« 四季「夢から醒めた夢」新ピコ登場 | トップページ | 「レ・ミゼラブル」帝劇100周年記念キャスト »

2011年5月21日 (土)

NMB48 2nd Stage「青春ガールズ」

SKE48に続き、大阪・なんばに誕生したNMB48。今年の元旦から公演を行っており、大阪に行けそうな日はマメに抽選に応募していたのだが、一向に当たらない。やっと当たって行くことができたが、1st Stageの「誰かのために」は残念ながらその数日前に千秋楽を迎えてしまった。「誰かのために」はチームAの3rd Stageなので、ひまわり新規である自分はライブで観ていない。だからぜひ観たかったのだが…。

SKEの場合、公演が始まってしばらくは、ありがたいことに抽選にも比較的当たっていた。SとKⅡと連続して当たったこともある。しかしNMBは結成してすぐ入手困難な状況になったわけだ。劇場オープン前から関西ローカルを中心にメディアで露出する機会が多かったこともあるだろうが、AKBの勢いがそれだけ加速しているということか。

201105212018000

NMB劇場は、大阪に行ったらかなりの確率で訪れる「なんばグランド花月」の向かいにある。実は今年も何度か行っているが、そのたび、この向かい側のNMB劇場にたむろする人たちを「ああ、俺もあっちに入りたいなア」と指を咥えて眺めていたものである。

201105212017000

この日は18時開演。当選メールには18時までにチケットを買うようにとあったが、これでは間に合わないだろうと思って電話してみると、丁寧な受け答えで17時30分までに買うように言われた。ぎりぎりになってしまったのだが、17時30分を過ぎるともう入場列が動き始めるので、やはり開演1時間前にはチケットは購入し、入場列(入場順抽選はなく、整理番号順)に並んだほうがよさそうだ。全員の入場が終わってから開演までの間に、トイレに行く時間はある。

201105211721000

チケットを買うと、おなじみのリストバンドが巻かれる。入場時、念入りにチェックされる。

入場すると座席数は233席とのことだったが、立ち見席がなくすべて椅子席だからか、ずいぶん広く感じた。そして柱もなく、傾斜もあって実に見やすい。AKB、SKEの本拠地と比べてもダントツにいい環境である。

この日の出演メンバーは、

小笠原茉由、沖田彩華(研)、門脇佳奈子、岸野里香、木下春奈、小谷里歩、近藤里奈、篠原栞那、上西恵、白間美瑠、福本愛菜、松田栞、森彩華、山岸奈津美(研)、山田菜々、吉田朱里

つまり、人気2トップである山本彩と渡辺美優紀がいない。代わって研究生の2人が出ていた。

しかし実はNMBメンバーについては全く予備知識がなかったので、その2人の名前を知ったのも公演後の話。なので先入観なく楽しむことができた。

で、青春ガールズだ。K2nd、B3rdと受け継がれてきた公演だが、これもセットリストとして観るのは初めてだ。

青春ガールズは、全体曲も表題曲と「転がる石になれ」が有名だが、「Blue rose」「禁じられた2人」「雨の動物園」と続くユニット曲の印象が強い公演である。

いいテンポで進む公演を見ながら、僭越にもメンバーは全体的に小粒だな、と感じていた。2トップがいないこともあるだろうが、SKEを最初に見たときと比較しても、松井玲奈のような図抜けて可愛いメンバーや、高井つき奈のような目の離せない存在、松下唯のような個性的なキャラも見当たらなかった。

しかし、それがとんでもない誤解であり、見当違いであったことに気付いたのは、MCパートが始まってからだ。

MCでは、どのメンバーも(おそらく意識的に)関西弁まるだしで喋る。その会話の応酬たるや、まさにプロのレベルである。まあ有料でライブをやっているのだからプロなのだが、AKBのぐだぐだなMC(それはそれでAKBらしくてよいのだが)に比べたら、天と地ほどの違いがある。

ひとことひとことが面白いだけでなく、突っ込むタイミングや、前に出るタイミングなど、全員が完璧に把握している。そのうえ、観客までいじる。実はAKBでちゃんと観客いじりができるのは、大島麻衣しかいなかった。つまり今は誰もいない。その技術を、NMBのメンバーはこともなげにやってのけている。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の大阪編で、両さんが「大阪弁はリズムだ!」と指摘していたが、恐るべき会話コミュニケーション能力だ。大阪によく行くようになってから、電車の中や飲食店の中での普通の会話ですら面白いのに気付いて、しかもその話をしているのが中学生だったりして驚愕したものだが、改めてその力をまざまざと見せつけられた。

とにかく、NMBのMCは、スゴい。これを見るだけで、大阪に行く価値がある。

なかなか当たらないけどね。

とりあえず気になったメンバーは、小笠原茉由、門脇佳奈子、山田菜々あたりか。2トップを見逃していることもあり、今後も抽選に応募し続けることになるだろう。その前に、TDCホールかな?

NMB48の公式サイト
http://www.nmb48.com/

|

« 四季「夢から醒めた夢」新ピコ登場 | トップページ | 「レ・ミゼラブル」帝劇100周年記念キャスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/51795395

この記事へのトラックバック一覧です: NMB48 2nd Stage「青春ガールズ」:

« 四季「夢から醒めた夢」新ピコ登場 | トップページ | 「レ・ミゼラブル」帝劇100周年記念キャスト »