« 2012年の沖縄旅行まとめ | トップページ | 勅使瓦武志はもっと注目されていい 四季「ウェストサイド物語」 »

2012年9月30日 (日)

HKT48 二期生公演「PARTYが始まるよ」初日

いろいろあった、ありすぎたHKT48だが、久しぶりに前向きな動き。二期生21人がお披露目となり、研究生公演がスタートした。というわけで初日に参戦。

セットリストは「PARTYが始まるよ」。正直、別の公演が観たかったところではあるが、手続き的に正しい入り方ではある。

公演前から話題になっていた田島芽瑠は、「たじま」ではなく「たしま」だということも分かった。その田島は確かに逸材だ。可愛いし華があるし、落ち着いていて昔の松井珠理奈を見るようである。

存在感も大したもので、ポジションがいいこともあるが常に視線が行く。可愛い子ぞろいのチームHと比べ、二期生はよりAKBらしいセレクションを行ったのかもしれない。

あとは、城恵理子のように突然卒業してしまったりしないよう、周囲がきちんと支えて、大事に育ててくれるのを願うばかりだ。

この研究生公演には、一期研究生も参加する。この日は安陪恭加と今田美奈が出演した。みなぞうのパフォーマンスが優れているのはよく知っていたが、この日はあべっこりーの「星の温度」が実に良かった。彼女の魅力が楽曲によって引き出されたのだろう。ちなみにこの劇場名物の回るセンターステージは、この「星の温度」で使われる。

お待ちかね「博多48」も登場。歌いだしは「愛しのHAKATAはホークスタウン 一蘭 一竜 長浜ナンバーワン」だった。サビは「行くっちゃ博多48 うちのとこに会いに来んね ここの場所で夢を追いかけるけん 応援しちゃってん」で、可愛くて萌え死ぬのでぜひチームHのメンバーにも歌ってほしい。

(この日の出演者)

1期:安陪恭加、今田美奈

2期:秋吉優花、伊藤来笑、上野遥、梅本泉、岡田栞奈、岡本尚子、草場愛、駒田京伽、坂口理子、田島芽瑠、田中優香、谷真理佳、朝長美桜、渕上舞

HKT48のウェブサイト
http://www.hkt48.jp/

|

« 2012年の沖縄旅行まとめ | トップページ | 勅使瓦武志はもっと注目されていい 四季「ウェストサイド物語」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/56143265

この記事へのトラックバック一覧です: HKT48 二期生公演「PARTYが始まるよ」初日:

« 2012年の沖縄旅行まとめ | トップページ | 勅使瓦武志はもっと注目されていい 四季「ウェストサイド物語」 »