« 東宝「パイレート・クィーン」山口祐一郎が青年?海賊 | トップページ | 北区つかこうへい劇団・尋 由帆一人芝居「蒲田行進曲~小夏の青春~」 »

2009年11月29日 (日)

ブルーマン 東京公演 千秋楽

ブルーマン東京公演がちょうど2年間ロングランし、千秋楽を迎えた。その最終公演に参加。初日と千秋楽、両方を観られたのはブルーマンファン冥利に尽きる。

112901

通算何回観たんだろう。エントリーは上げていないが、6~7回といったところか。2年間も公演していたわりには、少ないかもしれない。理由を無理に探せば、ステージには全く不満がないものの、やはりブルーマンはアスター・プレイスのあの劇場で観るもの、という考えが頭のどこかにあるせいかもしれない。

別に俺は何もかも「本場」で観ることにこだわるわけではない。ミュージカルにしたって、作品によっては日本の公演のほうがブロードウェーやウエストエンドを超えているものもあると思う。しかし、ブルーマンに限って言えば、やはりこの公演のために建てられたインボイス劇場は広すぎる。ブルーマンの技と笑いは、オフ・ブロードウェーの狭く、怪しげな空間で極大化するのだ。それは、昨年末、東京公演続行中にもかかわらずニューヨークで観たときに確信した。

とはいえ、ブルーマンを電車で観に行ける。その幸せを十二分に感じられた2年間だった。

入場時には記念のポストカードと大入り袋が配られた。売店を覗くと、舞台でブルーマンが「制作する」アート作品を販売していた。一点8000円。うーん、今の逼迫した財政状況を考えると…でも買っちまった。

いつもと同じように、いや、観客のノリがいつもよりちょっとだけいい雰囲気の中、公演が進む。そして最後のカーテンコールには、「ありがとう また会う日まで」というメッセージが表示され、計713公演、47万人を動員したブルーマン東京公演は幕を閉じた。

終演後のロビーも、いつも以上の大賑わい。それでもなんとか写真を撮る。名残惜しかったが、感傷的になるのも嫌なので、この写真を撮ってからすぐ足早に会場を後にした。

112902

けやき坂のイルミネーションを眺めながら六本木駅に向かいつつ、もう来週からブルーマンはこの街にいないのだ、と思うと、やはりちょっと感傷的になってしまった。

アジア地域でのロングランを実現したことで、今後ワールドツアーなども企画されるだろうし、日本でまたブルーマンを観られる日はそう遠くないかもしれない。それまでは、がんばってお金を貯めて、アメリカに会いに行くとしよう。

サンキュー、ブルーマン。また会おう!

112903

玄関に飾ってみました

ブルーマン東京公演ホームページ
http://blueman.jp/main.html

|

« 東宝「パイレート・クィーン」山口祐一郎が青年?海賊 | トップページ | 北区つかこうへい劇団・尋 由帆一人芝居「蒲田行進曲~小夏の青春~」 »

コメント

ヤボオsan
こんばんわ。
はじめてコメントさせて頂きます。

ブルーマン。
私は、6年程まえにNYで観劇して、
残念ながら日本で一度もみませんでした。。
(ぷち自慢:NYではブルーマンと2ショット写真撮って貰えましたよ♪)

最近はもっぱら、劇団四季の観劇で、
今日、「アイーダ」行ってきました!
アイーダ東京公演始まったくらいから、
ちょくちょく「見学商売」拝見させて頂いていて
ヤボオさんのコメントは(過去の記事も含め)
とっても共感でき、「そう!そう!」って、うなづきの連続です!

アイーダは、月いちのペースで観劇していて
 10月:渡辺ラダメス
 11月:金田ラダメス
 12月:渡辺ラダメス(本日)でした。

私の、渡辺ラダメスの評価もかなり低く、、、
金田ラダメスの時は気分が上がりました!
そして、今日、劇場に着いてキャストボードを見ると、
またまた渡辺ラダメス・・・気分がいっきに下りました。。

だけど、
今日の渡辺ラダメスは前回の渡辺ラダメスと違ったのです。
元気がないのです。

なんだが、目線も塞ぎがちに思えました。
皆からの酷評が分かっていて、
「自分は望まれなていない」って思っているかの様で。。
なんだか、ちょっと切ない感じがしました。
(気のせいかも知れませんが・・・)
カーテンコールでも、元気が無かったし。

調子に乗った感じの、浮ついた感がなく、
アイーダへ触れる時も、金田ラダメスの様な優しさが感じられました。
今日の渡辺ラダメスには、好感がもてました。

長くなってしまいました。。。


投稿: sawasawa | 2009年12月 2日 (水) 04時11分

sawasawaさんこんにちは。初めまして。

日本でもニューヨークでも、同等レベルのパフォーマンスが観られるという意味では、本当にいい時代になりました。現地に行く楽しみが薄れる!という人もいるかもしれませんが、なかなか海外にはちょくちょく行けません。

渡辺センセイは演技変えたんですかね。それともお腹でもいたかったのか。まあ初日登板や突然のキャスト変更とかでなければ渡辺ラダメスでもぜんぜんOKなんですが、そろそろ阿久津・福井ラダメスを久しぶりに見たいところです。

投稿: ヤボオ | 2009年12月 2日 (水) 23時06分

ヤボオsan

こんばんわ。

私もちょくちょく海外にはとても行けません。。

渡辺さん、おなか痛って...Σ(・。・;)

阿久津ラダメスに私も会いたい!
劇団四季にはまり初めた頃、
アイーダは大阪公演で、もう福井ラダメスに変わっていて
実は、まだ阿久津ラダメスにお会いした事がないのです。。

福井ラダメスも好きですょ!

また、ちょこちょこ
お邪魔させていただますね♪

投稿: sawasawa | 2009年12月 3日 (木) 02時20分

sawasawaさんこんにちは。

はい、どうぞよろしくお願いします。

投稿: ヤボオ | 2009年12月 4日 (金) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーマン 東京公演 千秋楽:

« 東宝「パイレート・クィーン」山口祐一郎が青年?海賊 | トップページ | 北区つかこうへい劇団・尋 由帆一人芝居「蒲田行進曲~小夏の青春~」 »