« 四季「ウィキッド」見ろー花代様だァーッ! | トップページ | 食事処 日本海 »

2009年8月22日 (土)

皆生温泉 皆生シーサイドホテル

米子には皆生温泉という結構な温泉があると聞いて、この日の宿は「皆生シーサイドホテル」に。

それなりに年季の入ったホテルだが、和室中心の本館と異なり、自分の泊まった新館はビジネスホテル的なつくりで、新しくてキレイだった。

Seaside

この2階、大きなガラスの見えるフロアに展望大浴場がある。

その前には日本海が広がっている。

Seaside2

この写真は、3階の自分の部屋から撮ったもの。

自然塩泉ということで、皮膚のあまり強くない自分にはきついかな、と思ったがそんなことは全くなかった。とてもやわらかいお湯で、しばらくお肌つるつる状態になった。眼前の景色も手伝って、実に快適な風呂だ。

200908220656001

朝食はこんな感じ。シンプルだが干物など地のものが光る。

Arimoto2 

海岸沿いに、この皆生温泉開発の祖、有本松太郎翁の胸像が鎮座している。そこに添えられた説明によれば、皆生温泉は明治33年に発見されたが、当時の技術では海底温泉を地上に供給できなかったため、本格的な開発は大正9年になってから。このときに、温泉の供給システムや、交通整備を進めたのが有本翁だそうだ。

Arimoto_2 (クリックで拡大)

また来たいと思わせる、ステキな温泉と宿だった。

皆生シーサイドホテルのホームページ

http://www.sanin.com/seaside/

|

« 四季「ウィキッド」見ろー花代様だァーッ! | トップページ | 食事処 日本海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆生温泉 皆生シーサイドホテル:

« 四季「ウィキッド」見ろー花代様だァーッ! | トップページ | 食事処 日本海 »