« お台場で実物大ガンダムを見学 | トップページ | 四季「ウィキッド」濱田・沼尾のコンビ芸 »

2009年7月12日 (日)

四季「夢から醒めた夢」東京公演初日 樋口ピコ復活

ピコ 樋口麻美
マコ 苫田亜沙子
マコの母 白木美貴子
メソ 有賀光一
デビル 道口瑞之
エンジェル 藤原大輔
ヤクザ 野中万寿夫
暴走族 韓 盛治
部長 田中廣臣
老人 山口嘉三
老婦人 斉藤昭子
夢の配達人 味方隆司


昨年の東京公演終了から1年を待たずに「夢から醒めた夢」東京公演の幕が開いた。自分にとっては2月の京都公演以来、約半年ぶりの夢から醒めた夢。なんべん見ても飽きのこない、大好きな作品だ。

吉沢梨絵の退団に伴い、この公演は真家瑠美子ピコのシングルキャストで行くのかと思いきや、意外にも樋口麻美ピコが大復活。今となっては保坂知寿と吉沢の中継ぎピコのような存在になってしまった樋口ピコだが、ここで挽回となるのだろうか。

前回、樋口ピコを見たのは記録によれば2005年の6月。考えてみると、あの公演はピコが樋口・木村花代・吉沢という強力な体制で、その他のキャストも実に豪華な布陣だった。

この4年で、樋口は女優として大きく成長したと思う。特に「ウエストサイド物語」のアニタ、そして「ウィキッド」のエルファバを見事に演じ、演技の幅をぐんと広げた。それがピコ役にどう反映されるのか注目だな、と期待しつつショウタイムへ。

しかし、正直なところ以前のピコと目だって変わった感じはしなかった。やはりソツのない、無難な優等生ピコである。よく聞いていると、歌い方に少しやわらかさが増し、ピコのやさしさをより明確に表現できているようにも感じたが、気のせいかもしれない。またこの日はやや声の調子が悪かったらしく、何度か苦しそうな場面もあった。

変わったといえば味方隆司の配達人である。味方配達人は、ひょうひょうとしていてつかみどころがない、食えない配達人というイメージがあった。しかし、この日の配達人は声も演技も重さと固さを感じさせ、夢の配達人というより、霊界の門番という雰囲気がした。また新しい配達人像が誕生したのも面白いが、味方隆司という人はいったいどれだけの引き出しを持っているのだろう。

マコには苫田亜沙子。現時点ではいちばん好きなマコだ。苫田という人は、女優としては比較的濃いキャラだと思うが、不思議にどんな役にも馴染んでしまうのが不思議だ。そして演技もさることながら、歌い方に表情があり、マコという自分の大好きな登場人物を非常にうまく、ていねいに創り上げている。さらに、観る者をひきつける独特の吸引力がある。アレの話だけじゃなくてさ。グリンダにクリスティーヌ、と重い役を次々こなしているが、今度は何を演じてくれるのか、実に楽しみだ。アムネリスはどうかな?アイーダ役にフレッシュなメンバーが加われば、それもありか。

残念なのは、これは最近ずっとそうなのだが、子供たちを演じる女性アンサンブルが低調なこと。若手の登龍門と言われるこの役も、北井久美子や村岡萌絵が抜けて以来、どうもさえない。この役の出来も作品の感動に深くかかわるだけに、四季の娘役養成システム(なんてものがあるかどうかは別として)は大いに奮起していただきたい。

初見のキャストもおらず、強烈な印象はないものの、全体的に安定した完成度の高い舞台だったことは確かだ。1月足らずの短い公演だが、足しげく通うことになるだろう。


「夢から醒めた夢」のホームページ
http://www.shiki.gr.jp/applause/yume/index.html

|

« お台場で実物大ガンダムを見学 | トップページ | 四季「ウィキッド」濱田・沼尾のコンビ芸 »

コメント

ヤボオさんこんにちは。
先日の産経EXを読み、正直突発しようか迷いましたが、結局は汐留に行ってしまいました。

「夢…」は大好きな作品で、その昔、札幌まで追いかけたことがあります。(でも休演日で観れませんでしたが)
現キャストにあと一捻り欲しいんですけどね。(でもヤツはダメですよ、ヤツはね。)

私は古くて笑われそうですが、一番好きなマコは堀内敬子さんです。あの印象が強すぎて…ある意味、樋口マコ(もう幻ですが)もすごかったですけどね。

投稿: らべたん | 2009年7月13日 (月) 10時56分

師匠、ゆめさめチェックご苦労様です。

私は、あさみん派なので樋口ピコの登板はウェルカムです。
一部では、DVD版は樋口ピコではないかという噂もありますので、ひょっとしたら花ちゃんとのピコマコパンチがあるのではないかと思っています。

投稿: よしぼう | 2009年7月13日 (月) 20時35分

自分も初日に拝見しました。

おっしゃる通り、ソツ無しのピコで…
味が無い…

投稿: 陣 | 2009年7月14日 (火) 00時32分

らべたんさんこんにちは。

「堀内マコ最強」は宇宙の真理です。これは誰にもくつがえせません。

そのあたりはこのへんにくどくどと書き記しております。

http://kingdom.cocolog-nifty.com/dokimemo/2005/03/br_9fe6.html

http://kingdom.cocolog-nifty.com/dokimemo/2005/06/12_63ca.html

最近ますますご活躍の敬子様ではありますが、またグランドミュージカルに出て欲しいです。

投稿: ヤボオ | 2009年7月14日 (火) 01時48分

よしぼうさんこんにちは。

樋口ピコ花代マコはぜひとも見たいところではありますが、パンフレットによるとピコは樋口シングル、マコは苫田&花田で、実質苫田シングルではないでしょうか。
大阪の55ステップスもあることだし。

そうなると、いよいよ花代グリンダフラグ・・・か?

投稿: ヤボオ | 2009年7月14日 (火) 01時50分

陣さんこんにちは。

そうですね、確かに安定感は抜群なんですが。もう彼女の中でピコ役は完成してしまっているのでしょうか?

女優としての力量はぐーんと上がっているので、何かこう、これが樋口ピコだ!というのを思い切って見せてほしいです。

投稿: ヤボオ | 2009年7月14日 (火) 01時52分

ショックです。吉沢さん退団されたのですか?大好きなピコだったのに~

投稿: カズ | 2009年7月15日 (水) 23時36分

カズさんこんにちは。

そうですねえ。まあまた別の舞台でお姿拝見できると思うので、退団自体はさほど悲しくもないのですが、あのピコをもう見られないのは本当に残念至極です。

保坂、吉沢と受け継がれたピコの遺伝子を継ぐ女優さんが現れるのでしょうか?

投稿: ヤボオ | 2009年7月16日 (木) 00時58分

はじめてコメントします、わっちです。いつも興味深く拝見していますm(_ _)m
昨日、はじめて「夢から醒めた夢」を観てきました。去年も観るチャンスあったのに、男ひとりで観に行きづらい、なんか子ども向けな気がする、といった理由でスルーしていましたが、昨日観てとても感動し、今までの自分がとても恥ずかしくなりました(^。^;)子どもより、むしろ大人が観るべき作品ですね。

深いテーマなのにしっかりエンターテイメント性もあって、ナンバーもどれも素敵で、最高でした。
個人的にメソ役の有賀クンと、苫田さんが特に印象に残りました。苫田さんの声はずっと聴いていたくなります(笑)

それにしても、「作品主義」を掲げる四季の代表作が、こんなにも役者ひとりひとりの個性が影響するものだなんて、なんだか面白いですね。

またひとつ好きな作品ができて幸せです(^O^)今年の夏は通っちゃうかも(笑)

長々と失礼しましたm(_ _)mこれからもいろんな記事楽しみにしています。

投稿: わっち | 2009年7月16日 (木) 12時50分

わっちさんこんにちは。こんなあほあほブログを読んでいただいて恐縮です。

そうですね、苫ちゃんの声は耳に優しくて、とっても心地いいです。私も大好きです。

作品主義は大いに結構なんですが、演劇って役者の個性とか、その日の出来も含めて作品なんだと思うんですよ。そういう生ものだからこそ、演劇って楽しいわけで。

これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: ヤボオ | 2009年7月17日 (金) 01時35分

ヤボオさん、こんにちわ
夢さめ、私も毎回必ず観たくなる作品です。
毎回、変わることの無い感動どころか、前回の京都公演では、めったに涙することの無い私が、不覚にもぼろぼろになりました。言われてみると、初見苫マコのせいではないかと思います。それだけマコの可愛さとけなげさが伝わってきて、母さんとの別れのシーンで涙があふれたんだと思います。あれから苫田亜沙子、私も気になってます。

投稿: てつ | 2009年7月21日 (火) 13時22分

てつさんこんにちは。

マコは出番は少ないけれど、その出来が作品全体の印象を大きく変える重要な存在だと思います。おしるこに入れる塩みたいなもので、そのさじ加減が非常に微妙です。

苫田ちゃんはたぶんグリンダみたいなイケイケな役のほうが合っているのかもしれませんが、マコも本当にいいです。今週変わってしまいましたが・・・

投稿: ヤボオ | 2009年7月22日 (水) 01時47分

荒川務さんが歌手の頃、ファンだったものです!劇団とかを見に行くなど、とても出来そうにありません。
テレビとかに、お出になることって、無いのでしょうか?
今でも活躍されてることを知り、本当に嬉しく思っています!!

投稿: ゴンタ | 2009年7月25日 (土) 12時07分

はじめまして。

僕は今年2月に京都で夢醒めを初めて見ましたが、僕と一緒に観ていた母や伯母は、舞台を見てすすり泣いていました。僕も思わず泣きそうになりました。

その時に吉沢ピコと苫田マコを見ましたが、吉沢ピコをもう見られないのは残念です・・・。

今月の30日に夢醒めをまた観に行きますが、苫田マコを是非また見たいですね。でも、運悪くマコが花田さんだったとしても、苫田さんと比較して楽しめるかな?

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshizawa_rie
吉沢さんのブログを紹介しておきます。6月23日の記事によると、吉沢さんはブログの存在を多くの人に知ってほしいそうなので、リンクを貼っても大丈夫ですよね?

投稿: パレ・フーゴ | 2009年7月25日 (土) 23時12分

ゴンタさん、こんにちは。

アイドル荒川をリアルで応援していたファンの方、結構多いですね。荒川さん主演の「異国の丘」はDVDになっているので、ご覧になられては。

8月にNHKのBSハイビジョンで放送もするらしいです。
http://www.nhk.or.jp/bs/genre/theat_7later.html

投稿: ヤボオ | 2009年7月26日 (日) 01時00分

パレ・フーゴさんこんにちは、はじめまして!

来週はどっちマコが来るでしょう?今週キャスト結構動きましたが・・・

吉沢梨絵さんはワークショップにmixiにブログにと頑張ってますね。いずれ舞台に復帰する日はそう遠くないでしょう。今から楽しみです。

投稿: ヤボオ | 2009年7月26日 (日) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「夢から醒めた夢」東京公演初日 樋口ピコ復活:

« お台場で実物大ガンダムを見学 | トップページ | 四季「ウィキッド」濱田・沼尾のコンビ芸 »