« Sheraton New York Hotel And Towers(シェラトン ニューヨーク ホテル & タワーズ) | トップページ | Mary Poppins(メリー・ポピンズ) »

2008年12月27日 (土)

WICKED(ウィキッド)

27日14時00分~16時40分
Gershwin Theatre

Wicked2008

2年ぶりのニューヨーク。前回は3日で8本というたわけたスケジュールだった。もう俺も大人だ。もう少し余裕を持って行動しよう。

とりあえず、今日は初日ということで前回のおさらい、というわけではないが、いきなりウィキッドだ。2年前の旅行で最後に観たのがウィキッド。そして今回最初に見るのがウィキッドだ。前回の旅行との連続性を演出したのではなく、ただの偶然。

このガーシュイン劇場というのは実に巨大な劇場で客席は1933もある。ブロードウェーの劇場というと、だいたい1200~1300前後の席数が多いと思う。昔「キャッツ」、今「マンマ・ミーア!」のウィンターガーデン劇場は1500程度、「オペラ座の怪人」のマジェスティック劇場や、「ライオンキング」の上演のために復活したニューアムステルダム劇場(現在「メリーポピンズ」上演中)でも1700ぐらい。この劇場の大きさはそれらよりも頭ひとつ抜けている。ちなみに四季劇場「海」は1200ちょっと。

前回は、1階席とはいえ一番後ろの一番上手側だった。舞台の全体は見渡せるが表情まではちょっと見えない。通路側派なのでストレスはないが、次回があったらもうちょっと前で観たいと思っていた。

そして次回が来たわけだが、今回入手したのは最前列の下手の端という、前回とは文字通り対称的な席。こんな席が比較的間際で買えたのは、この席が見切れ席だからである。値段もちょっと安い。まあ四季で言えばA席みたいなものか、と思って買ったのだが、あとで四季の座席表見たら違った。四季では、この座席は売ってすらいない席なのだ。あちゃー、こりゃAKB劇場の柱の影に隠れる席みたいなもんだな、と思ったが、前のほうで雰囲気を味わうのも悪くない。下手側だとグリンダ様もよく見えるかもしれないしぃ…。

場内で開演を待っていると、季節がら観光客が多いことも影響しているのか、みんな記念写真を撮っている。どうも開演前は黙認しているようだ。

となれば、自分もこの見切れ席からのパーシャル・ビューを記録しておくために1枚納めてきた。

Mikire_2

こんな感じだ。中央にぶらさがっているのは猿が降りてくるためのロープ。開演後、撤去される。

舞台の左側が隠れる、というよりも、舞台の左奥のほうが隠れる、といったほうがいいかもしれない。重要なシーンが見えなくて困る、ということはほとんどなかったので、かなりお得な席ともいえる。逆に見切れ席の本当の意味である、見えてはいけないものが結構見えた。ブリキ男とライオンの尻尾で綱引きをするスタッフとか・・・

でも、確かにグリンダ様は近しく拝見することができる。もっとも、「What Is This Feeling?」で目の前にいらっしゃるのでは、という淡い期待は打ち砕かれ、自分のポジションはそれよりもさらに左だった。どれほど左か、よくわかっていただけるのではないかと思う。

さて、この日のグリンダ・エルファバコンビは、Alli MauzeyとMarcie Dodd。Marcieのエルファバは、体格がよく、顔もきりっとした、男系のエルファバ。力強さが全身からみなぎっている。

対するAlliグリンダは、まさしく「キュートなブロンド」。冒頭のシーンでは意外に年齢を重ねているかも、と思ったが、学生時代の回想シーンでは、愛すべきバカ女子大生が板についており、何とも魅力的だ。ナイスバディところころかわる表情、かわいらしいまま伸びていく声で、観る者を飽きさせない。まあ自分がフィエロだったら確実にこちらになびく。

そんなわけで、なんだか全編グリンダ様ウォッチになってしまって、あまり全体的な感想がない。海外にまで来て「正常ではない観劇姿勢」を実践とは、われながら感心だ。まあ全体が見えない席だったから、ということでご勘弁を。応援してるぜい、Alli Mauzey!

<追記>

Alli Mauzeyがイベントで「Popular」を歌っている映像を見つけた。顔もそうだが、声のかわいさたまりません。

|

« Sheraton New York Hotel And Towers(シェラトン ニューヨーク ホテル & タワーズ) | トップページ | Mary Poppins(メリー・ポピンズ) »

コメント

観劇三昧の日々、うらやましい限りです。
年末年始も仕事の私は他人様の旅行記を読んで、自分も行った気になってます。

正常ではない観劇態度の締めくくりとして、31日に汐留に行ってこようかなと考えてます。

なかなか日本から(四季から)抜けられませんなぁ…。

投稿: らべたん | 2008年12月29日 (月) 23時37分

らべたんさんこんにちは。

お仕事お疲れ様です。
今週のキャストならアメリカまでグリンダ様を追い求めるまでもなかったかもしれません。

年明けもこのキャストで行くなら新年早々私も汐留かもです。

投稿: ヤボオ | 2008年12月30日 (火) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/43555258

この記事へのトラックバック一覧です: WICKED(ウィキッド):

« Sheraton New York Hotel And Towers(シェラトン ニューヨーク ホテル & タワーズ) | トップページ | Mary Poppins(メリー・ポピンズ) »