« なんばグランド花月 GW特別興行 | トップページ | AKB48チームK 6th Stage「RESET」公演 »

2010年5月15日 (土)

北区つかこうへい劇団 「熱海殺人事件~友よ、いま君は風に吹かれて」ほか

北区つかこうへい劇団が、3作品の同時上演を行うという。しかも1本あたりの入場料は1000円。2本目からは800円で、3作品ぜんぶ観ても2600円だ。前回、昨年12月にこの劇団を観にきたときは1人芝居でチケットは500円だったが、今回もつかイズム全開である。

上演されるのは「熱海殺人事件~友よ、いま君は風に吹かれて」「売春捜査官」の2本と、同劇団の劇作家・演出家コースから生まれた新作「柵の中の鬼ごっこ」。自分はこの公演の初日昼に続けて上演された「柵の中の鬼ごっこ」「熱海殺人事件~友よ、いま君は風に吹かれて」を観てきた。

会場は前回と同じ北とぴあの「ペガサスホール」。AKB劇場なみに小さなライブスペースだ。今回は階段状の座席をびっしりと並べ、120~130席ほどを設けている。初日ということもあって、ほぼ満席の入りだった。

まず「柵の中の鬼ごっこ」を鑑賞。1時間弱の短編ながら、差別や生命の問題に正面から向き合いつつも最後は明るい希望を感じさせて終わるという、つかこうへいの門下生らしい一作だ。つかこうへいの芝居は深い闇や鋭い洞察を内包しつつも、外に向かっては劇場に足を運ばずにはいられなくなる優れたエンターテインメント性を発揮する。どんどん新しい才能を世に送り出し、日本のエンターテインメント界をおおいに盛り上げてほしいと思う。

そして「熱海」。多くの別バージョンが存在するこの作品だが、この「友よ、いま君は風に吹かれて」はオーソドックスなバージョンに近いと聞いて、楽しみにしていた。「モンテカルロ・イリュージョン」も「売春捜査官」もいいが、やはり自分はこの基本バージョンが大好きだ。

舞台上には2つの机。まだ観客席がざわついているうちに、静かに流れ始める「白鳥の湖」。それに気づいて客席が静まってくると、突然鳴り出す黒電話。そして一瞬暗転、スポットライトが木村伝兵衛の姿を浮かび上がらせると「白鳥の湖」の音量はMAXに。木村伝兵衛も何か大声で指示しているが、まずその内容が観客に届くことはない――久しぶりに味わう「熱海」のオープニングに思わず身震いがした。

確かにオーソドックスなバージョン、まさに自分がつか作品にはまった90年代の池田成志が木村伝兵衛を演じたものに近く、ところどころ懐かしくも感じたが、実は警視庁に転属してくる刑事・熊田留吉に関して新たな設定がなされていた。この設定がともすればほのぼのしがちな取調室(という1場面しかこの舞台には存在しない)の雰囲気に、大きな緊張感をもたらしていた。

2時間を超えることもある「熱海」だが、このバージョンの上演時間は90分ほど。なので後半、スナカメや先輩の出てくるあたりを中心にはしょられていたが、かえってスッキリしてよかったかもしれない。

90年代の、池田成志、平栗あつみ、春田純一、山崎銀之丞という濃い面々に比べれば、今回出演した川畑博稔・那須野恵・井上賢嗣・古屋太朗はまだまだ薄味かもしれないが、それぞれ個性的で見ていて楽しかった。那須野恵は非常にカツゼツが良くて、水野君という役にはピッタリである。

この「熱海」という作品、自分の中で少し感じ方が変わった。そこで繰り広げられるドタバタ劇や殺人事件に、人間のおかしさや悲しさを感じながらも、以前はそれらをどこか遠い存在として見ていたように思う。しかし、今回より小さな劇場で見たからか、それともちょっとばかり年を取ったからなのか、登場人物たちの心の動きを、自分の中に感じ取ることができた。容疑者・大山金太郎も、被害者、アイ子も、そして木村伝兵衛も、すべて自分の中にいる。そういう視点で見ると、この作品のやや古くさい設定など気にならなくなり、今日的な、それもリアルな日常としてこの作品をとらえることができる。あのピアノのBGMが流れる中、熱海の海岸での出来事を再現してみせる2人を見ながら、ちょっとだけ涙が浮かんだ。

「売春捜査官」も4年ほど前に観て以来なので、できればまた訪れたい。そのときは半券を忘れずに行こう。800円になるから。

201005151222000

だいぶスカイツリーがのびてきました

北区つかこうへい劇団のホームページ
http://www.tsuka.co.jp/

|

« なんばグランド花月 GW特別興行 | トップページ | AKB48チームK 6th Stage「RESET」公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北区つかこうへい劇団 「熱海殺人事件~友よ、いま君は風に吹かれて」ほか:

« なんばグランド花月 GW特別興行 | トップページ | AKB48チームK 6th Stage「RESET」公演 »