« 韓国発ミュージカル「パルレ」木村花代&野呂佳代 奇跡のWキャスト | トップページ | 卒業 トヨタ ナディア »

2012年4月 1日 (日)

「かなまら祭り」2012年

毎年4月の第一日曜日に開催される、川崎市・若宮八幡宮内にある金山神社の「かなまら祭り」。江戸時代から続く、伝統ある庶民の祭りだ。

日本各地に男性器信仰は存在しているが、それが首都圏で、しかも楽しいイベントとして盛大に開催される例は少ない。貴重な文化遺産と言えるだろう。

Ssimple_mosaic20120401_122902(事情により写真を一部修正しております)

国内のメディアからは完全にスルーされているが、海外のメディアはかなりの数が来ていた。来場者も外国人がきわめて多い、世界的に有名な奇祭となっている。

自分も映像にまとめた。ただし、映像は修正していないので、こういうネタに抵抗のある人は再生しないこと。

政府はビジット・ジャパンキャンペーンや観光庁の設置など、外国人観光客の増加にやっきになっているが、特に役所が肩入れしなくても、これほど世界中から注目を浴びている祭りがあることに目を向けるべきだ。

また国内向けにはB級グルメや聖地巡礼によるまちおこしも近年さかんだが、祭りの集客効果が絶大なことは古くから知られている。ただ弱点は、継続的に人を呼ぶのが難しい点である。

こうしたテーマ性のある祭りなら、そのテーマによって年間を通じた集客が可能になるだろう。祭りはそのハイライトとして機能する。

日本にはもっともっと面白い、楽しいもの、ことがたくさんあるはずだ。ますます力を入れて「見学」していきたい。

なお、今年はオレのつまらない嘘よりずっと面白いこの祭りを映像化するのに精いっぱいなので、別館の更新はありません。ごめんなさい。

 

若宮八幡宮のウェブサイト かなまら祭りの紹介
http://tomuraya.co.jp/wakamiya-10.htm

|

« 韓国発ミュージカル「パルレ」木村花代&野呂佳代 奇跡のWキャスト | トップページ | 卒業 トヨタ ナディア »

コメント

私も行って来ました。バットマンが色々と話題を持って行きましたな、、、

投稿: kunedog | 2012年4月 2日 (月) 07時33分

ああいうのが増えて蘇民祭みたいに苦境に立たされることのないよう祈ります。

投稿: ヤボオ | 2012年4月 3日 (火) 18時17分

おお!結構なサイズですなー(笑)色もド派手。
たしか愛知県の神社にもこういう祭りがあったような。
そのモノの絵がモロ刺繍された御朱印帳があった気が(笑)…使うには根性がいる。

投稿: Fudoh | 2012年4月 3日 (火) 19時28分

こんにちは。このお祭りに行ったコトはないですが、ココの宮司さんにありがた〜いお話を伺ったり、ステキなコレクションの数々を見せていただいてから金山神社のファンになり、川崎大師参拝のついでに寄ってました。夜這い文化に関する詳しいレクチャーも鮮明な記憶として残っています。貴重な文献資料もあって、あっという間に2〜3時間経ってしまう楽しい場所でした。
7〜8年前に訪れた時に寂れた雰囲気が漂っていて侘しい感じだったので、足が遠のいていましたが、ヤボオさんのおかげで思い出しました!

投稿: の。の | 2012年4月 4日 (水) 01時21分

Fudohさんこんにちは。

それ、朱印帳というよりしゅ・・・やめとこう。

投稿: ヤボオ | 2012年4月 5日 (木) 22時45分

の。のさんこんにちは。

それは貴重な体験ですね!人が来すぎていたので、今後どうなることか。まあ私もその一人なんですけど。

投稿: ヤボオ | 2012年4月 5日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「かなまら祭り」2012年:

« 韓国発ミュージカル「パルレ」木村花代&野呂佳代 奇跡のWキャスト | トップページ | 卒業 トヨタ ナディア »