« 第27回 百里基地航空祭 | トップページ | 四季「美女と野獣」野獣度増量中 »

2010年7月29日 (木)

AKB48チームA 6th Stage「目撃者」公演

延期に延期を重ね、発表から11カ月経ってようやく7月27日に開幕した新チームA公演。初日はもちろん落選。しばらく当たらないだろうなあと覚悟していたが、幸運にも2回目、しかもフルメンバー勢ぞろい、そして前田敦子生誕祭という公演に入場することができた。5thはついにフルメンバー公演を見られないうちにメンバーが卒業していってしまったので、今回は早いうちに観ることができてよかった。

ドキッとするオープニングから、最初のMCまで、AというよりかつてのチームKのような気合の入った曲調が並ぶ。ユニットも含め、あまり分かりやすいフレーズの曲は少なく、そういう意味ではこれもチームカラーは今後に委ねるという薄味な作りだ。

しかし、個人的にはA5th公演「恋愛禁止条例」よりも好感を持った。どうもA5thは全体的に手抜き感が否めなかったからだ。耳に残りやすい曲は多かったが、どこか大味で、振付もイージーという印象がある。それに比べ、今回の曲はじっくり聞くうちにその味わいが深まってくる凝った作りだし、振りは大きく早い動きが多い。

自分は正直なところ、テレビに出ているAKBには、あまり興味がわかない。あの狭い劇場で、毎日のようにライブを行っているAKBにこそ魅力を感じている。だから「AKBはあくまで公演重視」という姿勢を、口先だけでなく、身を持って証明するようなこのセットリストには大いに期待したい。

ユニット構成はこんな感じ。

■前田敦子、仲谷明香、倉持明日香
■高城亜樹、指原莉乃
■高橋みなみ
■小嶋陽菜、多田愛佳、中田ちさと、岩佐美咲
■篠田麻里子、松原夏海、大家志津香、片山陽加、前田亜美、仲川遥香

新チームで、どちらかというと地味な存在だったもとKの松原夏海や、長い長い研究生時代を終え、やっと正規メンバーに昇格できた大家志津香らがぐっと前に出てきているのは見ていて本当にうれしい。

これで1年ごしのチーム再編成が終了したわけだが、トータルで見ると非常にうまく機能しており、大成功だったといえるのではないか。今後、それぞれのチームカラーがどう形成されてくるのか楽しみに見守りたい。そのためにも、ぜひテレビより公演重視でお願いしたい。

そういえば、しばらく見ないうちに髪型を変えていた指原が、最初誰だかわからず「誰だこの高井つき奈似の美女は!」と思っていた。まあ、しゃべった瞬間指原と分かったが・・・

201007291824000

AKB48のウェブサイト
http://www.akb48.co.jp/index.html

|

« 第27回 百里基地航空祭 | トップページ | 四季「美女と野獣」野獣度増量中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/49034703

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48チームA 6th Stage「目撃者」公演:

« 第27回 百里基地航空祭 | トップページ | 四季「美女と野獣」野獣度増量中 »