« ミュージカル「ボニー&クライド」 濱田めぐみ復活祭  | トップページ | 韓国発ミュージカル「パルレ」木村花代&野呂佳代 奇跡のWキャスト »

2012年1月14日 (土)

「モンティ・パイソンのスパマロット」日本人キャストで上演

アーサー王 ユースケ・サンタマリア
ランスロット卿 池田成志
ロビン卿 戸次重幸
デニス・ガラハット卿 賀来賢人
マルチ ムロ ツヨシ
バッツィ マギー
ベデヴィア卿 皆川猿時
湖の貴婦人 彩吹真央

あの「スパマロット」が日本上陸。それもツアーではなく、日本人キャストによる上演だ。

ブロードウェーでは4年半もロングランされていた。一流の役者が真剣にばかばかしいことに取り組んでいる、劇団☆新感線の「ネタもの」のような作品だと聞いていたので、旅行に行くたび、観ようかなア、と思いながらも、同時に高度な英語力がないと笑えない、とも聞いていたので遠慮していた。

2010年には韓国で現地キャストで上演されている。日本でもそういう形になるのかと期待していたが、ついに実現した。

演出を放送作家で、「勇者ヨシヒコと魔王の城」の成功が記憶に新しい福田雄一が担当するという。そして主演にユースケ・サンタマリア。なんとなく期待半分、不安半分な組み合わせだが、キャスト表に池田成志の名前がある以上、スルーする手はない。

結論がら言うと、実に楽しかった。最後まで集中が途切れることなく舞台にひきつけられ、何度も声を上げて笑った。大阪公演でもう1回観ようかとも思っている。

福田雄一は放送作家だから、セリフ回しやネタのつなぎ方がどうしても地上波のノリになるのは、評価の分かれるところかもしれない。「こんなのモンティ・パイソンじゃない!」「ブロードウェーでの笑いはこんなもんじゃなかった!」という人もいることだろう。しかし、自分はその評価は棚上げにして、そのまま楽しむことにした。

だって、分からないから。ブロードウェーでスルーしちゃったから。

ひょっとしたら、米国人がブロードウェー公演から感じる笑いのツボや、かつてイギリス人が「空飛ぶモンティ・パイソン」から感じていた笑いのツボを、そのままの距離感で現在の日本に当てはめれば日本の地上波ノリになるのかもしれないし、そうではないかもしれない。正直、分からないのだ。

もっとも、どうしても日本人には感覚的に分かりにくいギャグも多いので、その分日本人に分かりやすいギャグで埋めている、ということなら、自分は大いに評価したい。

ただひとつ言えるのは、やっぱりブロードウェーで観とけばよかったということ。もちろんほとんどその笑いは理解できなかっただろう。しかし、一流のスタッフとキャストが、最高の舞台で全力でバカバカしいことに取り組んでいる。その「現場」を感じ取ることは、自分の見学力をぐっと高めてくれたに違いない。

ユースケ・サンタマリアを舞台で観るのは、三谷幸喜の「恐れを知らぬ川上音二郎一座」以来だ。あのとき、ユースケは実に声の通りがよく、舞台向きの人だと感じたが、それは今回も実感した。アーサー王の役作りか、一段低い声を出していたが、それをずっとくずすことなく演技し、ギャグを繰り出していた。もっと多くの舞台で見たくなる。

池田成志はもう存在自体がこの作品にピッタリ。うさんくさくて、実力はあるのに安定感のない演技力も健在だ。マギーは名人芸級の間の取り方で、舞台全体をしっかりと支えるスタンドオフのようなポジションを果たしていた。

いろいろ文句も言いたい人も多いだろうが、何も考えず、素直に心を開いて楽しめば、こんなに面白い作品はない。劇中で、人生楽に生きよう、とみなが歌うシーンもある。文句を言わずに楽しむのが正解だろうと思う。

Spamalot

「モンティ・パイソンのスパマロット」のウェブサイト
http://www.spamalot.jp/

|

« ミュージカル「ボニー&クライド」 濱田めぐみ復活祭  | トップページ | 韓国発ミュージカル「パルレ」木村花代&野呂佳代 奇跡のWキャスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「モンティ・パイソンのスパマロット」日本人キャストで上演:

« ミュージカル「ボニー&クライド」 濱田めぐみ復活祭  | トップページ | 韓国発ミュージカル「パルレ」木村花代&野呂佳代 奇跡のWキャスト »