« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月25日 (土)

イッセー尾形の一人芝居「わたしの大手町」

イッセー尾形の一人芝居といえば、学生時代「都市生活カタログ」が大人気で、いつもチケットが取れなかった。NHKで放送もされ、ビデオもレンタルで観たりしたが、いちどライブで見たいと思いつつ、なかなか実現できなかった。やっとその夢がかなったのは、20世紀も終わりを迎えたころ、原宿クエストホールの公演だ。相変わらずチケットは取りにくかったが、友人が確保してくれたのだ。持つべきものは友達である。

そしてそれから約10年ぶりに、彼の一人芝居を見るチャンスが訪れた。前述の友人の力によるものだ。もう足を向けて寝られないと思った。

今回は会場が大手町ということでこのタイトル。テーマは「あの頃のサラリーマンは今もサラリーマンだ」。サラリーマン、東京、年月といったモチーフを含むネタが新作を交えて披露された。

さて、自分とイッセー尾形について少し語らねばなるまい。最近記憶がどんどんなくなってくるので、覚えていることはなるべくこのブログに記録しておきたいからだ。

自分がその存在を知ったのは、日本テレビで土曜の昼に放送されていた「お笑いスター誕生」を見てのことだ。司会は山田康雄と中尾ミエ、審査員は桂米丸、タモリ、赤塚不二夫、京唄子、鳳啓助、東八郎、三波伸介ほか、とてつもない豪華な番組だった。

番組は1980年から始まっており、すでにB&Bなどのスターを輩出していたが、たまたま自分が初めて視聴したのは1981年。そこに彼が出演していた。当時自分は小学校高学年だったが、その印象は鮮烈に覚えている。ネタは、ふつうのサラリーマンのお父さんが、不似合いな高級レストランに家族を連れてきてしまい、ボーイとの間で珍妙なやりとりを繰り広げるというもの。つまみにピーナッツを頼み、ないと言われて「ないの?ピーナッツだよ!」と答えるその姿。すでに一人芝居のスタイルは確立されていた。当時はいわゆるMANZAIブームだったが、漫才とも、漫談とも、コントとも違う、初めて見る斬新な芸風に、衝撃を受けた。審査員も口々に賞賛していた。この番組は、タレント事務所の新人芸人たちがチャレンジするのがほとんどだったので、そうではない、演出家森田雄三と二人きりでじっくりと公演を続けていた彼の存在は、審査員たちの目にも異色な存在と映っていたのだろう。

ちなみにその回に、九十九一も出演していた。彼の芸風もまた衝撃的で、やはり一人芝居に近いものだった。しかしリアルをデフォルメしていくイッセーとは対照的に、九十九の場合は完全なフィクション、それも常識的な思考では考えつかない、ワープ感のある虚構の世界を形づくる。MANZAIブームにいまひとつ乗り切れない自分だったが、この2人の天才によって日本のお笑いの可能性に目ざめ、以降毎週欠かさず、土曜に学校から帰ってくるとこの番組を視聴するようになった。そうしてでんでんやミスター梅介といった、今もしぶとく活躍を続けているすばらしい芸人たちと出会うことができた。

イッセー尾形は結局10週勝ち抜きの「グランプリ」までは到達せず、8週勝ち抜きの「金賞」で終わったが、グランプリに再チャレンジすることはなかった。恐らく、自分の方向性が「お笑い」ではないと感じていたのかもしれない。しかし、これによって彼の名前と実力は世間が知ることになり、ドラマや映画、CMに次々と出演を果たすようになる。「男はつらいよ」にも準レギュラーのように参加していたから、山田洋次もその実力を買っていたようだ。これに伴って、「本業」である一人芝居もぐんぐん人気が高まり、チケットの取れない人気公演になっていったわけだ。

というわけで、実に自分はイッセー尾形の30年近いファン、と自称している。ライブをそんなに見ていないから、コアなファンから見ればライトすぎるかもしれないが、長さだけは多くのファンに負けていない。

さて。前置きが長くなったがこの日の公演。最初のネタは、退職しているにもかかわらず会社の周りをうろついているOB。リタイアしているのに、会社というコミュニティーとのつながりを確認したくて、かつての部下をつかまえて話し込むその姿に、サラリーマン社会の悲哀がくっきりと浮かび上がる。続いて満員の地下鉄内のサラリーマン、接待の相手を駐車場で待つ営業マン、大企業との取引をなんとかつなぎとめようとする中小企業の社長、家族を温泉旅行に連れてきたお父さん、東京にあこがれる高校生、疲れたサラリーマンを癒そうとする超熟女ホステスなどをノンストップで次々に演じた。最後のネタではお約束の楽曲サービスも。

徹底的な人間観察に基づく、揺るぎのないリアリティー。それを踏まえたうえで、極端にデフォルメしていく。その2つの要素の化学反応によって爆笑を生み出していく。

30年間、そのスタイルは変わることがない。しかしその完成度、芸の冴えはますます磨きがかかり、イッセー尾形が舞台に立った瞬間、ステージだけでなく、会場全体の空気が変わる。これはすさまじい。「ガラスの仮面」で北島マヤは、一人芝居によって高校の体育倉庫という空間をを大海原にも、ふつうの家庭にも自在に変えて見せた。しかしこちらは600人も入るホールをまるごと変えてしまうのだ。まるで「涼宮ハルヒの憂鬱」で長門ユキが部屋まるごと時間を止めて、3年の時間を飛び越えて見せたような荒業である。

演出の森田雄三、そしてイッセー尾形の「ふつうの人」に向ける視線は、時に冷徹で、時に暖かく、時に密着して、時に距離を置く。それは見る人によっても異なるだろう。しかし、その全ては笑いへとつながっていく。これが不思議なところだ。いや、その視線は善悪とか好悪とかいった主観的な価値判断を超越した、もはや仏教的な悟りの境地に達しているのかもしれない。

本当に素晴らしいものを見た。感謝の気持ちで一杯だ。イッセーはドイツやイギリスなどでも公演を行っているが、まさしく日本の誇る文化を現在進行形で作り上げている。今後は自分も本気でチケット争奪戦に参加し、また見る機会を持ちたいと思う。

イッセー尾形WEBサイト
http://www.issey-ogata.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四季「ウィキッド」濱田・沼尾のコンビ芸

グリンダ 沼尾みゆき
エルファバ 濱田めぐみ
ネッサローズ 山本貴永
マダム・モリブル 八重沢真美
フィエロ 北澤裕輔
ボック 伊藤綾祐
ディラモンド教授 前田貞一郎
オズの魔法使い 飯野おさみ
男性アンサンブル 清川 晶、町田兼一、齊藤 翔、
斎藤准一郎、田井 啓、奈良坂潤紀、
賀山祐介、清原卓海、三宅克典
女性アンサンブル 服部ゆう、長島 祥、真家瑠美子、
宇垣あかね、光川 愛、小澤真琴、
荒木美保、伊藤典子、羽田三美

ついこの前に濱田・沼尾コンビを観たように思ったが、調べたらもう半年も前の話だった。それならばまた観たくなってもいたしかたないというものではないか。大手を振って四季劇場「海」へ。

沼尾グリンダ様はかなりの連投が続いているが、疲れを感じさせない好調ぶりだ。この人の喉の強さは底なしだ。さすがオペラ歌手、といいたいところだが、それが自身の努力によるものであることはファンならみんな知っている。

そして濱田エルフィーも絶好調だ。安定感と存在感はもちろんだが、彼女がすばらしいのは、その演技、自分なりのエルファバ像をどんどん変化させている点だ。

特に、新しいエルファバ役が出てくると、大きく変化するように思える。樋口麻美のエルファバが出てきた後は、樋口エルフィーの持ち味である威勢の良さが演技のどこかに入るようになった。そして今回は、江畑晶慧のエルファバから強く感じるフレッシュさを取り込んでいた。一幕のシズ大学のシーンでは、女子大生というより、女子高生のような可愛らしさが炸裂していた。JKめぐ――こ、これは萌える……。

濱田めぐみは、まるで戦った相手の技を自分のものとする北斗神拳の伝承者のようだ。別にパクっているわけではなく、自分の演技を変えることを恐れない覚悟を持っているのだろう。実に頭の下がる思いである。

そんなわけで、グリンダ様の忠実なるしもべである自分も、今回はめぐみ様にすっかり傾倒していた。ま、よくあることですよ。

江畑の急成長ぶりは目を見張るものがあるが、やはり濱田・樋口のエルファバにはまだまだ及ばない。そして、濱田・樋口の実力差はほとんどなく、あとは趣味の問題という気がする。しかし、グリンダとの相性、という点で見れば、やはり濱田・沼尾のコンビに勝るものはない。意外にこの作品ではちょこちょこ許されるアドリブ(とはいかないまでも、ちょっとしたアレンジ)も、息がぴったりで見ていて楽しい。この作品では、2人の仲の良さが印象深いほどラストの感動も強くなる。この日の「For Good」は、格別の味わいだった。

いよいよ千秋楽も近づいてきた。このままオリジナルコンビで突っ走るのか?それとも新キャストが登場するのか?大阪公演も発売になり、大詰めを迎えたウィキッド東京公演。最後まで目が離せない。

「ウィキッド」のホームページ
http://www.shiki.gr.jp/applause/wicked/index.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

四季「夢から醒めた夢」東京公演初日 樋口ピコ復活

ピコ 樋口麻美
マコ 苫田亜沙子
マコの母 白木美貴子
メソ 有賀光一
デビル 道口瑞之
エンジェル 藤原大輔
ヤクザ 野中万寿夫
暴走族 韓 盛治
部長 田中廣臣
老人 山口嘉三
老婦人 斉藤昭子
夢の配達人 味方隆司


昨年の東京公演終了から1年を待たずに「夢から醒めた夢」東京公演の幕が開いた。自分にとっては2月の京都公演以来、約半年ぶりの夢から醒めた夢。なんべん見ても飽きのこない、大好きな作品だ。

吉沢梨絵の退団に伴い、この公演は真家瑠美子ピコのシングルキャストで行くのかと思いきや、意外にも樋口麻美ピコが大復活。今となっては保坂知寿と吉沢の中継ぎピコのような存在になってしまった樋口ピコだが、ここで挽回となるのだろうか。

前回、樋口ピコを見たのは記録によれば2005年の6月。考えてみると、あの公演はピコが樋口・木村花代・吉沢という強力な体制で、その他のキャストも実に豪華な布陣だった。

この4年で、樋口は女優として大きく成長したと思う。特に「ウエストサイド物語」のアニタ、そして「ウィキッド」のエルファバを見事に演じ、演技の幅をぐんと広げた。それがピコ役にどう反映されるのか注目だな、と期待しつつショウタイムへ。

しかし、正直なところ以前のピコと目だって変わった感じはしなかった。やはりソツのない、無難な優等生ピコである。よく聞いていると、歌い方に少しやわらかさが増し、ピコのやさしさをより明確に表現できているようにも感じたが、気のせいかもしれない。またこの日はやや声の調子が悪かったらしく、何度か苦しそうな場面もあった。

変わったといえば味方隆司の配達人である。味方配達人は、ひょうひょうとしていてつかみどころがない、食えない配達人というイメージがあった。しかし、この日の配達人は声も演技も重さと固さを感じさせ、夢の配達人というより、霊界の門番という雰囲気がした。また新しい配達人像が誕生したのも面白いが、味方隆司という人はいったいどれだけの引き出しを持っているのだろう。

マコには苫田亜沙子。現時点ではいちばん好きなマコだ。苫田という人は、女優としては比較的濃いキャラだと思うが、不思議にどんな役にも馴染んでしまうのが不思議だ。そして演技もさることながら、歌い方に表情があり、マコという自分の大好きな登場人物を非常にうまく、ていねいに創り上げている。さらに、観る者をひきつける独特の吸引力がある。アレの話だけじゃなくてさ。グリンダにクリスティーヌ、と重い役を次々こなしているが、今度は何を演じてくれるのか、実に楽しみだ。アムネリスはどうかな?アイーダ役にフレッシュなメンバーが加われば、それもありか。

残念なのは、これは最近ずっとそうなのだが、子供たちを演じる女性アンサンブルが低調なこと。若手の登龍門と言われるこの役も、北井久美子や村岡萌絵が抜けて以来、どうもさえない。この役の出来も作品の感動に深くかかわるだけに、四季の娘役養成システム(なんてものがあるかどうかは別として)は大いに奮起していただきたい。

初見のキャストもおらず、強烈な印象はないものの、全体的に安定した完成度の高い舞台だったことは確かだ。1月足らずの短い公演だが、足しげく通うことになるだろう。


「夢から醒めた夢」のホームページ
http://www.shiki.gr.jp/applause/yume/index.html

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

お台場で実物大ガンダムを見学

東京都がお台場地区に保有する潮風公園で、2009年7月11日(土)~8月31日(月)に行われるGREEN TOKYO ガンダムプロジェクト。全長18mの等身大ガンダムをつくり、それをシンボルとして都市の緑化推進をPRしていこうというものだ。ガンダムと都市緑化がいまいち結びつかないが、そんなことはどうでもいい。ちょうど有明にも来たことだし(詳細後日)、正式オープン初日で激混み必至のイベント会場へ。

噂には聞いていたが、こりゃあカッコいい。その大きさにも圧倒されるが、全体のフォルムもディテールも、実に美しいのだ。しばし呆然と眺めていたが、だんだんエヴァンゲリオン新劇場版「破」を見たときのような感動が湧き上がってくるのを感じた。

これは日本のポップカルチャーと、ものづくり産業とのコラボレーションの成果だ。そしてそれが、観光産業の目玉にもなる。これからの日本が寄って立つべき事業モデルがここにあるのではないのか。

期間限定なのは実に残念だが、その後はどこかに移して展示するのだろうか。ぜひそのときは、分解せずに、「機動警察パトレイバー」のようにそのままトレーラーで搬送してほしいものだ。

自分の写真技術ではそのカッコよさを表現できないので、動画を作ってみました。ぜひ「HD」モードでごらんください。HDで撮ってHDで編集してHDで書き出してますので。

夜のライトアップも美しいそうなので、また行かなくては。

GREEN TOKYO ガンダムプロジェクトの公式サイト
http://www.greentokyo-gundam.jp/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »