« 杉並TVの活動 | トップページ | 四季「アイーダ」こっちの鈴木もいいですな »

2010年4月24日 (土)

四季「春のめざめ」再演 ヤツらが帰ってきた

ベンドラ 林 香純
マルタ 撫佐仁美
テーア 岸本美香
アンナ 山中由貴
イルゼ 勝間千明
メルヒオール 上川一哉
モリッツ 三雲 肇
ハンシェン 一和洋輔
エルンスト 竹内一樹
ゲオルグ 白瀬英典
オットー 加藤 迪
大人の女性 中野今日子
大人の男性 田代隆秀
女性アンサンブル 石井亜早美、橋本 藍
男性アンサンブル 山下 啓太、手島 章平

お蔵入りになることなく、めでたく再演となった「春のめざめ」。これはぜひ四季のレパートリーとして今後も定期的に上演してほしい。音楽性の高さやスタイリッシュな空間演出で、歴史に残る名作なのだから。もちろん個人的にも大好きだ。

アイーダを観ているうちに(というかほのかアムネリスを見ているうちに)体調もちょっとよくなった気がするので、調子に乗ってそのまま自由劇場へ。

あまり時間を置かずに再演が決まったため、キャストも大きくは変わっていない。主役は退団したらしい柿澤勇人に代わり上川一哉。前回公演でも、わずかな期間メルヒオールを演じている。そのときは未見だったので、彼の演じるメルヒオールは初めて見た。歌は柿澤勇人よりうまいと思うし、演技にも安定感がある。あえてぜいたくを言えば、安定しすぎていて、「危うさ」があまり感じられない。柿澤の場合、演技というより、どこか四季っぽくない部分があって、それが図らずも観客の目には「危うさ」となって映っていた部分がある。

林ベンドラは、「ドリーミング」チレット役の好演が記憶に新しい。顔つきが少しシャープになった。

勝間千明イルゼは、意外に(?)良かった。金平真弥の印象が強烈すぎたのでどうしてもその影を追ってしまうが、歌も、そして複雑な感情を浮かべる微妙な演技も、実に熱のこもったものだった。

そういえば開演前、ロビーで「(女)遅刻なんてサイテー!」「(男)俺トイレ行くから一緒に2階に上がってよ(と、女の手をつかんで引っ張りまわす)」「(女)このハンドタオル買ってよ!」などと、ベタな会話を交わしているカップルがいたが、アレだった。まあ、ロビーパフォーマンスみたいなものか。見つけたら遠巻きにウォッチしよう。

「春のめざめ」ホームページ

http://www.shiki.gr.jp/applause/springawakening/

|

« 杉並TVの活動 | トップページ | 四季「アイーダ」こっちの鈴木もいいですな »

コメント

相変わらず渡辺運がよろしいのですね。
どうぞいろいろお大事に。

未見の「春のめざめ」名古屋まで来たら…と迷っています。
ヤボオさんの「歴史に残る名作」に心が動きました。
テンション低目安定の自分でも楽しめるでしょうか。
そんな楽しいロビーパフォーマンスが見られるなら行ってもいいかも。

投稿: syo | 2010年4月29日 (木) 08時48分

再演『めざめ』に行ってきました。
初演からいるメンバーは更にエネルギーが増幅し煮えたぎっているように見えましたが、上川メルヒはヘンに落ち着いちゃってるカンジがしました 大人タチや世間の汚さ・理不尽さを受け入れちゃってる物分かりのいい生徒で柿澤メルヒの挑んでるギラギラしたイメージとは別物のようで物足りないカンジでした。歌もお芝居もいいとは思うので好みの差でしょうか
四季版CDを早く出して欲しいものです

投稿: らいもん | 2010年4月29日 (木) 23時39分

syoさんこんにちは。

いずれは名古屋でも上演あるでしょうね。
好き嫌いの別れる作品なので誰にでもお勧めできるわけではないのですが、ミュージカルの可能性は無限だ、と何回目かの再認識をさせてくれる作品です!

投稿: ヤボオ | 2010年5月 1日 (土) 02時47分

らいもんさんこんにちは。

そうですね、確かに落ち着いちゃってます。
この作品は四季っぽくなってはいかんと思うのです。完成度よりも、爆発するエネルギーを優先した舞台にしてほしいです。ロックだからね。ヨロシク!

投稿: ヤボオ | 2010年5月 1日 (土) 02時50分

こんばんは。

いつも拝見させて頂き、観劇の基準に
しています。また、舞台の解釈も非常に
楽しく読ませて頂いています。

僕も、早い再演に心躍った
『春のめざめ』を観劇して来ました。
感想としては、初演のあの「危うさ」は薄れ
悪い意味で「安定」していて
感情移入が出来ませんでした。
この作品は、公演毎に新しいCASTが
演じてくれるといいなぁ・・・と思いました。

投稿: IHO | 2010年5月 3日 (月) 19時46分

IHOさんこんにちは。こういう偏向したブログを基準にしてはいけないと思うのです。

確かにこの作品は、常にこなれていないキャストが演じるほうが、メッセージは伝わりやすいかもしれないですな。観るほうもドキドキしますし。

投稿: ヤボオ | 2010年5月 3日 (月) 22時34分

こんばんは。
茨城空港の見学にいこうかとも思ったのですが、自由劇場へ行ってきました。
確かに林さん、お顔がシャープになっていましたね。もっさりした衣装なので、太めに見えてしまうのが残念です。
ふと思ったのですが、林ソフィなんていかがでしょうか?「20歳よ!」のセリフに違和感がなさそうですし。

投稿: らべたん | 2010年5月 3日 (月) 23時00分

らべたんさんこんにちは。

林ソフィーの成否を分けるのは、やはりあの外巻きヘアーが似合うかどうかではないかと思われます。

個人的には谷口あかりソフィーが見たいかな?すいません、代表と趣味が一緒で。

投稿: ヤボオ | 2010年5月 4日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「春のめざめ」再演 ヤツらが帰ってきた:

« 杉並TVの活動 | トップページ | 四季「アイーダ」こっちの鈴木もいいですな »