« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月22日 (土)

四季「マンマ・ミーア!」びっくり仰天 樋口麻美ドナ

ドナ・シェリダン 樋口麻美
ソフィ・シェリダン 谷口あかり
ターニャ 八重沢真美
ロージー 青山弥生
サム・カーマイケル 阿久津陽一郎
ハリー・ブライト 味方隆司
ビル・オースティン 脇坂真人
スカイ 田中彰孝
アリ 木内志奈
リサ 柏 円
エディ 丹下博喜
ペッパー 大塚道人

・・・そうか、またマンマ・ミーア!を東京で上演しているのか。懐かしいのう。

東京初演でソフィを演じていた樋口麻美が、ドナを演じる日が来るとは・・・

わしも若いころは、大阪、福岡、名古屋、広島と観て回ったもんだが、今やそんな元気もない。リニアが開業して大阪まで1時間ちょっとだし、近所の茨城空港から全国どこにでも行けるとはいえ、遠征は老骨にちとこたえてならん。しかしここはひとつ、ひさしぶりに観に行かねば・・・ところで、今年は西暦何年になるのかな。

ってまだ2011年じゃないか!

劇団四季の時計はどうなっているんだ?あざみの近辺は時空が歪んでいるのか?

そりゃ樋口麻美だってもう30過ぎなわけで、ソフィの年齢じゃない。しかし、どう見たってまだドナ役には早すぎるだろう。

これは冗談キャストとしか思えない。そういうのは、阿久津サムとか、渡辺ラダメスとか、冗談の似合うヤツらでやってくれい。芝ジーザスとかな。

とかなんとか言いつつも、この目で確かめてみないことには、といそいそと海劇場へ。相変わらずの釣られ体質である。

もちろんちょっとした期待はある。樋口麻美は「ウェストサイド物語」でアニタを演じて以来、大きくステップアップした気がする。最近では、「コーラスライン」でヴァルを演じた。結局未見ではあるものの、なかなかの好演だったようだ。そうした経験で面白いドナを作り上げているかもしれない。

青山ロージーと八重沢ターニャの名人芸コンビが進んでいると、ちょっこしフライング気味に登場した樋口ドナ。見た目は・・・やっぱり若いだろ。とてもハタチの娘がいるようには見えない。でもまあ、そういう年に見えないカワイイおばさん、っていうのは世の中にたくさんいる。そう考えれば全くおかしなわけではない。

でもちょっと気になったのが樋口麻美の話し方。ご存じのように、彼女のセリフ回しは四季の母音法があまりにもはっきりくっきりしている。その口調は、このポップな舞台にあまり似合わないのである。

しかし、歌い始めると印象が変わった。「MONEY,MONEY,MONEY」「MAMMA MIA」「DANCING QUEEN」とも、低音の効いたパンチのある歌声で、ドナの存在感を際立たせている。これはなかなかいい。一方で、「SUPER TROUPER」や「ONE OF US」「Slipping Through My Fingers」など、どちらかというと柔らかい感じの歌は、ちょっとカドが立っててしっくりこない気がする。「Winner Takes It All」は迫力があって良かった。

そのセリフ回し同様、演技においてもひとつひとつの動きや表情を折り目正しくこなしている。そこは好き嫌いが分かれるところだろうが、回りのキャストもそれに影響されたかのように、おそらくはまだこなれていない主役を気遣ってか、実に丁寧に演じていた。その結果、そうかここはこういう演技をするところなのか、こういう間をとるべきなのか、と気付くことの多かった公演になった。

常に基本に忠実なのは、樋口麻美という女優の持ち味なのかもしれない。その姿勢を保ちつつ、今後どのように成長していくのか注目だ。しかし先は長いなあ。いつかは樋口ドナ、木村花代ターニャ、吉沢梨絵ロージーなんて時代が来るのかな、と妄想していたが、その一角だけとんでもなく早く実現してしまい、残りの2人は実現不可能になった。いや、長く演じていれば、いつの日にかきっと――。

実はこの日はほかにも注目ポイントがあった。

まず、初めてお目にかかる谷口あかりソフィ。かわいいソフィは大歓迎だ。歌唱力最強の江畑晶慧ソフィのあとだから、ちと歌に難点を感じるかもしれないが、ぜんぜん許容範囲。ただ、いかんせんあの外巻きヘアーが似合わない。何度も主張しているが、あの髪型を強制するのはやめにしてほしい。ベンドラやリーズルな髪型のままだったら、激萌えソフィになれるのに。

そしてもうひとり、アンサンブルに泉春花の名前が。55ステップスで神技を披露していたバトントワリングの女王だ。自分この人も大好きなんである。バトンの神技は誰もが知るところだが、演技や歌は未知数だ。ぜひ何かの役を獲得してほしいものである。ピコとかどうかな。そりゃ個人的な趣味に走りすぎか。

濱田めぐみのドナでもびっくり仰天だったのに、さらに低年齢化が進むドナ。いったい四季の、いや日本のマンマ・ミーア!はどこに向かうのだろう。それにしても、四季はあれだけ団員がいて、主役級の層はそんなに薄いのか?起用法に一考の余地があるのではないか?そうした中、いったん四季を出た役者がまたその舞台に出るケースが増えているのはいいことだ。うまくバランスを取って、これからも面白い作品を見せてほしい。役者も作品の一部ですよ!

そうだ、思い出した。みなが基本に忠実な演技をしているのに、1人だけアサッテのほうを向いていた奴がいた。言うまでもなく阿久津サム。あれ、誰か止めたほうがいいんじゃないのか。ほとんどただの変質者である。一挙手一投足がことこどとくヘンで、いちいち笑いを誘う。俺はそういうの嫌いじゃないけど、つうか大好きだけど、ABBAは怒るだろ。

201101221710000
201101221856000


四季「マンマ・ミーア!」ホームページ

http://www.shiki.gr.jp/applause/mammamia/


| | コメント (28) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

アプローズ~映画「イヴの総て」より~

マーゴ・チャニング 前田美波里
イヴ・ハリントン 上田亜希子
ハワード・ベネディクト 倉石 功
ビル・サンプソン 石原慎一
ドウェイン・フォックス 佐野瑞樹
バズ・リチャーズ 越智則英
カレン・リチャーズ 平田朝音
ボニー 澪乃せいら

吉沢梨絵がブログで呼びかけていたので、ミュージカル「アプローズ」を観にティアラこうとう(江東区公会堂区)へ出かけた。吉沢梨絵の命令には従わなければいけない。

1970年ブロードウェー主演、1972年劇団四季による日本初演の名作だが、自分は初めて観た。その曲は、この2年ほど四季の「ソング&ダンス 55ステップス」でいやというほど聴いていたが。初演の越路吹雪からこの役を受け継いで演じた前田美波里が、近年になってまたこの作品に取り組み、旬を過ぎようとしている大女優マーゴを演じている。そしてその座をおびやかす新人女優・イヴに四季OGの上田亜希子。自分にとっては、四季時代の彼女は「コーラスライン」のマギー役の印象が強い。そんなにたくさん観た舞台ではないし、マギーは決して目立つ役でもないのだが、上田マギーの記憶は不思議と比較的はっきりしているのだ。

さて、まずとにかく前田美波里がすごい。何をいまさら、と言われるかもしれないが、もちろん彼女がすごい人であることは知っている。しかし、初めてそのすごさを身をもって体験した、ということだ。

考えてみると、前田美波里という人については昔からテレビ番組や、映画「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」で知っていたし、舞台でも「マンマ・ミーア!」ターニャ役や「レ・ミゼラブル」のテナルディエ夫人役で見ていた。ターニャもテナルディエ夫人も同じ役を演じる他の役者とは段違いの存在感で、この人の実力は底知れないと感じていたが、やはり主役を演じたときの女優オーラは圧倒的である。

今年でおん年62歳になるというが、その年齢は全く感じさせない。演技も歌もダイナミックで、舞台全体、劇場全体にその全身から発せられるパワーが充満していた。こういう実力のある人が、都心のど真ん中ではない、扱いとしては地方劇場に属するステージに堂々と立ったり、四季や東宝でわき役をこなしているのだから、日本のエンターテインメント界もずいぶんとぜいたくなものだ。

対する上田亜希子が演じるイブは、純粋で聡明な人物かと思いきや、次第にそのしたたかな本性を見せていく役どころだが、最後までどこかいい奴か悪い奴か見定めきれないところを感じさせるあたりが良かった。美人だし。

映画は1950年代の作品で、今もって傑作の呼び声高くファンの多い「イヴの総て」。サスペンスタッチではあるが、現代のドロドロギスギスしたサスペンスに慣れきった目で見れば、かわいらしいぐらいのものである。「女ってこえー」と思わせるのは確かだが、男女問わず、上昇志向を持った人ならあのぐらいするだろ、という感じもしないではない。

そしてきょうの舞台を観る限り、そのサスペンス性はより薄く感じられた。その理由として、イヴよりもマーゴに重点を置いていること、そのマーゴを演じる前田美波里の、なんともいえない人間的な魅力がにじみでていること、などもあるが、何といってもこのミュージカル「アプローズ」では、野心や愛憎よりも、舞台への情熱、光と影とが乱反射する演劇界にかける人々の思いが前面に出ているからだ。

つまり、この作品はどこか「コーラスライン」へとつながる道を含んでおり、ストレスもあるけど、やっぱり演劇っていいよね、と感じさせる前向きで明るいメッセージが観客の心には残る。

本当に楽しい舞台だった。

ところで、ひょっとしたらこの日も吉沢梨絵が来ているかも、と思いちょっと客席を探したが(痛っ)、発見できなかった。代わりに望月龍平がいた。ちっ。ぼちぼち舞台に戻りつつあるが、ブログによれば3月に何かやらかしてくれるみたいなので期待している。またあの男のCMソング聞きたいなあ。

公演のウェブサイト
http://www.puremarry.com/applause.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

舞台「銀河英雄伝説」第一章 銀河帝国編

ラインハルト・フォン・ローエングラム 松坂桃李
ジークフリード・キルヒアイス 崎本大海
グリューネワルト伯夫人アンネローゼ 白羽ゆり
ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ 宇野実彩子
ウォルフガング・ミッターマイヤー 中河内雅貴
オスカー・フォン・ロイエンタール 東山義久
バウル・フォン・オーベルシュタイン 貴水博之
ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ ジェームス小野田
セバスティアン・フォン・ミューゼル 堀川りょう
フリードリヒⅣ世 長谷川初範
フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト 吉田友一
エルネスト・メックリンガー 岡本光太郎
ベルンハルト・フォン・シュナイダー 村上幸平
アウグスト・ザムエル・ワーレン 土屋研二
コルネリアス・ルッツ 平野勲人
シュターデン ひわだこういち
オフレッサー 中村憲刀
アルツール・フォン・シュトライト 北代高士
アンスバッハ 高山猛久
オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク 園岡新太郎
ウィルヘルム・フォン・リッテンハイム 石鍋多加史
 

昨年の発表以来、その出来が注目されていた舞台版「銀河英雄伝説」がついに幕を開けた。原作の序盤、ラインハルトが門閥貴族に打ち勝って権力を掌握するまで(「黎明編」「野望編」)の物語を、銀河帝国パートのみに絞って描く。

主演は「侍戦隊シンケンジャー」シンケンレッド役で、主に女性の大きなおともだちから絶大な支持を受けた松坂桃李。そして「シンケンジャー」でもそうだったが、周囲に「テニスの王子様ミュージカル」で人気を集めた俳優を多数配置していることから、完全に成人腐女シフトと思われた。いざ劇場に足を運んでみると、果たせるかな客層は完全にソレである。かねてよりの銀河英雄伝説ファンと思われる人は極めて少なく、以前「シンケンジャーショー」俳優出演回を観に行ったときの、森田涼花めあてのアイドリングオタよりさらに少数派だ。こりゃあ場違いなトコに来ちゃったかな、という感じが漂った。

しかし、始まってみるとこれがなかなかの出来栄えだった。

原作のほんの一部とはいえ、壮大なスケールの物語を2時間半あまりで描くわけだから急ぎ足にならざるを得ないが、重要な場面や、観客に訴えかける演出には時間を割いてじっくりと見せる。「銀英を舞台にする」だけに満足せず、芝居としていいものにしよう、という姿勢が大いにうかがえた。しかも、それがカラ回りせず、原作の世界観とうまく融合している。

演出面において特徴的なのが、宇宙空間での艦隊決戦の様子を、冗談のように人数の多いアンサンブルがその肉体で表現していることだ。さらに、彼らが口をそろえて、重要な「語り」を担当する。

この手法を可能にしたのは、演出の西田シャトナーだ。演劇好きなら耳に覚えのあるであろうその名前。90年代を駆け抜けた劇団「惑星ピスタチオ」の中心人物である。

小劇場ブームが去り、唯一生き残った劇団☆新感線がひとり勝ちを収めつつあった中で、それに対抗しうる勢力と目されたのがピスタチオだった。自分はその活動期間の中では後半のほうで1作観ただけだったが、西田シャトナー、平和堂ミラノ、腹筋善之助、佐々木蔵之介といった中心メンバーの豊かな才能がぶつかりあう、エネルギッシュな舞台だった。その演出の最大の特色が、すべてを人間の肉体で表現する「パワーマイム」だった。

ちなみに自分はその作品を観たとき、非常に面白いが、それぞれの才能が別々の方向を向いているな、と感じた。そこがいのうえひでのりの方向性をみなが共有しちている新感線との大きな違いだった。その後、平和堂ミラノ、佐々木蔵之介らは退団し、ほどなく劇団は解散した。それぞれの活動をまた観てみたいものだ、と思っているうちに、平和堂ミラノが病気により急逝してしまう。演劇界における大きな損失だった。佐々木蔵之介の活躍はご存じのとおりだが、西田シャトナーは最近どうしているかな、と感じることも少なくなるほど、自分の記憶から消えかかっていた。

話が長くなったが、その西田シャトナーと「パワーマイム」が、この舞台で突然、目の前に現れたのである。イゼルローン要塞の間近にガイエスブルグ要塞がワープしてきたようにびっくり仰天だ。

かなりアバンギャルドなこの手法は、下手をすれば失笑を禁じえない。しかし、ギリギリのところで踏みとどまり、この舞台に大きな生命力を与えるのに成功した。演出技法としてだけでなく、この表現によって、何百万、何千万という途方もない数字が飛び交う恒星間戦争においても、結局は人と人との戦いであることを象徴的に示すという役割も担っていた。

三枝成彰の手による重厚感あふれる音楽も実に効果的に銀河英雄伝説の世界観を支えていた。忠臣蔵もオペラにしたこの人の手にこの舞台の音楽を依頼したのは大正解だったように思う。ただ、劇場の施設の問題か、音響がいまひとつだったのは残念だった。

俳優たちの演技に目を転じると、主演の松坂桃李が実にいい。まあかなりシンケンレッドとだぶる演技ではあるのだが、声がよく出ていて、セリフが聞き取りやすい。舞台向きの人かもしれない。テニスの王子様出身の俳優たちも、みなとてもいい声を出していた。そうした若い人に人気の舞台が、着実にいい舞台俳優を養成していることがわかる。一方で、東宝ミュージカルに出演している東山義久の声が聞き取りにくい。何やってんだ東宝。とはいえ彼の場合もともとダンスの人である。オフレッサーとの死闘で繰り広げる殺陣では、その美しい身のこなしが、凄惨な「ミンチメーカー」と不思議なコントラストを成して妖しい美しさを醸し出していた。あの美しさが、セリフや演技にももっと感じ取れれば、実にいいロイエンタールになるかもしれない。とりあえず、ラインハルトが皇帝になるまでには「マイン・カイザー」と美しく発音できるようになっておいてほしい。

そういえば、「特捜戦隊デカレンジャー」のデカブレイク、吉田友一が、これまたデカブレイクな感じの演技で、この舞台の唯一ともいえる「笑い」を担当していた。原作やアニメ版の雰囲気とは違うが、ビッテンフェルトを愛されキャラとして使うあたりは、この作品の世界観をよく理解していると評価していい点だろう。

総じて、実にまじめに、いい舞台をみなで作り上げているという印象がある。さっそく「外伝」で6月にミッターマイヤーとロイエンタールを主役にした舞台を製作するそうだが、第二章、自由惑星同盟編?も大いに楽しみになってきた。

ただ、個人的に、ちょっとものたりない部分もある。それは、おそらく、この作品はきら星のごとく立ち並ぶいいオトコたちを堪能して、ちょうどお腹いっぱいになるように設計されているからだ。自分が女性だったら、さぞもっと満足できただろうになあ、と思うとちょっとくやしい。次の外伝は、ぜひカーテローゼ・フォン・クロイツェルを主役にしてだな、女性士官のオリジナルストーリーを……

Ginei

舞台版「銀河英雄伝説」の公式サイト
http://www.gineiden.jp/index.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »