« メリークリスマス! | トップページ | お正月の風景 »

2009年12月25日 (金)

石丸幹二&白井晃「兵士の物語」

四季退団後の石丸幹二の活動は知っていたが、なかなか観る機会を得られなかった。それが、年の瀬も押し迫った12月25日にようやくかなうことに。白井晃演出、ストラヴィンスキーによる音楽劇をベースにした「兵士の物語」だ。

これは今年はじめに上演された「イノック・アーデン」同様、「言葉と音楽のシリーズ」と銘打たれた、基本的には朗読劇だ。登場人物は石丸幹二のみ。大きな本を片手に、朗読と演技の中間を行くようなパフォーマンスを1時間15分にわたり繰り広げる。音楽劇がベースだが石丸が歌うことはない。ピアノと、パーカッションの音楽が朗読と効果的に交じり合い、独特の空気感を生み出していく。

物語は、休暇で故郷に帰ってきた兵士が悪魔と出会い、自分の心の象徴であるバイオリンを悪魔に渡す場面から始まる。ひきかえに手にした幸福、そこから感じる虚無感、悪魔との確執、勝利、敗北――を淡々と描いていく、という暗示に満ちたストーリー展開だ。

とにかく石丸幹二の体全身から発せられているように聞こえる「言葉」が圧倒的だ。声楽家として鍛えられた声、四季で学んだであろう発声法、石丸自身の演技、白井晃の演出、とさまざまな要素がミルフィーユ式に積み重ねられ、その上に「音楽」が絶妙のバランスで加わる。すべての言葉に、そうしたリッチな情報が高密度に圧縮されていることから生じるパワーはすさまじい。しかし、その圧縮の仕方は力任せのものではなく、極めて繊細で、それこそパティシエの技のようなデリケートで緻密な技巧に満ちている。

この至高の言葉を浴びるように聞いているうちに、恍惚とした快感に襲われてくる。そんな魅力を秘めた舞台だ。

役者としての白井晃は「オケピ!」はじめ何度も目にしているが(俺は初演も再演も青山劇場に足を運んでいるので、彼のサックスもコンダクターも見ている。自慢)、その演出は初めて目にした。何とも細やかな演出で、彼のほかの作品もぜひ見たいと感じた。

また、こうして自分のアーティストとしての原点を見つめ、その基礎を磨き上げながら新境地にチャレンジしている石丸幹二。そうして力を蓄えた彼を、またグランドミュージカルの舞台で見たいものだ。やはりバルジャンか、ジャベールか。いやいやトート様でも!

とにかく、石丸幹二と白井晃の舞台に対する真摯な姿勢が300%感じられる舞台である。だからあえて言うが、真面目すぎるほどの舞台なので、それなりの覚悟をして臨んだほうがいい。エンターテインメントの要素はほとんどない。

だが、そんな生真面目な舞台なのに、観客の側も1時間15分、集中力を切らさずに見ることができる。作品の力、役者と演出家の技がそれを支えるのだ。

自分が見たのは初日で、このあと28日まで計6回の公演が東京であり、そのあと大阪公演が控える。やはり固い舞台はこの不景気では敬遠されるのか、当日券も出ているようだ。こういう時代だからこそ、逆に硬派な舞台で自分の感覚を研ぎ澄ますのもいいかもしれない。

「兵士の物語」ウェブサイト

http://www.heishi.jp/

今回の会場は、イッセー尾形の「わたしの大手町」同様、大手町の日経ホール。職場からとっても近い。大手町でイッセー尾形や石丸幹二が見られるなんて、いい時代になったものだ。

|

« メリークリスマス! | トップページ | お正月の風景 »

コメント

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

退団後の石丸さんの舞台はまだ観ていませんが、年末のBSで蜷川さんのコースト オブ ユートピアを観ました。石丸さんはとても自然に舞台の上にいらしたと思います。他の方が割合はっきりしたお芝居をされているように感じたからかもしれません。

今年は生の舞台の石丸さんを観たいです。バルジャンとジャベールはどっちが似合うでしょう? もう少し若ければマリウスが観てみたかったですね。

投稿: 千尋 | 2010年1月 2日 (土) 20時18分

千尋さんこんにちは。

今回は、石丸氏の真摯な演劇姿勢が光る作品でした。こういう人こそ、エンターテインメント色の強いグランド・ミュージカルに出て欲しいですね。

投稿: ヤボオ | 2010年1月10日 (日) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石丸幹二&白井晃「兵士の物語」:

« メリークリスマス! | トップページ | お正月の風景 »