« 高田馬場で昼食×3 | トップページ | 三谷幸喜 作・演出「TALK LIKE SINGING」 »

2010年2月27日 (土)

コッラ・ヴォーチェ ウィンターコンサート J.シュトラウス「こうもり」

このへんの中の人から、オペラ練習グループの発表会に出るので来いと言われて早稲田にやってきた。会場はキリスト教系の財団が管理する早稲田奉仕園だ。

出演は「コッラ・ヴォーチェ」というグループで、演目はヨハン・シュトラウスによるオペレッタの金字塔「こうもり」。オペラにあまりなじみがない自分なので、オペレッタというとだいぶ昔に「メリー・ウィドウ」を見たぐらいだ。「こうもり」の序曲はそんな自分でもよく知っているメジャーな曲だ。特に、映画「帝都物語」のエンディングで流れていたのが印象的だった。

練習グループといっても、なかなかの実力だ。自分は素人だが、こういう力のある人たちが市井に息づいているのだから、日本の文化レベルは決して低くない。もっと発表の場が多ければ、世の中面白くなると思う。youtubeやUSTREAMといったネットサービスでさまざまな才能が世に出てくるようになったが、やはり感動の波及はライブがもっとも強力だ。

今回の舞台となったのは奉仕園内のホールで、恐らく礼拝や結婚式にも使う会場なのだと思う。アメリカでは、教会でミュージカルの公演が行われることもあると聞く。日本も公民館など公共施設が多いが、それらが十分に活用されていないように感じている。これらを生かし、さまざまな「場」をつくっていくことが、地域の活性化につながるはずだ。そのためには、もっとそうした空間を「使おうとする」努力をしなければいけないのかもしれない。俺もなんかやろうっと。とりあえずUSTREAMでこのブログのライブ版とか近々できたらな、と考えています。

201002271452000

早稲田奉仕園

|

« 高田馬場で昼食×3 | トップページ | 三谷幸喜 作・演出「TALK LIKE SINGING」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コッラ・ヴォーチェ ウィンターコンサート J.シュトラウス「こうもり」:

« 高田馬場で昼食×3 | トップページ | 三谷幸喜 作・演出「TALK LIKE SINGING」 »