« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月20日 (日)

宝塚歌劇 星組公演「メイちゃんの執事−私の命に代えてお守りします−」

柴田 理人 紅 ゆずる
東雲 メイ 音波 みのり
本郷 詩織(ルチア) 白華 れみ
柴田 剣人 美弥 るりか
真風 涼帆
本郷 金太郎 汝鳥 伶
シスター・ローズ 美穂 圭子
華山 リカ 音花 ゆり
木場 如月 蓮
仲本先生 南風 里名
桜庭 海 隼人
神崎 汐月 しゅう
加藤 舞 妃白 ゆあ
夏目 不二子 紫月 音寧
仲本 夏美 若夏 あやめ
青山 芹香 斗亜
竜恩寺 泉 夏樹 れい
看護婦 珠華 ゆふ
志村 法子 毬愛 まゆ
根津 漣 レイラ
医者 翔馬 樹音
大門 礼 真琴
麻々原 みるく 紫 りら
山田 多美 妃海 風

宝塚はハマり出すとキリがないことはよく分かっているので、年に1〜2本しか観ないことに決めている。それも実験的で「そんなの舞台になるんかいな」というようなものを選んで観ているので、必然的に大劇場よりバウな作品に落ち着く。一昨年の「逆転裁判」しかり、昨年の「相棒」しかりである。

んでもって今年は「メイちゃんの執事」ときた。原作はマーガレットだから、さすがに断片的にしか読んだことがない。フジテレビのドラマは、最初小嶋陽菜(チームA)が出るというのでチェックしていた。小嶋の出番は少なかったが、榮倉奈々のナチュラルな演技と、向井理に電王に“なんちゃって”作家といった伸び盛りの俳優たちの共演はなかなかに見ごたえがあり、結局最後まで見てしまった。

この舞台はぜひバウホールで観たいと思っていたが、出張など重なりかなわなかった。この東京公演も、予め買っていた日は行くことができず、千秋楽を前にしてやっと観ることができた。

もともとが少女マンガであり、非現実的なスーパーお嬢様学校が舞台、ということで、「逆転裁判」や「相棒」に比べればタカラヅカには近いと言える。そのため、その2作に比べると、トンデモナイものを見ている、というワープ感は薄かった。

むしろ、マンガのすっとんだ世界観と、タカラヅカの超現実的な世界観が互いに相殺され、なんだかとっても普通の舞台を観ている錯覚に陥った。

紅ゆずる演じる理人は、原作やドラマの超然とした雰囲気に比べると、なんとなく人の良さがにじみ出ている。そのせいか、舞台全体としてもどこかほのぼのとした空気がただよっていた。ただ、ルチアだけは断然怖かった。このあたりの演出はさすがである。まあ忍様に関してはドラマの向井理のほうが不気味ではあったが――。

まったりとしたまま幕を閉じるのかと思ったら、最後の最後に理人が、お前メイちゃんの執事じゃなくて黒執事だろ、というぐらいの超能力を発揮し、あり得ない展開が繰り広げられた。ここへ来て何でもアリのタカラヅカ、本領発揮である。貪欲にエンターテイメントの限界を追及する宝塚の本能は、いつも「舞台ってこんなこともできるのか!」と発見させてくれて嬉しくなる。

やっぱりこれはバウホールで観たかったかな。

Shitusji


公演ホームページ
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/210/index.shtml

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

「熱海殺人事件」NEXT ~くわえ煙草伝兵衛捜査日誌~

木村伝兵衛部長刑事 山崎銀之丞
熊田留吉 武田義晴
片桐ハナ子 長谷川京子
大山金太郎 柳下 大

紀伊國屋ホールに木村伝兵衛が帰ってきた。演じるのは90年代に「熱海」を復活させたシアターXの公演で大山金太郎を演じ、その後「銀ちゃんが逝く」にも主演した山崎銀之丞だ。山崎はもう48歳。伸び盛りの若手が演じることの多かった木村伝兵衛としては間違いなく最高齢での挑戦だろう。

自分も彼を舞台で観るのはずいぶんと久しぶりだ。「銀ちゃんが逝く」の東京再演以来だと思うので、もう10年以上前の話だ。

その演技、体のキレは昔のままだが、声がかなりダメージを受けていた。もう声を張り上げるつか作品はさすがに厳しいのだろうか。自己陶酔、狂気、正義感、卑屈さ、尊大さ、そして遊びの部分と、七色に変わるこのキャラクターをきっちり演じ分け、その上に自分の色を出すあたりはさすがの一言である。

対する熊田留吉に北区つかこうへい劇団の大ベテラン、武田義晴。こちらも40オーバーだが、声の張りに衰えはみじんもなく、山崎の声を補うようにして舞台全体を活気づけていた。

驚いたのは、長谷川京子の演技だ。テレビで見せる美人オーラとは全く別の、妖しい輝きを放っている。舞台経験は少ないはずなのに、大きな演技は観客の目を引き、よく通るカツゼツのいいセリフ回しは耳に心地よい。日本演劇界は大きな掘り出し物を手に入れたというべきだろう。

柳下大はD-BOYSで、「テニスの王子様」ミュージカルの出身。「銀河英雄伝説」のときも感じたが、こうしたポップな舞台が優れた人材を育成している事実を、日本演劇界は直視しなくてはならない。

つかスピリッツを受け継ぐ2人と、新たにその世界に飛び込んできた2人が組んず解れつの大格闘で展開する熱海殺人事件。実にエキサイティングな2時間だった。

さて「片桐ハナ子」とあることから分かるように、今回の熱海は、数あるバージョンを生みだした90年代以降の熱海ではなく、つかこうへい事務所解散前の、70年代―80年代の熱海がベースになっている。90年代に熱海を知ったつか新規の自分は未見だが、その脚本を書き起こしたものは北区つかこうへい劇団のWEBサイトでダウンロードできる。小さな劇団が上演するぶんには上演料はいらない、自由に改編してもいい、というつかのスタンスがここに表れている。

今回の公演パンフレットにも詳しく書かれているが、90年代以降のバージョンの中でも比較的オーソドックスな「ザ・ロンゲスト・スプリング」や「傷だらけのジョニー」と、初演版を比べた場合、決定的に異なるのはその軸が90年代以降は木村伝兵衛と水野婦警の関係に置かれているのに対し、初演では大山金太郎と山口アイ子の関係に置かれている、という点だ。

そのため、クライマックスとなる大山金太郎の回想シーンは、自分がこれまでに観たどの熱海よりも、重く、悲しく、おかしく、せつない場面となった。しかしここまで非常にいい演技と存在感を見せた長谷川京子が、この段階に来てややパワーダウンしたのは残念だ。彼女のキャリアを考えればいたしかたないと思う反面、アイドルの中から名女優を引き出してきたつかこうへいだったら、この素材をもっと生かせていたかもしれない、と思ってしまうは自分の中でまだつかの死に折り合いがついていないせいだろう。

カーテンコールで、山崎は火のついた煙草を部長刑事席の机の上に置き、4人はその席に向かって拍手を誘った。言うまでもなく、つかに対する敬意を表したものだ。

日本演劇界が、これからもつか作品を上演していく、という決意を示したのが今回の公演である。そして、時を同じくして北区つかこうへい劇団は解散を決めた。

その経緯を詳しくは知らない。しかし、劇場で配られた、解散と解散公演を知らせるチラシには「前進か死か」と綴られていた。かつて、つかこうへい事務所写真集のタイトルに掲げられた言葉だ。日本の演劇界も、その門下生たちも、明日に向かって力強い一歩を踏み出した。あとは自分たち観客がどうするかだが、そんなもん決まっている。徹底的に観続けるだけだ。

「抜け目なく見透かしてやろうって腹だから、そりゃあ凄え形相だ」

って言われるぐらいの姿勢でな。

蛇足だが、この1カ月の間に、勤めている会社の仕事で熱海と、大山の故郷である五島に行った。そして熱海殺人事件を観た。特に何の意味もない偶然ではあるが、そこに意味、いや意義を見出してやろうかとも、少しだけ感じている。

Atami2011

公式HP
http://www.rup.co.jp/information/atamisatsujin_next.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »