« コッラ・ヴォーチェ ウィンターコンサート J.シュトラウス「こうもり」 | トップページ | 茨城空港 開港 »

2010年2月28日 (日)

三谷幸喜 作・演出「TALK LIKE SINGING」

ターロウ 香取 慎吾
ダイソン 川平 慈英
ニモイ 堀内 敬子
ブラザー 新納 慎也

昨年11月にニューヨークでの初演を果たした、三谷幸喜の新作ミュージカル「TALK LIKE SINGING」。その凱旋公演という触れ込みの東京公演は1月半にも及ぶ長い期間なので、いずれ見ようと思っているうちに千秋楽が近づいてしまい、慌ててチケットを確保し赤坂ACTシアターへ。

「歌うようにしか話せない」特異な体質を持つ青年をめぐり、精神科医と言語学者が奮闘する騒動のてんまつを描く、ミュージカル・コメディー。音楽をピチカート・ファイヴの小西康陽が担当している。

この作品はかなり実験的な要素が強い。日本語の分らないニューヨークの人たちに、日本語のミュージカルを見せて感動させる、という実験だ。だから、この日本公演の持つ意味は、その実験内容を日本人に報告する、というものである。普通に「演劇を楽しむ」という姿勢とは異なる、より客観的に、冷静に見守ることが要求される。そもそもオフ・ブロードウェーの小さな劇場で観ることを前提に設計されているから、そこも脳内補正が必要だ。

そしてこの実験が、そのまま舞台のテーマにもつながっている。人間にとって「言葉」とは何か。そして「言葉」の本質的な限界をどう乗り越えるか。1幕2時間のみのライトなコメディーの中に、そんな深淵にして壮大なテーマが流れている。ミュージカル、という手法はそのテーマを表現するために必要だから採用されただけのようにすら見えた。

英語と日本語がごちゃまぜになって進行するのも、このテーマを掘り下げるための実験のひとつだ。オペラやミュージカルの来日公演で活躍する「字幕ボード」のパロディーも。

今回、三谷の力のかなりの部分はそれら実験的な手法に注がれており、彼の脚本の緻密な構造で魅了するという持ち味に期待して観劇するとやや肩透かしを食らう可能性が高い。いや、ひょっとしたらより高度な見方をすれば、その緻密さに圧倒されるのかもしれないが、自分ぐらいの素人レベルでは、それを読み解くことはできなかった。

こういう、明確な意図をもって作られた舞台は、その意図を理解しないとなかなか評価を得にくい。三谷でいえば、「恐れを知らぬ川上音二郎一座」がそうだった。あれは「大衆演劇とは何かを問う」という意図をもって作られていたのだ。

だから、この作品も評価としてはあまり芳しいものにはならないかもしれない。しかし、自分は三谷幸喜の、人気作家になってなおこういうあくなきチャレンジを続けるその姿勢に、大いに敬意を表したいと思う。

あくまで個人的な感想を言えば、もう堀内敬子に尽きる。俺が堀内敬子をどれだけ好きかということについては、このブログでさんざん述べてきたのでくどくど書かないが、ベルもマコもジェリーロラムも、木村花代が出てくるまでは彼女以外に考えられなかったほどである。その堀内敬子の歌が存分に、とまではいかないが、かなり堪能できるのがまず嬉しい。ソロもある。本当に嬉しい。また、彼女の役どころは「歌」を決して歌おうとしない言語学者。ミュージカル女優としてトップクラスの実力を持つ彼女が、そういう役を演じるというのも、作品のテーマに通じるものがある。

三谷に見いだされて以降、舞台女優として、コメディエンヌとして、ますます活躍の幅を広げているのも、ファンとしては嬉しい限りだが、それでもなお、やはり彼女が立つべき舞台はここではない、と思っているのも事実だ。郷愁だと言われてもいい。やはり堀内敬子にはグランドミュージカルに戻ってほしい。四季では坂本里咲や五東由衣がベルを演じているのだ。まだまだ役は豊富にある。エビータも見たい。グリンダも諦めてはいない。時間がたったら、ドナやロージーでも見たい。四季に戻らなくたって、ファンティーヌという手もあるだろう。

とにもかくにも、日本の新作をニューヨークで初演する、という野心的な試みを成功させたスタッフ・キャストの皆さんには、心から称賛の拍手を送りたい。いま日本に一番欠けている元気が、劇場にはあるのだということをこれからも示していってほしいと切に願う。

「TALK LIKE SINGING」公式サイト
http://www.tls2010.jp/

|

« コッラ・ヴォーチェ ウィンターコンサート J.シュトラウス「こうもり」 | トップページ | 茨城空港 開港 »

コメント

こんばんは。
観たいなぁ…と思いつつ、気づいたときにはエジプトにお金を使っていました。

堀内さん、着実にキャリアを積んでいますね。
でも客演でも良いから帰ってきて頂きたい!!
エジプトもSOMもあなたを待ってますよ。と届かぬエールを送っています。

投稿: らべたん | 2010年3月 1日 (月) 04時07分

らべたんさんこんにちは。

おおッそうですサウンド・オブ・ミュージックもありますね。

久しぶりにあの声を聴いてしまうと、もういてもたってもいられません。コンサートでも開いてくれないかなあ?

投稿: ヤボオ | 2010年3月 2日 (火) 01時43分

はじめまして、ヤボオさん。

初めてこちらのブログにお邪魔した時(たしか四季関連の検索です)あまりに面白くて、
なんだか三谷さんのエッセイを読んでいるみたいな気分になったこを思い出します。
もう何年か前のことになりますが。

夢中ですべてのカテの記事を読んで爆笑させて頂きました。
最近はディズニーへのお出掛けはなさらないのでしょうか?(一人ランチショーの記事が好き)

三谷作品は、地方人でありチケットもなかなか取れず観ることがかないませんが、
こちらを読んで楽しませて頂きます(^.^)
長文の上トピずれ申し訳ありませんでした。

 追伸 私も昔「オケピ!」を観たこと、ちょっとした自慢です(^^ゞ

投稿: みんと | 2010年3月 3日 (水) 17時51分

みんとさんこんにちは、はじめまして。こんなあほあほブログを読んでいただき恐縮です。

面白いことも書けなくてどうもすみません。もっとがんばって立派なダメ人間になり、このブログでご報告したいと考えている次第であります。

投稿: ヤボオ | 2010年3月 4日 (木) 00時56分

ヤボオさんのブログ楽しくて大好きです。

ところで、この作品ぶっちゃけ面白かったですか?正直に教えてください。出演者スタッフ一同頑張ってたのはわかりますが・・どの作品だって頑張ってるのは同じですよね。NY初演の特番を観てぶっちゃけつまらなそうだなと思ったのが正直な感想です。500円なら観てもいいけど100円以上出す気にはなれませんでした。正直下北沢向けの作品だと思いませんか?オオバコでやるような作品なんでしょうか。「三谷」ブランドでスポンサーもつくだろうしNY初演もACTシアターも借りられるかもしれません。香取も出てるし・・何よりターロウの絵でごまかされるジャニーズ商法にはゲンナリしました。世間では三谷=面白い、とされているから批判はしずらいのですが、とても面白そうには思えません。

投稿: とまと | 2010年3月 5日 (金) 12時41分

とまとさんこんにちは。コメントありがとうございます。

面白いかどうかは主観的なものですし、見て判断するしかないと思います。

ただ、今回の作品はオフ・ブロードウェーの小さな劇場でアメリカ人が見ることを前提に書かれたものです。だから、この東京公演はあくまで「米国でこんな実験をしてきましたよ」という報告でしかない。それにしては会場も大き過ぎ、期間も長過ぎ、という気がしないでもないですね。

投稿: ヤボオ | 2010年3月 6日 (土) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三谷幸喜 作・演出「TALK LIKE SINGING」:

« コッラ・ヴォーチェ ウィンターコンサート J.シュトラウス「こうもり」 | トップページ | 茨城空港 開港 »