月 7日 (水)

勅使瓦武志はもっと注目されていい 四季「ウェストサイド物語」

ジェット団(The Jets)

リフ 岩崎晋也
トニー 阿久津陽一郎
アクション 西尾健治
A-ラブ 新庄真一
ベイビー・ジョーン 笹岡征矢
グラジェラ 団 こと葉
エニイ・ボディズ 木内志奈

シャーク団(The Sharks)

マリア 笠松はる
アニタ 増本 藍
ロザリア 生形理菜
ベルナルド 加藤敬二
チノ 斎藤准一郎

おとなたち(The Adults)

ドック 石波義人
シュランク 田代隆秀
クラプキ 石原義文
 

かなーりお久しぶりのウェストサイド物語。しかしこの作品のスタンダード感は、まるでつい最近観たかのような錯覚を覚えさせる。といって飽きもこない。名作の風格というやつだろう。

一番の感想は「あれ?阿久津陽一郎歌うまくなった?」だ。彼の歌声も久しぶりだから、それも錯覚だろうか?以前観たときは、「Something's Coming」なんて聞けたもんじゃなくて、いったいどういうメロディーか分からなかったほどだったのだが……。まあ、「Tonight」は笠松はるが遠慮しているむきもあったが、それはいたしかたあるまい。演技面でも、かつてのヘンな奴オーラが潜んで、なかなかの好青年になっていた。

笠松マリアもとてもしっとりとしたいい感じになっていたし、加藤ベルナルドは相変わらず凄みがあり、増本アニタもはまっていた。全体的に安定感のある布陣だ。

初めて観た岩崎リフは、アメリカ映画から飛び出てきたようなヤンキーで、いいリフだと感じた。まだまだ加藤ベルナルドの迫力には気圧されるものの、ギラギラしたリーダーとしての側面と、弱みとをバランスよく演じていたように思う。あと、木内エニイ・ボディズはなかなかキュートでよかった。それにしても加藤御大はあの年でよくあそこまで足が上がるものだ、といたく感心。

だがこの舞台、個人的にMVPは勅使瓦武志のグラッド・ハンドである。ここまで自由にやっちゃっていいのかと不安になるほど、うさんくさくて、おどおどしてて、最高だった。この人、もっと重要な役を任されてもいいと思うんだが、なんでこういうポジションなんだろう?

久しぶりといえば、オーケストラのちゃんとある四季の舞台も、ずいぶん久しぶりに観た感じがする。主に地方で観ていたからかもしれないが。迫力のないオーケストラなら、いっそテープでもいいんじゃないかと思うこともあるが、やはり舞台の質感が違って見えてくる。チケット代値下げのあおりか、ますますテープ主体になってきている四季だが、守るべき矜持は残してほしいものだ。

ところで、四季の新作は「リトル・マーメイド」と発表になった。4年前にブロードウェーで観て「ダメだこりゃ」と感じただけに、待望の大型新作がそれだと聞いたときはかなりガッカリした。

しかし、四季が持ってくるのはブロードウェー版とは全く異なる欧州ツアー版だという。観ていないから何とも言えないが、舞台写真など観る限り、確かに違う演出のようだ。舞台をデザインしたのは「メリー・ポピンズ」の人だとのことで、ちょっと期待は持てそうだ。ツアー版だからやや豪華さには欠けるかもしれないが、音楽的には「美女と野獣」より好きな作品なので、いい舞台になることを期待しながら開幕を待ちたい。それにしても、これこそ「海」でやならいでどうする!?

S20121107_201440

ウェストサイド物語のホームページ
http://www.shiki.gr.jp/applause/wss/

|

« HKT48 二期生公演「PARTYが始まるよ」初日 | トップページ | HKT48 チームH公演「手をつなぎながら」多田愛佳 in 博多 »

コメント

こんにちは。いつも楽しみに拝読しています。West side story は、ピチピチに若かった荒川リフと、ベルナルドの生き写しのような吉川さんの頃から見ています。その時は生オケじゃなく、テープだったのですが、記者会見で、「テープで上演するんですか」という質問に、浅利代表は、「高度な踊り、高いレベルの為に、コンタクトの一振りの遅れで、俳優がけがをしてしまう、だから生オケでは上演できないんです」という内容を説明していました。生オケになった今、20年前の浅利さんのコメントは?? っていつもこれを思い出してしまいます。

投稿: マイク | 2012年11月29日 (木) 09時47分

マイクさんこんにちは。

おー代表サマはそんなことを言ってましたか。その場その場で言いつくろうあたりは政治家ですねえ。まあこの作品はやっぱり生オケがいいですね!多少音が細くても大丈夫ですし。

投稿: ヤボオ | 2012年11月29日 (木) 23時11分

以前コメントさせていただいたリオンと申します。
ウェストサイド観劇羨ましいですー。
JCSには行ってきたのですが、ウェストサイドも時間があったら行ってみようと思います。

後一週間ほどですがヤボオさんは今回JCS行かれますか?

投稿: リオン | 2012年12月 8日 (土) 00時44分

リオンさんこんにちは。

怠けてまだエントリーあげていませんが、ジャポネスク版2回観ました!大好きな舞台です。

投稿: ヤボオ | 2012年12月10日 (月) 21時21分

本当ですか!
では神永ジーザス見られたんですね。
皆さんからの評判も良いようで、私もうっかり虜になってしまったのですが、ヤボオさんからはどう見えたのか気になります。
エントリー楽しみにしてますね!

投稿: リオン | 2012年12月13日 (木) 00時14分

今晩は。ろんといいます。凄くお久しぶりに、コメントさせて頂きます。もう、はじめまして状態です。すいません。ヤオボさん、勅使河原さんに注目されていたんですね。私も、この方好きなんですよ。「サウンド~」のマックス役も良かったですし、「ブラックコメディ」も良かったです。もっともっと見たい役者さんですね。
ヤオボさんは「JCS」観に行かれましたか?私は両バージョン観て、両方神永ジーザスだったんですが、すっかり神永ジーザスのファンになりました。

投稿: ろん | 2012年12月13日 (木) 21時23分

ろんさんこんにちは。

勅使瓦さん、私は「ふたりのロッテ」のお父さん役とか好きでした!ジーザスはもう随分観ましたが、飽きない作品ですね。

投稿: ヤボオ | 2012年12月17日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勅使瓦武志はもっと注目されていい 四季「ウェストサイド物語」:

« HKT48 二期生公演「PARTYが始まるよ」初日 | トップページ | HKT48 チームH公演「手をつなぎながら」多田愛佳 in 博多 »