« BLUE MAN GROUP(ブルーマン) | トップページ | ANGELO'S PIZZA »

2008年12月29日 (月)

Mamma Mia!(マンマ・ミーア!)

29日20時~22時40分
Winter Garden Theatre

Mm2008

何をいまさら、と言われるかもしれないが、この日の夜はマンマ・ミーア!だ。この3年ぐらいで、自分が一番数多く観た作品は、恐らくこのマンマ・ミーア!ではないかと思う。それほど愛着がある作品であるし、ロンドンでは観たことがあるもののブロードウエーでは観ていないということもあるし、10年以上前に「キャッツ」を観たウィンター・ガーデンシアターの内部が現在どうなっているかも知りたいし、それにあの劇場は「ガラスの仮面」と並ぶ女性向け漫画の最高傑作「BANANA FISH」にも登場した場所だし、今回泊まっているシェラトンホテルからは目と鼻の先だし、カラオケでないマンマ・ミーア!を久しぶりに観たいし、エディは手錠を持ってくるし……といくつかの理由が重なって今回チケットを確保した。

そしてもうひとつ、重要な理由があった。あるセリフが、もともとの英語でどうなっていたかを知りたかったのだ。それは、3人の父親が島で顔を合わせたとき、ハリーがビルに「君の本は読んだよ。『雨水飲んでアマゾンを行く』」というセリフ。ビルは、ジョークのセンスがちょっと微妙、という役どころだ。「どこかで1冊、売れたって聞いたよ」とか「双子の妹がいるなんて、言わないよね」など、一瞬どうリアクションしていいかわからないジョークを連発する。恐らくこの本も、洒落たつもりがいまいち伝わりづらい題名なんじゃないか。ずっとこれを英語で何と言うのか気になっていた。ロンドンで観たときはそれをチェックするのを忘れてしまったし、映画版ではそのセリフがなかった。だから、今回ここで確認したかったのだ。

というわけで、オープニングからずっと、そのシーンに注目していた。

いよいよ問題の場面でハリーの口から出たセリフは、その場では「Broken Boat in Botsuwana」と聞こえた。ボツワナのぶっこわれた船?ちょっと違うようなので、ネットで当たってみたところ、いたいた、セリフを書き出している人。どうも「a Bloke in a Boat in Botsuwana」と言っているらしい。ボツワナのボート野郎?洒落のできそこない、という雰囲気は伝わってくるけど、いまいち意味がわからない。英語に強い人に解説プリーズである。

さて、ブロードウェーのマンマ・ミーア!はどうだったか。基本的には、ロンドンで観たときの印象に近い。基本的な演出は同じなのだけれど、細かい動きの部分が四季のそれよりもかなり下品で、くどい。ただ、ロンドンのときよりもキャストは全体に若かった。

四季のダイナモスは、みんなキレイでかわいいおばさんたちで(一部、おばさんというには失礼な人までいる)、わりとすんなり受け入れられるが、海外のダイナモスは、自分たちの役がキワモノであることを意識しているようで、受け入れるのにはやや抵抗を感じる。おばちゃん無理してんなあ、という印象が先に立つのである。

しかし、それでもこの舞台の世界観はくずれない。それだけ、この作品の脚本の緻密さとABBAのメロディーが織り成す完成度は高く、そして強固なのである。四季にも、もっとボウケンをしてほしいものだ。

そうそう、まずはソフィーの髪型から変えてみてはどうだ?かたくなに外まきヘアーをすべてのソフィーに強制しているけど、あれソフィー役のハードルをものすごく高くしていると思うぞ。ロンドンで観たときは普通の萌えショートだったし(その言葉は普通じゃねえだろ)、今回のソフィーはかつての宮崎しょうこのようなすらっとした体型の美人さんだったが、ふわふわのゆる巻きロングヘアーだった。その女優さんに似合う髪形でいいと思う。

久しぶりに、指揮者がロージーからデジカメを渡され写真を撮らされる場面を見た。やっぱりカラオケだとこれがないのがさびしい。

<追記>

帰りの飛行機で映画版をまた観ていたのだが、オリジナル音声を聞いたらちゃんと「a Bloke in a Boat in Botsuwana」と言っていた。映画の字幕ではカットされたか、俺が見落としていたらしい。ちなみに吹き替え音声では「ボツワナのボート男」。これだと確かにただの冒険譚のタイトルだが――。

|

« BLUE MAN GROUP(ブルーマン) | トップページ | ANGELO'S PIZZA »

コメント

旅行記 ほんとに素敵ですね、毎回 たのしく拝見しています

マンマ、28日に名古屋で見てきたので、ついついコメントしてしまいました 確かに五東さんなんかあのお化粧であってもどこか、上品さが隠せなくて…江畑ソフィは久しぶりに20歳らしいピチピチな感じがしました 衣装もです(*^_^*)

55歩、花代ちゃんがなかなか出現いたしません 待ち遠しいです 

道中記&観劇記をまた楽しませていただきます お気をつけて 

投稿: mitsuko | 2008年12月30日 (火) 20時44分

mitsukoさん、こんにちは。お久しぶりです。

江畑ソフィ、ピチピチですか!こりゃ行かなくては。(←最低)

四季の上品なマンマ・ミーア!も大好きです。正直、今回米国で見ていて、全体的な実力は負けていないというか、勝っているとも感じました(※サム除く)。

55ステップス、年明けのキャスト変更に期待です。

投稿: ヤボオ | 2008年12月30日 (火) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/43575429

この記事へのトラックバック一覧です: Mamma Mia!(マンマ・ミーア!):

« BLUE MAN GROUP(ブルーマン) | トップページ | ANGELO'S PIZZA »