« SKE48 チームKⅡ 1stStage「会いたかった」初日 | トップページ | 四季「春のめざめ」谷口ベンドラ いいんじゃなーい? »

2009年6月13日 (土)

四季「ソング&ダンス~55ステップス~」鈴木ほのか他1名登場

ヴォーカルパート 渡辺 正、村 俊英、李 涛、井上智恵、鈴木ほのか、
花田えりか
ダンスパート 川東優希、斎藤准一郎、松島勇気、徳永義満、加藤敬二、
成田蔵人、金久 烈、神谷 凌、前田順弘、
加加藤久美子、駅田郁美、杏奈、須田綾乃、柴田桃子、
柴田厚子、坂田加奈子、高倉恵美、今 彩乃、泉 春花

先週から名古屋の55ステップに鈴木ほのかが登場。これは朗報だ。鈴木ほのかの四季への参加が、マンマ・ミーア!だけで終わってしまったらさびしいと思っていた。しかも、ソング&ダンスへの出演、ということは、今後も四季の作品に出るという期待も大いに高まってくる。

こりゃ名古屋に行ったらぜひ観なくてはと思っていたら、今週さらに新キャスト。びっくり仰天の「渡辺正」ときたもんだ。こもった歌声で苦しそうに歌うことで、「マンマ・ミーア!」のサム役や「アイーダ」のラダメス役で悪評をほしいままにしてきた男である。それが「ヴォーカルパート」の筆頭に挙がっている。つまり、芝清道や阿久津陽一郎のパートだ。いったい何の冗談だろう。これはこれで観なくては、と、ほのか様とは微妙に異なる興味を抱いて名古屋ミュージカル劇場へ。

ほのか様は期待通り、いや、期待以上だった。美形とナイスバディはもちろんだが、その歌声の素晴らしさを四季ファンに強烈にアピールする結果となった。ほのか様の声は、デビュー当時はどちらかというとかわいらしい、細めの声だった。それが長年のキャリアと、おそらく本人の修練の結果、実にボリュームのある声へと生まれ変わった。しかし、デビュー当時の可憐な声も実はまだ健在なのである。それを示したのが「メモリー」だ。多くのグリザベラ役者は、張りのある太い声で歌い始めるが、ほのか様は最初シラバブかと思うほど、細い声で歌い始めた。そして次第にその年輪を感じさせる声に変えていき、また細い声に戻したり、と、曲の中で声のトーンを自在に変化させていた。まさに、それは鈴木ほのかという女優のこれまでの軌跡を象徴している歌声であり、同時にそのイメージがグリザベラの平坦ではなかったであろう人生(猫生?)とぴたりと重なる。グリザベラそのものがここにいる、と感じた。歌いあげる声量は、早水小夜子にはかなわないかもしれない。しかし、最後の「ほら、見て」の一言がずしんと胸に響いた。こんな経験は久しくなかったかもしれない。ほのかグリザベラ、何としても横浜で見たい。これは絶対に。

李香蘭の「二つの祖国」も良かった。やはりここでも、東宝と四季という、2つの世界を渡ろうとしている鈴木ほのかの存在が李香蘭のイメージにだぶる、というのはちょっと強引すぎかな。

一方の渡辺正。思わず渡辺正(笑)と書きたくなってしまうほど、自分の興味は「いかに笑わせてくれるか」だった。しかし、最初の曲「ようこそ劇場へ」は、本来彼のパートの曲なのに、村俊英が歌った。あれえ。同様に、二幕初めの「夢を配る」は李涛が。重要な曲を他のパートに任せてまで彼を登場させる四季の狙いって一体…。

そんなわけで、彼のソロがやっと聞けたのは「アイーダ」のナンバー「星のさだめ」。相変わらず苦しそうに歌うので、ちっともロマンチックじゃない。しかし、これは本番の舞台を観ているから、さほど驚かない。続く「ノートルダムの鐘」の「トプシー・ターヴィー」は、これは歌が歌だから、あまりそれが気にならない。そう、さかさま祭りだからね。歌のまずい人が(あっ言っちゃった)ミュージカルでソロを歌う、というのもありなのかも。これぞ「道化の祭り」だ。

二幕に入っても相変わらずで、「エビータ」の「飛躍に向かって」では、苦しそうな歌声にぎこちない動きがプラス。こんなチェ・ゲバラがいたら、キューバ革命は成功していなかったと思う。

最後の見せ場「スーパースター」は相当心配していたが、実はそれほど悪くもなかった。歌いだしはちょっとずっこけたが、ノってくるにつれて、それなりにサマになって見えてきたのだ。やはり「ジーザス・クライスト=スーパースター」はロックである。芝や阿久津がいかに歌がうまくても、彼らの歌い方はロックではない。じゃあ渡辺正の歌い方がロックかと言われれば、「ちゅらさん」のジョージ 我那覇に「それはケイタツ、ロックじゃナイよ」と言われてしまいそうだが、そもそも歌のまずい人が(また言ったな!代表にも言われたことないのに!)ミュージカルの舞台でソロを務めるという状況は、ある意味でロックである。だから、何となく受け入れられてしまったのかもしれない。

というわけで、出番が少なかったこともあり、期待していたほどのショックもダメージもなかったが、自分のようにハナから笑いにきている不謹慎な客はともかく、普通にこの作品を鑑賞したい人には、やはり不満は残ると思う。作品主義を尊重するなら、変えるべきだろう。個人的には渡辺正嫌いじゃないので、もっといろんな作品で観たいとは思うが、彼が立つべきはこの舞台ではないはずだ。

しかし、なんだかんだ言って公演自体はなかなか満足のいくものだった。村はやはりカッコいい。その歌声には男の色気というか、艶がある。それが数々のナンバーでいかんなく発揮され、改めてファンになった。スターライトエクスプレスもぜひ上演してほしいものだ。

松島勇気が参加したことで、細かい場面にシャープさとちょっとした笑いが添えられたことも大きい。加藤・松島のコンビはセリフや歌でなく「動き」で観客を魅了できるのが実にいい。高倉恵美もいつも通りキレイだ。

まあ、渡辺正そんなに嫌いじゃないよ、という人以外にはあまり強く勧められないが、鈴木ほのかが出ているうちに、ぜひ多くの人に見ていただきたいところではある。

「ソング&ダンス」WEBサイト

http://www.shiki.gr.jp/applause/songdance55/index.html

|

« SKE48 チームKⅡ 1stStage「会いたかった」初日 | トップページ | 四季「春のめざめ」谷口ベンドラ いいんじゃなーい? »

コメント

おはようございます。

実は私も昨日、加藤さん見たさに行ってしまいました。加藤さん松島さんの並びは華やかで楽しいです松島さんがかなりお疲れに見えたのは心配ですが…

ほのかさん素敵でした。久野さんにちょっと似ているかなとメモリーを聞いて思いましたが、いかがでしょう?

渡辺さんについては、何故S&Dに?
加藤さん贔屓の私としては、加藤さんは納得してないと信じたいですが、今週出演したのは、渡辺さん出演のためかとも思ったり

劇場増やす前に、人材確保してほしい!と思います。

投稿: 千尋 | 2009年6月14日 (日) 10時20分

こんにちは。
キャストの発表があった時から、きっと観に行って下さるだろうと信じてました!(笑)

カレのように声帯が丈夫で、いつもどこでも同じクオリティを提供できるなんて、ファストフード業界なら大手を振るって大歓迎するのでしょうが…

悪趣味な私としては、興味深々・ウズウズしてますけど。行っちゃおうかな、名古屋。

投稿: らべたん | 2009年6月14日 (日) 16時56分

千尋さんこんにちは。

ほのか様、私もそれ思いました!横浜キャッツ、出てほしいです。

加藤松島コンビはいまや四季の至宝ですね!後ろの席で見ていたのであまり気づかなかったのですが、疲れが目立ちましたか。一部の俳優に負担が集中してるせいでしょうか・・・

渡辺正は、味のある面白い役者だと思うんですが、使い方間違ってますよねえ。

投稿: ヤボオ | 2009年6月14日 (日) 21時45分

らべたんさんこんにちは。

本当にギャグみたいな釣りみたいな意味不明のキャスティングですね。あとあとの話のネタに、見ておいてもいいかもしれません。

ただ、来週までいるかどうか・・・?

まあ、悪い期待にはこたえてくれる劇団ですし!

投稿: ヤボオ | 2009年6月14日 (日) 21時47分

はじめまして。
いつも楽しくブログ拝見してます。

名古屋在住なんですが、S&Dは5月に観に行きました。
素晴らしい舞台ですよね。
名古屋開幕前から公式ブログの方で渡辺さんの写真載ってて、いつ出てくるのかおっかなびっくりだったんですが、今週はもう阿久津さんに変わってましたね^^;
(ほのか嬢も。。。)
サムやってたから名古屋では受け入れられやすいとふんだんですかね~?
5月に観た時、僕の前に座ってたお客さんが、「これのどこに渡辺入るん??」とか言ってました。

初めてのコメントがこんなので申し訳ございませんが、これからも楽しい日記、期待してますね。

投稿: hisa | 2009年6月15日 (月) 20時50分

hisaさんこんにちは。こんな腐ったブログを読んでいただき、何とも恐縮です。

いやあ、サム、そして幻のラダメスまでやらせてしまった名古屋では、私が代表なら怖くて出せません。

ロビーのキャスト表を見て、「もう勘弁してほしいわ」と声に出していた人を見かけました。心の叫びでありましょう。

まあ私は結構好きなんですがね。いずれ歓迎される日は来るのでしょうか!?

投稿: ヤボオ | 2009年6月16日 (火) 01時07分

初めまして。
いつも楽しく読ませていただいております。

私も先週55ステップス観てまいりました。
そして、私もヤボオさんと全くおんなじ気持ちです。

今回は渡辺さんへの不安と初見の加藤敬二さんへの期待が入り交じった観劇となりました。
そして、ようこそ劇場へが始まり、どきどきしていました。
すると、あれ?いいぞ?少し見ないうちに変わったのか?と一瞬思いました。
よく見ると村さんで、大変失礼いたしました、って感じでした。
そしてなぜか、劇団四季は分かってるね〜やるね〜と的外れな喜びの気持ちが湧いてきて、にやけてしまいました。
二幕最初も同様で、今度こそと覚悟して臨んだら、これまた李さん。
また、にやけてしまいました。
他の箇所の感想もヤボオさんと同感でした。

そして今回は逆に歌い手に注目することなくダンサーの皆様に注目でき、女装の気持ち悪さにも注目して笑い、良いこともかなりありました。
ほのかさんは最初の登場の歌い方から可愛らしく全て素晴らしかったですし、何よりも加藤敬二さんのあのカーテンコールでの楽しそうな姿を見たら不満などありません!って感じでした。

何度も観ていますのでキャストが違うと色々楽しみがあっていいですね!
元気がもらえました。
ヴァリエーションズの坂田さん率いるダンスがかなりツボです。大好きです。


以上なんか勝手に色々述べてしまってごめんなさい。
これからも楽しみに読んでおります。ありがとうございます。

投稿: おち | 2009年6月17日 (水) 22時28分

おちさんこんにちは。
こんなばかばかしいブログを読んでいただき恐縮です。

そうなんですよ、渡辺正を差し引いて考えても、全体としては満足度の高い公演だったと思います。

今後どんなびっくりキャストが登場するんでしょうか?ほのか様のように、いい方でびっくりしたいものですが。

投稿: ヤボオ | 2009年6月18日 (木) 00時49分

ヤボオさんお久しぶりです。
S&Dは以前からも好きな作品です。
鈴木ほのかさんは、大阪でも観てみたいです。
でも、そんな何度も見ることができないので、男性ボーカルは是非芝さんでお願いします。
それと、ヤボオさんのあまり好みでない花田えりかは
私の好みです。(歌だけですが…)

投稿: 滋賀の哲玉 | 2009年6月21日 (日) 10時26分

滋賀の哲玉さんこんにちは。大阪のキャストいまから楽しみですね。いいほうのサプライズを期待しましょう。

花田えりかは、マコさえ演じなければ抵抗はないのですが・・・

S&Dを見ると、ますますスターライト・エクスプレスを四季で上演してほしいと思ってしまいます。

投稿: ヤボオ | 2009年6月21日 (日) 18時40分

こんばんは、ヤボオさん。

名古屋までの出張お疲れさまです。

さすがにここまで嫌われているのに、出ているナベサムには驚きですね。
キャストやスタッフの中でもダメ出しは十分されているのでしょうが、不思議です。
私のいまの願いは、彼が東京公演の「アイーダ」に出てこないことです。
ファンとしては純粋に公演の成功を願いたいのです。


ところで、私は今日は「トランスフォーマー・リベンジ」を見てきました。
実に笑いどころ満載のオバカ映画なのですが、ヤボオさんは見に行かれないのですか?
最近は映画評も減ってアイドル評論が中心になりつつあったので、オバカ映画評論家のヤボオさんの意見を伺いたいです。

投稿: よしぼう | 2009年6月22日 (月) 01時02分

よしぼうさんこんにちは。

いやいや、そういわずぜひ渡辺ラダメスも見たってください!面白いから!

トランスフォーマーもターミネーターもスタートレックも観てますが、エントリーあげてないです。

もともと文章描くの苦手で遅いので、さいきんは週1本書くのがやっと、って感じです。年はとりたくないものです。

投稿: ヤボオ | 2009年6月23日 (火) 01時34分

ヤボオさん、はじめまして!鋭い、そして一味違う観劇レポをいつも楽しみに読ませていただいてます。18日マチネに名古屋遠征してきました。実は私マンマで渡辺サムを観て以来、トラウマになるほど渡辺さんを嫌っておりました。今回の遠征も渡辺さん登場にがっかりしながら行きました。ところが今回はヤボオさんの渡辺レポを読んで行ったからか、違う意味でとても楽しめました。ありがとうございました。東京アイーダで渡辺ラダメスがどんな演技をするのか今とても気になります。これからもレポ楽しみにしてます。

投稿: ねっしい | 2009年6月23日 (火) 17時51分

ねっしいさんこんにちは。適当なことばかり書いてるブログでお恥ずかしいです。

しかしトラウマにまでなってしまう役者って、ある意味すごいです。いつかあの破壊力がプラスのほうに向かう役に出会えるといいんですが・・・

ダメダメラダメスも面白いので(面白くていいのか?)、一度ぐらいは見てもいいのではないかと思います。二回は見なくていいでしょうけど。

投稿: ヤボオ | 2009年6月24日 (水) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「ソング&ダンス~55ステップス~」鈴木ほのか他1名登場:

« SKE48 チームKⅡ 1stStage「会いたかった」初日 | トップページ | 四季「春のめざめ」谷口ベンドラ いいんじゃなーい? »