« ELF(エルフ) | トップページ | ハーレム見学 »

2010年12月25日 (土)

Wicked(ウィキッド)

25日20時
Gershwin Theatre

前回前々回も観ているが、やはりウィキッドは外せない。

ここブロードウェーでも、ウィキッドの人気は突出している感がある。ブロードウェーでも指折りの客席数を誇るガーシュウィン劇場を満杯にし続けていることからも分かるが、2カ月前ぐらいでもかなりの席が売れていること(日本と違い、こちらでは普通そんなに前から席は埋まらない)、プレミアムシートの多さ&高さからもそれがうかがえる。

というわけで、プレミアムシートに手が出ない自分としては、前回同様の見きれ席を購入。前回は最前列の最下手だったが、こんどは最前列の最上手だ。ライオンとブリキのくだりは頭上で行われるため見えないなどのハンディはあるし、ところどころ人の影になったりもするが、ストーリーを知っていれば問題はない。むしろ、ボックの受難などは魔法の仕組みがよくわかったりもする。

201012251949001

なぜかこの劇場は開演前は撮影OK。

この日のエルフィーはMandy Gonzalez。細身で、眼鏡のよく似あうインテリ系のエルファバだった。演技にややぎこちなさを感じたが、声量はさすが。一幕最後では、日本ではどよめきが起きるが、こちらではストレートに歓声と喝采が上がる。

グリンダは、クレジットではKatie Rose Clarkeとなっていたが、この日はアンダーのLaura Woyasz。ロサンゼルスやツアーに参加していたそうで、堂々としたグリンダだった。前回、ルックス最強なグリンダを見てしまったのでその点ではやや分が悪いが、声がかわいらしく、しかも沼尾みゆきにインスパイアされたかのような鼻にかかった声で客席を沸かせていた。

決して明るく楽しい作品というだけではないのに、何度でも観たくなる不思議な中毒性を持ったウィキッド。それはどこか、オペラ座の怪人にも通じるところがあるように思う。

Sp1140491

各国語での解説が載ったポスターがあった。

Sp1140493_2

 

|

« ELF(エルフ) | トップページ | ハーレム見学 »

コメント

こんにちは。広島のJです。
Mandy Gonzalezは7年前にアイーダのアムネリアス役で初めて見ました。思い出しましたよ彼女を。
さすがお目が高い。あらためて尊敬しております。
とてもうらやましく読ませていただきました。

投稿: J | 2010年12月27日 (月) 18時24分

ご無沙汰しております。Junです。
この秋はあまりエントリーが無いと思っていたら、このための貯蓄だったワケですね!
しかもMandyのエルファバですか。
彼女、良くも悪くもアクの少ないストレートさが持ち味なので、コメディセンスも重要視されるWickedの世界観には正直合わない部分もあると思いますが、美人度や歌唱力では間違いなく歴代トップクラスのエルフィーだと思います。
In the Hightsでも彼女は重要な役でしたし、そのあたりの客層も取り込んでWickedに新たな熱を吹き込んでくれた存在でしょうね。
来年1月までの契約だそうで、観られたヤボオさんが羨ましすぎです。

投稿: Jun | 2010年12月27日 (月) 21時44分

Jさんこんにちは。

おお、アムネリスをやってらしたんですか!なるほど美人なわけだ(アムネリスは勝手に「美人枠」にしとります)。

7年前にアムネリスなら、キャリアも十分ですね!

投稿: ヤボオ | 2010年12月28日 (火) 21時10分

Junさんこんにちは。

そうなのですか、勉強になりました!彼女はエルファバという強烈な役に飲み込まれることなく自分を保っていた印象があり、それがどこかぎこちなくも感じたのですが、決して奇をてらうことなく正面からこの役に取り組んでいたのがステキでした。

あの歌はもう一度聴きたいです。

投稿: ヤボオ | 2010年12月28日 (火) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/50407669

この記事へのトラックバック一覧です: Wicked(ウィキッド):

« ELF(エルフ) | トップページ | ハーレム見学 »