« 四季「夢から醒めた夢」♪私が夢ーのー | トップページ | SDN48「誘惑のガーター」公演 帰ってきた花ちゃんひぃちゃん »

2011年7月 3日 (日)

伊丹~宝塚~京都~名古屋

いつもは遠征といっても実質1日で、日曜の朝には現地を発って昼過ぎには戻ることが多い。今回は久しぶりに2日間たっぷり回ってきたのでその行程をメモしておこう。

朝7時羽田発のANA便に搭乗。ふだんなら乗る前にANA FESTAでソバでも食べるところだが、ちょっと寝坊したのでギリギリになってしまい断念。

8時10分伊丹着。腹が減ったので空港内の「そば処 関亭」で「出し巻き定食」を食べる。
201107020822000

モノレールから阪急電車に乗り継いで、宝塚に到着。
201107020929000

駅から劇場までの「花のみち」は歩いているだけでワクワクしてくる。駅を降りたところからタカラヅカは始まっているのだ。
201107020935001

宝塚大劇場内には2つの劇場(大劇場、バウホール)のほか、レストランやカフェテリア、お土産やグッズ、CD・DVDなどのショップ、宝塚のメイクや衣装で写真が撮れるスタジオなどがひしめいており、さながらテーマパークの様相。初めて行くときは早目に行くのがおススメだ。大劇場に近い「カフェテラス」でシフォンケーキをいただく。窓の外にオスカルとアンドレ像が見える。
201107021009000

大劇場の中。
201107021033000

「ファントム」終了後、こんどはJRで京都に向かう。荷物をコインロッカーに入れると15時半ごろになっていた。また腹が減ったので、ジェイアール京都伊勢丹のレストラン街でこの時間に開いている店に入りなんとなく京都っぽい定食を食べる。
201107021554001_2201107021601000

まだ結構時間に余裕がある。朝から暑かったので、風呂にでも入ろうと京都タワーホテルの地下3階にある「タワー浴場」へ。なんだかミクロマンの「タワー基地」を思い出させるネーミングだ。
201107021659000

かなり施設が古く、ここだけ昭和40年代の雰囲気。ゴージャスなスーパー銭湯に慣れたナウなヤングにはお勧めできないが、タイムスリップ感を楽しみたいなら。

ひとっ風呂浴びてから京都劇場へ。終演は20時を過ぎる。新幹線で一路名古屋へ。駅近のホテルにチェックインし、栄方面に遊びに出る。夜中、また腹が減ったのでCoCo壱番屋が愛知県内限定で展開しているカレーラーメンの店「麺屋ここいち」でカレーラーメンを食う。週に一度はCoCo壱番屋のカレーを食ってる自分なので、これはかなりうまいと感じた。
201107022342000

ホテルが快適すぎて、翌朝は予定より寝坊してしまった。あわてて名古屋市科学館へ向かう。6月10日に、ここに世界最大のドーム型スクリーンを持つプラネタリウムが登場し、話題を呼んでいるのだ。9時半から入場券を発売するというので、8時半には到着しなくてはと考えていたが、寝坊したため9時15分着。もう長蛇の列ができている。1時間半ほど並んで、夕方の部のチケットを購入できた。朝いちのチケットを買うためには何時ごろ行けばよかったのだろう。

チケットを入手した後、松坂屋のレストラン街にある「あつた蓬莱軒」へ。ここも長蛇の列なのは分かっていたので、開店11時の30分前には到着していたかったのだが、結局11時ギリギリに。仕事のときはともかく、遊びのときは寝坊はいかんと心から反省。第一ターンでは入れなかったので、やはり1時間ほど待って席に着く。食べたのはひつまぶし(うなぎ大盛り)。あまりうまいイメージがなかったが、久しぶりに食ったらかなりうまかった。

201107031221001

食べ終わって急ぎ劇場へ。もうオープニングパフォーマンスが始まっていた。名古屋ミュージカル劇場では、タップダンスとハンドベルが同じフロアの左右で同時に進む。なぜかタップダンスのほうが人気で、ハンドベルは至極いいポジションで見られた。

201107031250004

201107031254000

終演後、10分ほど歩いて科学館へ。ざっと展示を眺める。体験型の展示が多く、子供は楽しそうだ。

201107031542000

201107031547000

プラネタリウムは、確かにスクリーンが巨大だ。これだけ巨大だと、没入感がとてつもない。これは素晴らしい設備である。だがソフトはあくまで教育的な内容。学芸員のような人が生で解説してくれるのでまさに今日この日の天体がどうなっているのかよくわかる。しかしこれほどの施設なのだから、もっとスペクタクルなことをしてもいいのではないか。2000年の冬、ニューヨークの自然史博物館にオープンしたばかりの地球宇宙ローズセンターに収容されたヘイデン・プラネタリウムを見たときは感動した。トム・ハンクスのナレーション(その後、何度か番組は入れ替わっている)で、英語もわからないのにメッセージが頭の中に伝わってきた。明示的な知識を与えることより、大きな感動を与えて自発的な学習意欲を刺激することに重きを置いているのだ。

201107031559000

17時すぎに科学館を出て名古屋駅へ。時間があればコメダ珈琲でシロノワールでも食いたかったが、N700系に乗りたかったのですぐに乗車。家に着いたのは20時ちょうどだった。

|

« 四季「夢から醒めた夢」♪私が夢ーのー | トップページ | SDN48「誘惑のガーター」公演 帰ってきた花ちゃんひぃちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊丹~宝塚~京都~名古屋:

« 四季「夢から醒めた夢」♪私が夢ーのー | トップページ | SDN48「誘惑のガーター」公演 帰ってきた花ちゃんひぃちゃん »