« 四季「マンマ・ミーア!」 広島公演開幕 超絶かわいい濱田めぐみドナ | トップページ | 四季「美女と野獣」ホレたぜ!福井ビースト »

2010年7月10日 (土)

東京ディズニーランド 帰ってきたキャプテンEO

7月1日、東京ディズニーランドで「キャプテンEO」が復活した。1987年から1996年までの間上演されていた、マイケル・ジャクソン主演の立体映像。1年間の限定公開というが、復活を心から喜びたい。

201007100957000

自分が初めて東京ディズニーランドに行ったのは、大学卒業間近の1991年2月のこと。大学の県人会メンバーで行くことになった。自分が真っ先に興味を持ったのが1989年オープンの「スター・ツアーズ」とこの「キャプテンEO」だった。よくいる映画好きの学生としては、製作総指揮ジョージ・ルーカス、監督フランシス・コッポラと聞けば観たいと思うのが当然だ。

その日、2つのアトラクションにいたく感動し、それから就職までの2カ月で5回ほどパークに行った。就職してからも、ふらりとパークを訪れてはキャプテンEOを楽しんだ。シアター形式のアトラクションだから、一人で行ってもぜんぜんOKである。まあ今はシアターでなくても一人で乗ってるけど。

96年のクローズは本当にさびしく、終了間際には1日に4回も観たりした。もう二度と観られないと思っていたので、復活が発表されたときは本当にうれしかった。初日は平日だったし、先週末は出張だったので、やや出遅れた感はあるが、14年ぶりの再会を果たすことができた。

この作品の魅力を構成する要素は数多い。まずマイケル・ジャクソンの存在。さほどファンとも言えない自分だが、そのカリスマ性に満ちた歌声と動きは、文字通りスクリーンを飛び出して観客に何かを訴えかけてくる。

そして3D映像。1985年のつくば万博で数々の立体映像が披露され、すでに偏光メガネ方式の3Dは手法として一般的だった。当時立体映像はビックリ仕掛けであり、立体であることが目的だった。だがキャプテンEOは、3Dはあくまで演出手法のひとつであり、最終的にはコンテンツとしての完成度で勝負していた。そこに感動したのだが、実はその問題意識はすでにつくば万博で感じていた。つくば博で偏向メガネ方式の立体映像は、鉄鋼館、住友館、日立グループ館などが採用していたが(富士通パビリオンは赤青方式だった)、鉄鋼館は刀を客席に向けたりして怖がらせていたのに対し、住友館は美しい映像と坂本龍一の音楽が融合した、作品として質の高いものだった。当然自分の印象は住友館のほうが強い。単に立体だけではダメなのだな、と高校生ながらに感じていた。

次に明確な世界観と単純なストーリー。「歌とダンスで世界を変える」という、ノウテンキな設定にものすごいお金と人が動く。これぞエンターテインメントではないか。

さらにジョージ・ルーカスの存在。前半の宇宙船チェイスのシーンはまさしくエピソード4のデス・スター攻防戦で、最初に見たときスター・ツアーズと合せて「ああ、ルーカスは初めからこういうことがしたかったのだな」と思った記憶がある。

最後にフランシス・コッポラの存在。巨匠であることは間違いないが、馬鹿映画の巨匠でもある。「ゴッドファーザー」「地獄の黙示録」で得た富と名声を一発で吹き飛ばしてしまった馬鹿映画「ワン・フロム・ザ・ハート」。キャプテンEOの中にはその雰囲気を感じ取ることができるのだ。コッポラといったらゴッドファーザーしか知らない人は、ぜひキャプテンEOでアナザー・パート・オブ・コッポラを知ってほしい。

と、語り出せばキリがない。要するにそれだけこの作品には深い思いがある。

さて、復活したキャプテンEOだが、エントランスのメイキング映像も含め、当時と同じものを楽しむことができる。設備はミクロアドベンチャーの仕掛けを使っているため、当時にはなかったハード的な演出が追加された。逆に、なくなった演出もあるが、まあ気になるほどのことはない。

201007100923000_2 201007100931000_2 

8時半オープンの日で、自分は8時から並んで45分ごろ入場、一直線にキャプテンEOに向かい、発行されたファストパスが11時~12時。そのままスタンバイ列に並ぶと、70分待ちと言われたが30分ほどで入場できた。理由はなぞ。朝のFP回収率は読みにくいのか、このアトラクションでまだ十分な経験則が得られていないのか。いずれにしても暑かったので待ち時間が短かったのはよかった。

冒頭のシーンで、昔は必ず岩に手をのばす子供がいたものだが(いや、大人も手をだしていた)、いまどきの子供はそういうことはしないらしい。3Dなど珍しくもないからだろうか。最近の美しい3D映画しか知らない世代は、「何だこの暗くて見づらい映像は!」という印象を持つだろう。CGを使わない「特撮」やクレイアニメーションは、かえって新鮮に感じるかもしれないが。

しかし、この映像の正しい楽しみ方は、80年代後半から90年代前半に心をタイムスリップさせて、当時の気持ちで鑑賞することだろう。

201007100919002

こんな説明書きもされていた。

やはり楽しいキャプテンEO。この1年で何回見られるだろうか?そういえば、「スター・ツアーズ2」はいつ完成するのだろう。日本上陸は?こちらも楽しみだ。

 

キャプテンEO アトラクションのホームページhttp://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/tl/atr_captain.html

|

« 四季「マンマ・ミーア!」 広島公演開幕 超絶かわいい濱田めぐみドナ | トップページ | 四季「美女と野獣」ホレたぜ!福井ビースト »

コメント

おはようございます。
ヤボオ様
美女と野獣そしてeoも
とは
贅沢な週末ではあーりませんか。

実は私も子供を早退させ
金曜にEo見に行きました。
ファストパスはありませんでしたが
大雨の中二回見てきました。

思えば前回は
コブツキデなかったので
年間パスポートを買い
これだけのために通い詰めていました。
ミートザワールドも休憩に挟みつつ。

ワタシも一年の間に何回か通うことになりそうです。
九月からはソンダンそして
大阪では久ーしぷりの李フィエロと
行きたいものがたくさんで困りますね。
ETC割引を使い大阪も行ってしまおうかしら・・・

投稿: もことんとん | 2010年7月15日 (木) 04時32分

もことんとんさんこんにちは。

キャプテンEOのように、つくば万博の3D映像もまた観たくなりました。

投稿: ヤボオ | 2010年7月16日 (金) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ディズニーランド 帰ってきたキャプテンEO:

« 四季「マンマ・ミーア!」 広島公演開幕 超絶かわいい濱田めぐみドナ | トップページ | 四季「美女と野獣」ホレたぜ!福井ビースト »