« 大阪食べ歩き | トップページ | 北区つかこうへい劇団 「熱海殺人事件~友よ、いま君は風に吹かれて」ほか »

2010年5月 4日 (火)

なんばグランド花月 GW特別興行

これまた何回目かのなんばグランド花月。最近大阪での行動パターンが固定化してきている感じがするが、面白いのだから仕方がない。

ゴールデンウイークということもあり実に豪華なラインナップで、ネット予約はぴあASPになってから多少チケットが取りやすくなったものの、この日は早々に完売。しかし何度か予約サイトをチェックしていたら数日前になって運よくチケットを入手することができた。

この日の出演者は下記の通り。

笑い飯

この回はなぜか前座がなく、いきなり笑い飯だ。ライブで見たのは初めて。前半のローテンションな展開から、後半シフトチェンジしてつっ走る独特なスタイルは、テレビの短い尺では面白さが伝わらない。

Wヤング

数奇な運命を乗り越えてきた大ベテラン、平川幸男率いるWヤングを見るのは確か2回目。平川はいよいよ来年70になるというが、全くそうは見えない。まだまだ現役で活躍してほしい。

中川家

中川家を見るのは、はじめてここに来たとき以来。地上波ではできない危険なネタが最高に面白い。

ザ・ぼんち

生で初めてみた。漫才ブームで大ブレイクした当時、自分は小学生。「恋のぼんちシート」も買った。そのスターが、今も現役で活躍しているのを見るとチカラがわいてくる。

オール阪神・巨人

この2人も生で見るのは初めてだ。彼らがブレイクしたのは漫才ブームよりももっと前。巨人師匠は最近やせ、阪神師匠は最近太ったが、漫才は全く衰えを見せず、アップテンポで素晴らしい。

桂文珍

2回目だが、前回とほぼ同じようなネタ。しかしそれでも面白いのは、あくまで言葉ではなく「間」で笑わせるからだ。

吉本新喜劇

この日の座長は辻本茂雄。辻本自体は別の座長公演で見たことがあるが、座長を務める公演は初めて見た。当たり役の「茂造じいさん」も、である。

↓これ

201005041232000

これで現役4座長はすべて見たことになる。周りを立てながらまとめていく内場勝則・川端泰史、自分が先頭で走って空気感を作る小藪千豊に比べ、辻本座長は舞台のすべてを支配するタイプだ。若手座員だけでなく、ベテランにも容赦なくアドリブで振っていく。そういえば島田珠代も初めて見たが、ちょっとカワイイと思った。

なんばグランド花月のウェブサイト

http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/

|

« 大阪食べ歩き | トップページ | 北区つかこうへい劇団 「熱海殺人事件~友よ、いま君は風に吹かれて」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんばグランド花月 GW特別興行:

« 大阪食べ歩き | トップページ | 北区つかこうへい劇団 「熱海殺人事件~友よ、いま君は風に吹かれて」ほか »