« 日本科学未来館ドームシアターガイア「バースデイ ~宇宙とわたしをつなぐもの~」 | トップページ | 土曜ワイド劇場「天才刑事・野呂盆六(3)~復讐の天使!百万ドルの夜景から届いた悪魔の殺人予告!天才VS美しく悲しき女刑事12年前の秘密!」 »

2009年1月12日 (月)

四季「ソング&ダンス~55ステップス~」変な男そろい踏み

ヴォーカルパート 阿久津陽一郎、芝 清道、李 涛、井上智恵、早水小夜子、
秋 夢子
ダンスパート 西尾健治、萩原隆匡、松島勇気、徳永義満、斎藤洋一郎、
岩崎晋也、脇坂真人、神谷 凌、厂原時也、
加藤久美子、駅田郁美、杏奈、須田綾乃、柴田桃子、
恒川 愛、坂田加奈子、今 彩乃、斉藤美絵子、泉 春花

年末、55ステップスに木村花代さまが登場。こりゃあ正月に早速行かなきゃな、と思ったが前日予約に大苦戦。ならば次の連休に賭けよう、と一応月曜のキャスト発表を確認したうえでチケットを確保した。が、水曜にあっさりキャスト変更。新年早々やってくれるじゃねえか、と頭にきてチケットを8つに引き裂こうとしたが、直前購入なので当日劇場手渡しのため手元に現物がない。思わず四季に電話して「キャンセルできないのは分かってるから、俺の代わりに引き裂いておいてくれ」と言おうと思ったが、fudohさんのブログでたしなめられ、思いとどまった。さらに、前日になって千尋さんのコメントで芝清道が高井治の務めていたパートで再登場という情報をもらい、劇場に向かうことを決意。みなさんありがとうございます。ブロゴスフィアはすばらしい。

まあ新年最初の舞台だから、景気よく「花見」と行きたかったところだが、阿久津、芝という四季を代表する変なヤツ2人に、「ウィキッド」のフィエロ役以来めきめきと変なヤツオーラを身に着けてきた李涛という組み合わせ。トリオ漫才でもやるつもりか、というヴォーカルパートの顔ぶれは興味津々だ。花見はできなかったけど、お笑いというのも正月の定番である。ここは爆笑ヒットパレードで年明けといこうじゃないか。

さて、開幕以来観ていなかったのでこれが2回目の55ステップス。まずは前回芝だったポジションに現れた阿久津陽一郎。にやけ顔で口上を述べる阿久津はどうにもインチキくさくて期待どおりに面白い。意外にはまっている、と感じたのは二幕最初の「夢を配る」。芝配達人はくねくねとしたふしぎなおどりがあまりにも強烈すぎたが、ちょっといかがわしい雰囲気の阿久津配達人は、ほんのわずかではあるが下村配達人を思い出させる妙な存在感がある。これはアリだと思う。ぜひ実現してほしいものだ。そして“本家”の芝をコーラスに従えての「スーパースター」。うーん、これは文句なしにカッコいい!阿久津が実は2枚目だということを久しぶりに思い出した。無理にユダを演じようとするのではなく、ひとりのロックスターを演じているようにも見える。それが幸いした。

そしてポジションを横滑りしての芝清道。オープニングの「ようこそ劇場へ」では阿久津の声と張り合うようにいつもより余計に力強く歌っていた。ある意味これも期待どおりで嬉しい。チム・チム・チェリーはちょっと哀愁が感じられてナイス。まあ芝のバート役はないだろうけど、やっぱりメリー・ポピンズ四季でやってほしいぞ。「ドレミの歌」ではその芸人魂をいかんなく発揮し爆笑を誘う。「ピラトの夢」も情感たっぷりに歌っていて、この人は本当に「ジーザス・クライスト=スーパースター」という舞台を愛しているのだと感じた。やっぱり見たい、芝ジーザス。東京アンコール&名古屋に期待だ。そして注目の芝ファントムが登場する、「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」。仮面なしで怪人役行けるんじゃないかというルックスはまず◎。そして歌は、「夜を統べる闇の帝王」といったムードで、威圧感のあるファントム像を表現していた。一瞬、「エリザベート」のトート様が頭をよぎった。メイクまで想像すると吹き出してしまうのでそこでやめた。やはり芝のファントムは観てみたい。今回はソング&ダンスだからこういうキャラクターになったが、実際にファントムを演じるとなればもちろん演技は変わってくるだろう。「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」は、かつて沢木順がどこかのインタビューで話していたが、これまで女性経験のない男が、誘拐してきた少女を前に歌う歌である。虚勢を張りながらも、おさえきれない高揚感が官能的な響きとなって客席を包み込む名曲だ。そういう演技を芝がどう見せるのか、大いに興味がある。「スターライト・エクスプレス」もよかった。やはり上演してほしい作品だ。男の子向けだから日本ではウケないのだろうか。

そして李涛。これはもう、ラム・タム・タガーに尽きるでしょう。ちょっと、というかだいぶフィエロ・ティゲラーが混じっており、ツッパリ(死語)というより金持ちのボンボンが甘やかされて遊び人になっている雰囲気だが、タガーの雰囲気は十分すぎるほどだ。芝・阿久津という変なタガーの両巨匠の薫陶を受け、ぜひ千秋楽前にキャッツシアターにタガーとして復帰してほしい。

女性ヴォーカル陣では、秋夢子が初見。きりっとした濃いめの美人である夢子はどんな格好をしても実に絵になる。その声量も「キャッツ」のジェリーロラムでおなじみだ。しかし、「リトル・マーメイド」のナンバー「パート・オブ・ユア・ワールド」は、意外にも花田えりかの一種ノウテンキな雰囲気のほうがアリエルっぽくて合っていたように感じた。あくまで比較の問題だが。

全体的には、アクの強い男性陣に実力派の女性陣、という組み合わせがぴたりと決まり、充実した公演になっていたと思う。花ちゃん見たかったけどね。また、ダンスパートでは、高倉恵美の名前が外れたことにとてもがっかりしていたが、そのパートに入った今彩乃がまた美人さんで…。と、今年も正常ではない観劇態度は絶賛継続中である。

200901111230000

「ソング&ダンス~55ステップス~」のホームページ

http://www.shiki.gr.jp/applause/songdance55/index.html

|

« 日本科学未来館ドームシアターガイア「バースデイ ~宇宙とわたしをつなぐもの~」 | トップページ | 土曜ワイド劇場「天才刑事・野呂盆六(3)~復讐の天使!百万ドルの夜景から届いた悪魔の殺人予告!天才VS美しく悲しき女刑事12年前の秘密!」 »

コメント

遅まきながら、明けましておめでとうございます。

芝ファントム良いですね、観たいなぁ。
ファントムには、妖しさと精神科チックな危うさと色気が欲しいので。

S&D食指が動くキャストではありますが、残念ながら今週は大阪です。
女性3枠に花ちゃんがいたら、直行ですが…。
最近の花ちゃんの動きには釈然としないものを感じます。上は何を考えているのやら…

どうでもいい話ですが、初夢にあのサム役者が現れました。…BBのビーストとして(泣)
汚染されてる我が身を苦笑しつつ、正夢にならないことを祈るばかりです。

長くなりましたが、本年もよろしくお願いします。

投稿: らべたん | 2009年1月14日 (水) 21時25分

らべたんさん、新年&ナイス初夢おめでとうございます。

いやあぜひ見てみたい。見事に一幕が締まらないでしょう。休憩時間終わったら人が減ってるような気がします。ガストンでも面白そうです。ぜひマンマ・ミーア!千秋楽後も四季に残って、いろんな役を罰ゲームのように演じてほしいです。見てるこっちが罰ゲームですが。

芝ファントムは、今回はあくまでS&Dバージョンなので、本当に実現したら演技は変えてくるはず、というか変えなかったらたぶん怪人としてはアウトです。いずれにしてもチャレンジしてほしいですね。

大阪も引き続き気になってます。キョウトの動向次第では、あるいは・・・。

投稿: ヤボオ | 2009年1月14日 (水) 23時35分

あけましておめでとうございます。お久しぶりです。

芝さんうらやましいです!
この3人、いいですねw

ちなみに私の初夢、トプシータービーの衣装を着たハギーが強引に踊りに誘ってきた夢でした。(苦笑

投稿: 凛 | 2009年1月16日 (金) 00時30分

>fudohさんのブログでたしなめられ

…汗。

隣りでリベンジ出来そうな雰囲気?

投稿: Fudoh | 2009年1月16日 (金) 01時40分

凛さん新年おめでとうございます。

あはは、それはまたキツいさかさま祭りですねえー。その誘いを受けて踊ったんでしょうか。

それにしても濃厚な三人男でした。胃もたれしそうです。

投稿: ヤボオ | 2009年1月17日 (土) 00時48分

Fudohさんこんにちは。

そうですねえ、なんかそういう雰囲気ですね。
しかしそんなご立派な作品は、私のような低級な人間には理解できないのではないかと思われてなりません。

投稿: ヤボオ | 2009年1月17日 (土) 00時52分

こんばんは。

今日私も観てきました。
李さんがのびのび歌ってるように見えました。芝さん効果でしょうか?
阿久津さんも声量UPしていた気がします。

ほのぼの路線の高井さんと怪しさ爆発の芝さん好みが分かれそうですね。

今日芝さんを観ていて、あの存在感が、逆に芝ジーザスがなかなか実現しない理由かもしれないと思いました。

投稿: 千尋 | 2009年1月17日 (土) 21時20分

千尋さんこんにちは。素敵な情報ありがとうございました。

ご指摘のように、芝ジーザスが出てきたら、バランスが崩れて別の作品になってしまうかもしれないですね。もういっそ、「芝清道一人芝居」でジーザスもユダもヘロデも全部やる、っていうのはどうでしょう。

李涛にはいろんな役に挑戦してキャラを磨いていってほしいですね。スカイとか……意表を突いてエンジェルとか……やっぱりやめときます。

投稿: ヤボオ | 2009年1月18日 (日) 02時07分

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
事情で今は観劇など外に出られないので、ここでいつも舞台をみたつもりになっています。
今年もたくさんアップしてくださいね。
ソンダンでお花見とはいかなくて残念でしたね。
でもそのメンバーで見れるのはやっぱり東京だなあと羨ましいです。初お花見はやはりアルデールでしょうか。
一部でそんな噂になってますね。

投稿: みー | 2009年1月20日 (火) 23時22分

みーさん、今年もこんないかがわしいブログですがよろしくお願いします。

アルデール、私には似つかわしくないムツカシイ芝居のようなので、どうしようかなあと思っています。

どうも四季に限らず今現在のラインナップは思わず行動に出てしまうような爆発力がないです。たんに俺が年なのかな。

投稿: ヤボオ | 2009年1月21日 (水) 00時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「ソング&ダンス~55ステップス~」変な男そろい踏み:

« 日本科学未来館ドームシアターガイア「バースデイ ~宇宙とわたしをつなぐもの~」 | トップページ | 土曜ワイド劇場「天才刑事・野呂盆六(3)~復讐の天使!百万ドルの夜景から届いた悪魔の殺人予告!天才VS美しく悲しき女刑事12年前の秘密!」 »