« 四季「アイーダ」こっちの鈴木もいいですな | トップページ | 姫路B級グルメその2 「えきそば」 »

2010年5月 2日 (日)

姫路B級グルメその1 「姫路おでん」

いわゆるB級グルメのブームに乗って、全国でさかんに名物づくりの動きが広まっているが、姫路も例外ではない。姫路のB級グルメとして脚光を浴びているのが、何といっても「姫路おでん」である。

姫路おでんの定義は、おでんそのものにあるのではなく、その食べ方にある。姫路おでんの食べ方とは、「生姜醤油で食べる」である。上からかけても、小皿にとってつけながらでもいい。何でも戦前からこの地方では生姜醤油でおでんを食べていたそうだ。

近年、姫路おでんはかなりフィーチャーされているので、街を歩けば姫路おでんを売る店がごろごろあるのだろうと思ったら意外にそうでもなかった。姫路城から駅まで歩く道で見つけた「夢乃蕎麦」に入る。ここはお土産用の姫路おでんも発売している、当地の蒲鉾大手、ヤマサ蒲鉾が運営しているお店だ。当然錬りものも期待できそうである。

さっそく、お昼限定のメニューらしい「おでん5品」(750円)を注文。プラスでおにぎりを頼むこともできるが、せっかく蕎麦屋に入ったのだから、とそばも頼む。メニューの「辛味大根そば」(750円)が目を引いたのでそれを。

Himejioden

出てきたおでん。一見、何のへんてつもないおでんのようだが、実際、ただのおでんである。ただ、ここのおでんは卵が半熟になっている。

生姜醤油を小皿に取り、刺身を食べるようにおでんにつけながら食べてみる。ううむ、うまい!おでんと生姜醤油がこんなにも合うものだったとは!単純な組み合わせで感動を生むことができるのは、あくまで日常生活の中で食の感動を見出そうとするB級グルメならではだ。

Himejisoba

続いてそばが出てきた。京野菜の純正「辛味大根」は、もはや1,2軒しか栽培しておらず、それを食するには京都の「晦日庵河道屋」に、寒い季節に行くしかない。なのでここで出てくる辛味大根も、全国のそば屋で出てくる、辛味大根に似た味わいの品種だ。なので辛味大根そのものにはあまり感動はなかったが、そばそのものが予想以上にうまく、これはヒットだった。つゆが、関東のそれとは異なる、やや甘みの強いダシだったのが新鮮に感じられた。

1階の店では、各種のかまぼこや、お土産用の真空パック姫路おでんなどを購入できる。

姫路おでん美食探検マップ(自分が食べた夢乃蕎麦は33番)

http://himejioden.jp/shop.html

|

« 四季「アイーダ」こっちの鈴木もいいですな | トップページ | 姫路B級グルメその2 「えきそば」 »

コメント

友人とおでんの話をしていたら 初めておでんにしょうか醤油のことを教えてもらい Google検索してみました。

記事によると半熟卵 おでんの具としょうが醤油が絶妙にマッチしていて美味しいと書かれていましたが ぜひ友人に逢いに行きながら このおでんを試食してみないと思いました。


写真を私の日記にお借りします。

ありがとうございました

投稿: あみ | 2010年11月15日 (月) 11時10分

あみさんこんにちは。

姫路おでんはうまいです。写真の件は問題ありません。mixiですかね。

投稿: ヤボオ | 2010年11月16日 (火) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫路B級グルメその1 「姫路おでん」:

« 四季「アイーダ」こっちの鈴木もいいですな | トップページ | 姫路B級グルメその2 「えきそば」 »