« 衝動的に! | トップページ | 東京ディズニーランド 帰ってきたキャプテンEO »

2010年5月23日 (日)

四季「マンマ・ミーア!」 広島公演開幕 超絶かわいい濱田めぐみドナ

「濱田めぐみがマンマ・ミーア!でドナを演じる」

四季ファン、めぐ信者の間に激震が走ったこのニュース。行くか?広島。しかし連休に関西に行ったばかりで、エーゲ海に足をのばしている余裕はない。むしろギリシャ並みに財政が逼迫しているのだ。しかし「美女と野獣」東京公演以来のめぐ様信奉者である俺が、その姿を見ずに耐えられるだろうか。いや耐えられない(係り結び)。一応残席確認。ALSOKホールは巨大だが、初日はさすがにほとんど埋まっている。そして早々と「いざ広島」の名乗りをあげた全国のめぐ信者によって着実に空席が埋められていく。どうする俺。時間はないぞ!

迷っているところに、サムの衣装を着た阿久津陽一郎が現れた!
阿久津サムは俺の背中を押した!
しかし何もおこらなかった。

すると稽古着姿の江畑晶慧が現れた!
つうこんのいちげき!
俺はチケットを買った!ダメ人間度が5上がった!

というわけで、俺もこのクエストに参加することになった。

しかし、四季が事前の情報通りに開幕キャストをそろえてくる保証は全くない。このニュースも壮大な釣りである可能性が高い。そうだとしたら、動画まで公開し、かなり気合いの入った釣りである。上等。全力で釣られてやろうじゃないか。

無論、開幕キャストを確認してから行く、という手もある。もしこのブログが仕分け対象になったら、蓮舫議員に「初日に行く理由は何があるんでしょうか?二週目じゃダメなんでしょうか?」と詰め寄られるだろう。しかしダメなのだ。この劇団は、オープンの数日後にキャスト変更、なんてことを平気でやってのけるのだ。それで痛い目にもあっているのだ

とかなんとか言いながら、やってきました2年ぶりの広島。前回来たあと、ぜひまた来たいとずっと思っていたので、どちらにしてもマンマ・ミーア!広島公演には足を運ぶ予定だった。それがちょっこし早くなっただけ、とブログには書いておこう。

席は二階の端のほうなので、細かいところまでは確認できなかったが、ミーハーな印象をメモしておきたい。キャストは下記のとおり。

ドナ・シェリダン 濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン 江畑晶慧
ターニャ 八重沢真美
ロージー 青山弥生
サム・カーマイケル 阿久津陽一郎
ハリー・ブライト 明戸信吾
ビル・オースティン 野中万寿夫
スカイ 田中彰孝
アリ 木内志奈
リサ 柏 円
エディ 鎌滝健太
ペッパー 大塚道人

まずはめぐ様ドナ。確かに若い。むちゃくちゃ若い。ソフィと並ぶととても親子には見えない。ちょっと頑張ったらソフィ役だっていけるんじゃね?というほど。

そしてキレイ、というよりカワイイ。かわいいおばさん、というのではなくて、普通にかわいいのだ。短めに切ったヘアースタイルで、なんだか田中麗奈ちゃんみたいに見える。くどいようだがそれぐらいかわいい。

キャラクターとしては、これまでのどのドナとも違う、「全力型」のドナだ。笑うときも、怒るときも、びっくりするときも、全力で感情をぶつけてくる。こんなに肩に力の入ったドナは初めて見た。無論これは演技に肩の力が入っているのではなく、肩に力が入った演技をしているのだろう。

そういうドナだからこそ「休憩が必要よ」というセリフや、「Super Trouper」の「私疲れていたの」という歌詞に説得力が出てくる。あれだけ全力でホテル経営も子育てもしていたら、そりゃ疲れもするだろう。思えば大阪公演千秋楽では、保坂知寿という女優の人生と、歌詞の内容がオーバーラップして胸が熱くなった。その感動には及ばないまでも、「Super Trouper」で思わず涙が浮かんだのは久しぶりだ。

歌い方も当然力の入ったもので、これは彼女の持ち味でもあるわけだが、ABBAの曲にはもっと軽やかな歌い方のほうが合っているかもしれない。しかし「The Winner Takes It All」は圧巻。歌いきったあと、一瞬魔女と王女様が見えたのは先入観だけが原因ではあるまい。

とにかく、このちっちゃくてキュートで力いっぱいなドナを見ていると、若いんじゃないかとかイメージが違うのではとか、そんな懸念は些細なことに思えてくる。毎週でも観たくなる、とてつもない魅力に満ちあふれている。ひいき目?そりゃそうですとも。

次に、めぐ様ドナ同様、びっくり仰天キャストの阿久津サム。現役でアイーダとラダメスを演じている二人なので、まるでアイーダの後日談を見ているようだ。もっとも、先日鈴木ほのかアムネリスと渡辺正ラダメスを見たときには、逆にマンマ・ミーア!の前日譚を見ているように感じた。まあやはり結ばれるべきはアイーダとラダメスだから、こっちのほうが妄想としては正当だ。

阿久津サムは、背が高く、ぬぼーっとして、何を考えているのかよく分らないサムである。しかし普通に真面目な演技をしているだけで、どことなく笑える空気を出せるのは、少なくともこの作品に関する限り大きな武器だ。そしてときどきクニャっと笑う。これがまた不気味でおかしい。どことなく「レベッカ」の山口祐一郎を思わせる。「別れるのは つらいけど~」という歌いだしが妙にカン高くて、これは「パイレート・クイーン」の山口祐一郎っぽかった。

と、なんだかつかみどころがなくてアイマイな印象しかないのだが、ひとつだけはっきりしていることがある。アンコールの、あの衣装がものすごく似合ってない。最近は荒川務にしても、渡辺正にしても、微妙にあの衣装が似合ってしまっていたが、あんなに似合わないのは芝清道のサム以来ではないか。もちろん、あの場面は思いっきり似合わない衣装で登場し、客を引かせて笑いを取るのが正解なのだから、作品的には似合わなくていいのである。と、考えると、これは芝サム以来のヒットか?と思えなくもない。東京公演の初日に見た芝サムは、本当にサマになっていなくて、それがこの作品の求めるサムにぴったりだった。「マンマ・ミーア!」の父親たちはカッコ悪くていいのである。そういえば、あのときスカイを演じていたのが阿久津陽一郎だった。この男の2幕最初のアレは、いま思い出しても悪夢を呼ぶほど気持ち悪かった。

そして江畑晶慧のソフィ。自分は彼女のソフィは初見だ。もちろんエルファバで何回も見ていて、好感を持っていた。ただ、エルフィーでは顔が緑なので、イマイチ素顔がわからない。パンフレットの写真はかなりカワイイし、交通安全キャンペーンに苫田亜沙子と参加したときの婦警姿は激萌えだったので、いちどソフィーを見たいとかねがね考えていた。また、四季のソフィーで自分が見ていないのは、今のところ彼女だけだ(と思う)。樋口麻美、木村花代、五十嵐可絵、吉沢梨絵、宮崎しょうこ、谷内 愛とすべて見てきた以上、江畑ソフィも見ずにはいられない。

しかし、舞台で見るとあのソフィーの髪型がかなり似合っていない。プログラムやWEBサイトにアップされている稽古着姿の写真はとってもかわいいのに、何とも残念だ。ふだんの髪型のままでいいではないか。前にこのブログで書いたとおり、海外のソフィはその女優さんに似合った髪型で舞台に出ている。日本だけ、あの外巻きヘアーを順守しなくてはいけない不平等契約でも行われているのだろうか。ソフィ髪型自由化を強く要求したい。

声はちょっと太いのだけれど、最初ちょっと違和感があったものの、物語が進んでいくとほとんど気にならなくなってくる。違和感といえば、これまで見たソフィはみなほっそりした人が多かったので、ぐっと肉感のあるソフィというのは初めてだ。だがそれがいい。ここは鈴木ほのかドナとの共演で、セクシーダイナマイツな親子として登場してほしい。

ほか、鎌滝健太のエディも初めて見た。最初はなんだかペッパーが2人いるようだったが、なかなか男前のいいエディになっていた。逆に、大塚道人のエディも見てみたいところだ。

舞台セットに目を向けると、非常に残念なことに、福岡公演同様、月がプロジェクター投影。これは前にも書いたけど、この作品において「月」は特別な意味を持っていると思う。それがあの月ではどうも言い尽くせないような気がしている。会場設備の関係だろうから仕方がないが…。あと、これまでの公演では一部通路がセリ上がる仕掛けがあったが、これがない。その影響なのか、「Name of the Game」のビルとソフィとのやりとりが短くなっていた。単にトチっただけかな?

ALSOKホールはとにかく大きいので、後ろのほうで見ていると音楽の迫力がない。やはりマンマ・ミーア!では冒頭でABBAの曲を全身に浴びることでその世界にすんなりと入っていけるので、これもやや残念だ。

この日は初日ということもあり、招待客とリピーターが客席のかなりの部分を占めていたせいだろうか、最初、江畑ソフィが非常にいい“間”でセリフを繰り出しているのになかなか笑いが起きず、ちょっとはらはらした。しかし青山ロージー・八重沢ターニャの名人芸が客席を一気に温めた。このあたりはさすがである。明戸ハリー、野中ビルも含め、最強すぎるベテラン勢がガッチリと脇を固めていることで、若いキャストものびのびと持ち味を発揮できていたように思う。濱田―阿久津、濱田―江畑といったアンサンブルもバッチリで、お互いの声を殺すことなくいいバランスで歌い上げていた。実に安心して見ていられる公演だったと言える。最後はもちろん大盛り上がり。やっぱりマンマ・ミーア!って楽しいと実感した。

めぐ様ドナを迎え、ますますこの舞台が好きになってきた。広島にはちょくちょく行けないかもしれないが、機会があれば再訪したい。そしてそのあとは静岡。静岡なら足を延ばすのもさほど大変ではない。そして仙台にもしばらく行ってないし……。んー今年はMM年になりそうだぜ。

201005231250000

201005231249000 

2階の喫茶室が「TOHOカフェ」ってのがちょっとおかしい。

 

マンマ・ミーア!のホームページ

http://www.shiki.gr.jp/applause/mammamia/

 

|

« 衝動的に! | トップページ | 東京ディズニーランド 帰ってきたキャプテンEO »

コメント

おかえりなさい。

私もこのクエストに参加すればよかったです(笑)
ますます観たくなりました。

あっくんの「あの衣装」観たい、観たすぎる・・・。
広島行こうかなって本気で思いました。

投稿: たっちん | 2010年5月23日 (日) 23時35分

遠征お疲れ様でした。
めぐ様Winner味わいたかった…。広島へ参戦したいものの、財政が逼迫しており、急なキャス変という珍事が起きた際、冷静に対応できないかもしれませんし、悩ましいところです。

でもあのダンスシーン。めぐ様の美腰観てみたい(笑)
激萌えとやらの交通安全イベント。あの日偶然遭遇しましたが、間近で見ると確かに可愛かったです。髪型自由化に賛成ですが、これもまた代表様の好みですかね?

投稿: らべたん | 2010年5月24日 (月) 09時58分

ヤボオさんこんにちは。

早速のレポートありがとうございます。
今回もいい書き出しで、四季ファン特に濱田さんファンをすっと惹き付けていく感じがいいです。

いやぁ濱田さんのドナ見たいです。濱田さん大好きです。
他のキャストもベテラン揃いなので、確実に外さない舞台なのでしょうね。このキャストなら。
といっても私は財政緊縮以前の財政状態ですので広島までたどり着けませんが..
アイーダ後に期待・・ですかね。

投稿: nammu | 2010年5月24日 (月) 10時02分

ヤボオさん、お久しぶりです。
さっそく、広島まで行かれたんですね。
さすが!です。
どこのサイトより、こちらの観劇記は自分で見たかのように手に取るようにわかります。
阿久津サムの似合わない衣装みたいです。
でも、大阪では樋口エルファバ初登場でチケット買ってしまい、レベッカも始まり…
今年は息子の受験もあり大阪を離れられません(涙)
行けない分ヤボオさんのHP楽しみにしてますので
よろしくお願いします。

投稿: みーやん | 2010年5月24日 (月) 21時34分

ヤボヲさん、やはり広島へ行かれてたんですね!
クエスト参加したかったです。
濱田ドナ見たい!
レポ読んで広島行きを決定しました
濱田さんのウィナーとダンシング・クィーン聞きたいです!

投稿: kuffskuffs | 2010年5月24日 (月) 21時39分

ようこそ、広島へ!私は初日なのに前の席が取れて不安を感じていました。しかも翌日から空席一杯・・・そこへ、濱田ドナの画像が・・・通うぞ~!!the winnerで濱田さんの涙を見てグッときました。この一曲だけでも行く価値があります。それから、our last summerで泣けたのは初めて。・・・随所で体になじんだ保坂ドナともちがう快感、さすが濱田さん~!!そして、ダイナモスやってくれましたね~客席が一気に温まったって、同感です!さすが!!アリリサソフィも今度行くときはテンションあがってることでしょう。濱田ドナは気持ちの移り変わりが自然で、全体のセリフが少し変わってましたね。私は「双子の妹・・」けっこう好きだったんだと、なくなって気づきました。アンコールでは阿久津さんとラブラブでしたね。濱田さんうれしそうだった。この豪華なステージに多くの広島地方の方々が気づいて来てくれることを祈ります。

投稿: dreamer | 2010年5月24日 (月) 23時19分

たっちんさんこんにちは。

確かにあの衣装の写真はメディアに出ないので、劇場に行きたくなってしまいます。いやあ、思い出すだけでも笑いが・・・

投稿: ヤボオ | 2010年5月25日 (火) 00時52分

らべたんさんこんにちは。

おおッあのイベントご覧になったですか!知っていればあれだけ見学するために大阪に行ってしまいそうでした。江畑&苫田コンビはいいですねえ。

投稿: ヤボオ | 2010年5月25日 (火) 00時55分

nammuさんこんにちは。

なかなか本題に入らずくだらないネタをずらずら書いてすみません。めぐ様の初役を見る、ということ自体がイベントみたいなもので、ちょっと浮かれてました。

投稿: ヤボオ | 2010年5月25日 (火) 00時57分

みーやんさんこんにちは。

そうか、樋口エルフィー大阪初登場だったんですね。濱田エルフィーも大阪の人に見ていただきたいところですが、ちょっと遠ざかってしまいましたね。

投稿: ヤボオ | 2010年5月25日 (火) 00時59分

kuffskuffsさんこんにちは。

あはは、この適当ブログに書いてあることは、ひとつ話半分で・・・でも広島はとても素敵な街なのでぜひ楽しんできてください!

投稿: ヤボオ | 2010年5月25日 (火) 01時01分

dreamerさんこんにちは。

広島という素敵な街に暮らす方々にこそ、この素敵な舞台を観ていただきたいです。今回は時間があまりなかったのですが、またゆっくりお邪魔します!
今のアリ・リサは結構好きですね。

投稿: ヤボオ | 2010年5月25日 (火) 01時05分

はじめてコメントします。

四季を観てる方のブログを検索してたらたどり着いて以来、拝見させていただいてます!

私も濱田さん大好きです☆濱田ドナぜひ観たいっ!東京に戻ってきてほしいです

これからもちょこちょこおじゃまします!

投稿: ワタコ | 2010年5月25日 (火) 01時20分

初めまして~いつも拝見させていただいてます。
私も急遽、遠征を決めためぐ信者のひとりです。
ヤオボさん~同じ会場にいらっしゃると思ってました!!
観劇した後で感じた事が見事に文章にされていてスッキリいたしました。

ドナメイク&セクシー衣装のめぐさんは美し過ぎましたね。
ヘアースタイルも素敵。
(でもこれじゃ当分アイーダに戻れないじゃんって悲しみも感じましたが…)
確かにめぐさんの良さが生かされる曲ばかりではなかった気がしましたが『ウィナー』は特にぐっときました。
でも魅力的なドナだった事には間違いありません。

一方~阿久津サムはわざわざエジプトから持って来る意味があんのか?~ってくらいのオーラのなさにびっくり。

きっとあの撫で付けたような髪型のせいでしょう。
ま、ナベサムと組ませるくらいなら“お似合い”のカップルの方が嬉しいですけどね。
息の合い方もハーモニーも絶妙だし。
カーテンコールは本当にラブラブでしたしね。

では~長々とお邪魔しました。

投稿: TOKO | 2010年5月25日 (火) 07時11分

ワタコさんこんにちは。こんなあほブログを読んでいただき恐縮です。

東京公演、ありそうですね。切り札ドナ投入ということは、長期戦の構えでしょうし。

投稿: ヤボオ | 2010年5月26日 (水) 00時03分

TOKOさんこんにちは。

確かにあの髪型はヘンでした。なんか売れない噺家さんみたいで。あと、笑いを取るシーンを丁寧に演じすぎて、かえって逆効果だったような。渡辺正のほうがそこはうまいですね。今後の変化を面白がって見守りたいと思います。

投稿: ヤボオ | 2010年5月26日 (水) 00時06分

今日は仕事が早く切り上げられ、気づいたらアルソックホールへ着いていました。当日券で5列目ってどうよ?!広島県!恥ずかしくないのか!?今日はヤボオさんのブログを参考にデュエット中心に聞きました。S.O.S.いいですね~、そして、やはりour last summerいいな~。麻薬はなくなったけど。みんな張り切って演じてらっしゃるって感じでうれしいです。濱田さんはいい意味で肩の力が抜けたって感じ。軽くしっとり聞かせてくれたり、魔女が垣間見えたり。ロージーは低音でダンシングクイーンはもってました。こんな贅沢な舞台がガラガラなんて!!!もったいないよ~~~~~でも、ダンシングクイーンで手拍子が起こったのは私、初めて。温かかったです。私もアリリサ好きです。二人のロッテでアンニ演じられたんですよね。あのときの二人のロッテ素晴らしかった!喫茶TOHO行きました。手作り感良く、コーヒーもおいしかった!また、寄ろう。みなさん!広島に来てください!すごいマンマですよ!

投稿: dreamer | 2010年5月27日 (木) 00時44分

dreamerさんこんにちは。

あの大きなホールだと、さすがに平日は厳しい状況だろうと思います。

でも多少の空席など気にならないほど、熱い舞台ですからね!

投稿: ヤボオ | 2010年5月27日 (木) 01時53分

ヤボオさんはじめまして。
いつだったかこちらを見つけてこっそりのぞいておりました。
27日マチネ行ってきました@関東民
超キュートなめぐさまにノックアウトです。
濱田さん、3日目にして肩の力がだいぶ抜けたように見えました。
王女様や魔女の出現もあまりなく…。
静岡に来たら確実に通いますね。
阿久津サムのあの衣装は思わず爆笑してしまいました。
では、またお邪魔しに来ますね。

投稿: momo | 2010年5月28日 (金) 03時07分

明日はお休み~♪なので友人情報によると、席があまりないとのことで、今日はやめておきました。言い忘れがありました。ソフィーの髪型が自然になっていました。

投稿: dreamer | 2010年5月29日 (土) 18時26分

momoさんこんにちは。こんなばかばかしいブログを読んでいただきすいません。

もう演技が変わり始めましたか!濱田めぐみの魅力は変化していくことにもあるので、刮目して見なくてはなりませんな。次いつ見られるだろう?

投稿: ヤボオ | 2010年5月29日 (土) 23時45分

dreamさんこんにちは。

とてもとても楽しみ~♪とはいかなかったですか。
うひょー髪型変わった?それ聞いたらすぐにでも行きたくなってきましたよ。

投稿: ヤボオ | 2010年5月29日 (土) 23時47分

待望のめぐドナで私も広島遠征を考えましたがアイーダの楽決定で東京に帰って来るのを確信・・・?
ひたすら祈ります。
・・でも、その前にもう一度、めぐアイーダを見せて欲しい!(広島、静岡の皆様、ちょっとめぐちゃんを貸してね)

投稿: かず | 2010年6月 1日 (火) 22時32分

かずさんこんにちは。

そうですね、千秋楽までまだ日がありますし、アイーダ再登板も期待したいところです。

サムも一緒にタイムスリップしてくるでしょうか?

投稿: ヤボオ | 2010年6月 2日 (水) 00時24分

遅いレスですが
>dreamerさん
前日予約や当日券は、予備席が残っていてお得な席の場合がありますね。
京都のB&B土曜日なのに、6列目センター4席並びで前日に取れた事があります。

先日イベント日に観劇しましたが、楽しかったです。

投稿: kagehiro | 2010年6月 5日 (土) 22時26分

kagehiroさんこんにちは。
コメントありがとうございます。イベント楽しそうでいいですね!

投稿: ヤボオ | 2010年6月 6日 (日) 01時48分

 3回目、行ってきました!今回は二階一列目で、突発テーマは照明と”月”です。たしかに、ヤボオさんの指摘は正しいと思いました。ビルたちがドナに挨拶するときの照明、ソフィのウエディングドレスも月に見えました。
 女性を表しているとも、月と太陽のコントラストも実に納得できる解釈です。ビルとソフィのシーンにも月が出ますが、もっと白い月がいいですね。ラストも。小さい月を拡大するからぼけて見えるのでしょうか。
 わかりやすく、ドラマティックにはなりましたが、双子の妹は省略してほしくなかった。あと、ソフィがターニャにハグされるとき、なぜ遠回りするのか!?灯篭は2階だとよく見えますが一階だと低くてよく見えず残念。
 しかし、濱田さんは間の取り方がさらに絶妙になり、足にあざをこさえて熱演されていて、広島に濱田さんがいるんだ~と思うと幸せな気持ちになります。地元TVで「命かけてますから」というコメントをされていました。感動。サムがドナの”Ido”を聞いてすごくホッとしてうれしそうなのがいいな。私はソフィがスカイに服(スエットスーツ)を着せるシーンが好きです。こういうシーンがヒットを生んでるんだと思うなぁ。江畑さんの努力には脱帽。でも、吉沢ソフィがなつかしい。

投稿: dreamer | 2010年6月 6日 (日) 13時55分

ヤボォさんこんばんは(^^)
花組のaです。でも、MMも大好き。

しかし広島に飛ぶとは恐れ入りました!
ダディーズに仲間入りできるかも。

僕も友人と原宿でパンケーキをつつきながら、
「あの二人、ニューヨークの博物館じゃなくて
ギリシャで再会したら面白いよね~」
なんて話してたら、本当になってしまたw

ちなみに私のその友人は、名古屋にもMMを一緒に
見に行き、

本番中、スカイが
「証券取引所から逃げ出してきたんです」
と言ったら、思わず
「サバンナだと思う・・・。」
と小声でツッコミ、客席をざわつかせました。

投稿: a | 2010年6月 6日 (日) 20時51分

dreamerさんこんにちは。

やっぱりセリフカットされていたのですか。自分ではジョークのセンスがあるつもりでも実はイマイチ、というキャラクターが出る重要なシーンだと思うのですが。短くする必要ってあるのかフシギです。

投稿: ヤボオ | 2010年6月 7日 (月) 00時42分

aさんこんにちは。

今度はどこで再会するのでしょう?オズの国では会えなかったですし。ロンドンのごみ捨て場?オーストリアの邸宅?ここはひとつ、新作のパリの事件から10年後のマンハッタンで!

投稿: ヤボオ | 2010年6月 7日 (月) 00時56分

気づいたら、また、当日券売り場へ・・・ドナ、サム、ソフィ進・深化していました。とくにソフィ!メリハリきいててよかった!ドナはメイクも髪型も歌もソフトになり、親子度あがってました。ますます魅力的なドナです!セリフまわしもずいぶん変わっています。私にお金があったら広島の女性や学生を招待したいな~ホントもったいない!!!ナチュラルなマンマが好きなのですが、どんどんドラマチックになっていってます。意欲的な濱田さんと阿久津さんなら仕方ないのかな~全国のみなさん!広島に来るべきです~~~

投稿: dreamer | 2010年6月17日 (木) 22時29分

dreamerさんこんにちは。

また見たくなってきたであります。
キャスト固定状態がいつまで続くか?

投稿: ヤボオ | 2010年6月19日 (土) 01時16分

「初日に行く理由は何があるんでしょうか?二週目じゃダメなんでしょうか?」に笑いました

はじめまして。
YouTubeのウェブ限定PVを観て、「このドナ‥濱田さん」と驚き、検索して辿り着きました。
僕の中ではナラやアイーダ、強烈なエルファバ役の印象なのですが、ドナ役にキャスティングされていたなんて初めて知りました。

マンマ・ミーア!は[海]劇場の保坂さんと大阪四季劇場の早水さんを拝見しましたが、可愛い濱田ドナ観に広島まで行ってみたくなりました

あと、最後の月が投影‥
残念ですね。あの引き込まれそうな、丸くて白い眩しさでなければ
I have a dream...

投稿: リュウ | 2010年6月20日 (日) 00時56分

リュウさんこんにちは。たどりついたのがこんなあほブログですみません。

濱田めぐみは3週間見会わなければ刮目して見よという格言はないと思いますが、確実に演技は変わってきているはず。また広島に行きたくて仕方ありません。

投稿: ヤボオ | 2010年6月20日 (日) 22時46分

しつこくスミマセン。また、行ってきました。濱田さん、テンション高くなってました。私は結婚を重視してないっていうスタンスが好きだったのですが、今はずっと思いあってた二人ってラブストーリーになってしまってます・・・うん。ソフィはますます進化してます。そして、アドリブが聞こえる。大丈夫私はいいけど。広島の風で風味づけられたマンマどこへ行くのでしょう!?

投稿: dreamer | 2010年6月29日 (火) 00時47分

dreamerさんこんにちは。

いやあ本当に観たいですねえ。ドナもソフィも。男性陣はちょっとずつ変わっていくのかな。

投稿: ヤボオ | 2010年6月29日 (火) 01時22分

5回目、行ってきました!広島が育てたマンマを見たくて・・愛し合った二人は結ばれる、というストーリーじゃないマンマがいいな~。アイーダが垣間見える~・・・ノリで結婚したけど・・・やっぱりドナは・・・みたいなマンマが好きだな~。あと少しの広島ですがこの路線なのかな~?
サムが笑いをとっていました。いいな~。Does your mother knowの3番目にアタックする白シャツの人が気になります。

投稿: dreamer | 2010年7月14日 (水) 23時16分

dreamerさんこんにちは。

もうすぐ広島公演も終了ですね。
結局一度しか行けませんでしたが、静岡でまた観たいと思います。

投稿: ヤボオ | 2010年7月16日 (金) 01時22分

はじめまして。マンマミーアが大好きで、ネット徘徊してたらこちらを見つけ拝見いたしました。僕は福岡で初めて見てハマり、その後名古屋、広島、静岡と行きました。ちなみに名古屋に住んでおります。

しかし、詳細なレポートで四季のことをよく知らない(マンマ・ミーアしか見たことないので、笑)僕には勉強になりますねぇ。濱田めぐみさん、すごく人気のある方なんですね。時々出す変なお声が印象的でした。
ps.あれは「係り結び」ではなく「反語」です。

投稿: まんまみ男 | 2010年8月13日 (金) 12時59分

まんまみ男さんこんにちは。はじめまして。

マンマ・ミーア!は、ABBAの音楽もさることながら、脚本の完成度が高いので本当に何度観ても飽きません。

自分もこの10年では一番回数観てるんじゃないかな?と思います。

投稿: ヤボオ | 2010年8月13日 (金) 23時38分

師匠、ご無沙汰しています。

静岡でのマンマ、幕が上がりました。
見てきましたよ、地元ですので。

大方、広島公演と同じキャストですので問題はなかったです。

でも、めぐめぐ、いいですねえ。
彼女はどこまで幅が広い役者になるんでしょうか?
今後にも期待どころか、感服です。

http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/52537085.html

投稿: よしぼう | 2010年8月14日 (土) 13時40分

よしぼうさんこんにちは。

おっ地元でありましたか。静岡行きたい行きたい!新ソフィにも大注目です。んー東京ではどうなるんだろう?

確かにめぐ様依存度がどんどん高くなって、これでいいのかって感じはしますねえ。役者ではなく作品を観ろ、とかよく言えたもんです。

投稿: ヤボオ | 2010年8月15日 (日) 22時57分

ヤボオさん、こんばんは。静岡通ってらっしゃいますか? 僕は名古屋に住んでますが、参戦三回を目標にしてましたが、29日に達成しました。来週も再来週も行きますので、静岡公演はお盆で帰省した休み以外はすべてマンマに捧げました。地元の名古屋公演時には二回しか行かなかったのに、なぜ静岡はこんなに行きたくなるのか? 自分でもよく分からなかったのですが昨日、見てて分かりました。濱田めぐみさんが見たいんです! 僕もメグ信者に入れてください。よろしくお願いします。

投稿: まんまみ男 | 2010年8月30日 (月) 05時11分

まんまみ男さんこんにちは。

やあ、それはすごいヘビーローテーションですね。敬服します。

めぐ信者ってのはなろうとしてなるものじゃなくて、気付いたらなっているものです。

投稿: ヤボオ | 2010年8月30日 (月) 23時32分

濱田さんもあっくんもエジプトにいなくて
アイーダが私の中で
盛りさがってしまって寂しかったので
千秋楽で初マンマ行って来ました。

濱田さん久しぶりだったので大興奮でした。

最初からオペラグラスに目を押しつけて
泣くの我慢していたら
鼻水出て来てしまいました。
しまりがなくて
我ながら呆れました。。。。。。。

なんでしょうかね。
あの声にオーラにやられちゃって
女性で始めて

想像妊娠しそうですよ。


私もいつの間にかめぐ信者だったみたいです。


関係ないですが
ヤボオさん特効野郎笑えました。
いつも笑いながら楽しい気持ちにさせてくれて
その場に連れていってくれるようなコメントで
尊敬いたします。
これからも楽しみにしております。


投稿: もことんとん | 2010年9月13日 (月) 00時06分

もことんとんさんこんにちは。

わたしも千秋楽、ちょうど静岡に行く用事があったので参戦予定でチケット買ってたんですが、時間が合わなくなってしまい諦めました。

行きたかったですなあー。

投稿: ヤボオ | 2010年9月13日 (月) 23時55分

ヤボオ様

それは残念でしたね。
お仕事忙しかったのでしょうか?
夏の疲れも出てくる頃ですので
お体ご自愛下さいませ。

でもこの後仙台も東京も来てくれるので
いつでも行けそうですね。

私チキチータの時のドナってなぜか
早水さんのイメージなんですよね。
もちろん濱田さんも素敵でよかったんですが
早水さんの年代くらいでお酒飲むときの
ドラエ○モンのようなオーバーオールお姿が
妙にリアルで・・・・・・。

早水ドナ
見てみたかったなあ。

ベルを坂本さんもやっているなら
いろいろな役ちょっと前やっていた人にも
時々やって欲しいなぁー。
なんて思ってしまいました。
もちろん濱田さんベルとかも。
今の四季では無理なんでしょうか?


私は濱田さん観戦したら
次は
沼尾マリア行きたいです。
そういえばキヨミチも出ていたし・・・。
真面目なキヨミチ
まだ見ていないのです。

投稿: もことんとん | 2010年9月14日 (火) 11時33分

もことんとんさんこんにちは。

たしかに沼尾マリアは見たいです。

いっそ坂本ドナというのもありかも・・・

投稿: ヤボオ | 2010年9月15日 (水) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「マンマ・ミーア!」 広島公演開幕 超絶かわいい濱田めぐみドナ:

« 衝動的に! | トップページ | 東京ディズニーランド 帰ってきたキャプテンEO »