« 東京ディズニーランド「クリスマス・ファンタジー」2008開幕  生まれ変わったキャッスルショー | トップページ | AKB48コンサート「まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?」 »

2008年11月22日 (土)

SKE48@AKB48劇場公演「Partyが始まるよ」

10月に名古屋に誕生したSKE48が、秋葉原のAKB48シアターで公演を行う。なるほど、AKBの横展開戦略ではこういうことも可能になるのか。今後博多や大阪にも広がってくると、それぞれの公演地を入れ替える週なども出てくるんだろう。

そういうわけで名古屋の初演以来、2回目のSKE観覧だ。前回はほとんど視界の取れない立ち見だったが、その後WEBや雑誌の掲載などでなんとかおおよそ顔と名前が一致してきた。その確認作業をしようと思っていたが、幕が上がると……あれ、人数多くね?

なんと1st選抜に漏れた7人も参加してフルメンバー公演だ。くうう、やることがにくいぜ。

初日には見られなかったこの7人、なかなか個性的だ。佐藤実絵子と並ぶミニマム身長・森紗雪の「ここだよ~」には和んだ。柴木愛子はアニソン歌手が目標らしいが、その声はアニメ声なんてレベルではなく完全な声優声。養成所にでも通っているのか。その声で「応援してくれないと、シバッキーだぞ?」とやられた日には、もうその場でへたりこんでしまうほどだ。ほかにも「かなかな」の平松可奈子、稲垣ほなみに尾関きはる、佐藤聖羅に前川愛佳……みなアンダーにしておくには惜しいキャラクターぞろいだ。早くも卒業が決まってしまった鈴木きららの席に座るのは誰か。実に楽しみになってきた。

その鈴木きららは、24日のSUNSHINE STUDIO公演を最後にSKEを去る。存在感のある子だっただけに残念だ。大スターの若いころのような顔をしているので、その将来を嘱望されてどこかの引き抜きにあったのか。そうであればいいが、このまま消えてしまうのはもったいない。この日の公演では、ちょっと緊張の糸が切れていた様子で、それもまた残念だった。

このAKBシアターに戻ってきた形となった、もとAKB研究生の出口陽と中西優香。出口は最初の自己紹介MCから号泣だった。思いがあふれてきたのが伝わって、感動した。そして中西は淡々としていたが「ただいま、って言っていいですか?」という言葉にこめられた思いの強さは出口にも負けていないだろう。研究生のまとめ役として慕われていた中西だが、SKEに参加してもチームBの浦野一美のように前へ前へ出ることなく(シンディの場合はあれでいい)、SKE内での自分のポジションを見極めてその役割を粛々とこなしている感じの中西は本当にカッコいい。こうした人材の流動化も横展開の効果といえるだろう。

号泣、といえば松井玲奈も自己紹介で号泣。戸島花にあこがれ、その戸島と同じポジションを任され、そしてこの日その戸島が立っていた舞台に立てたことが本当に嬉しかったのだという。

アンコールでは「大声ダイヤモンド」を披露。この曲はやはり松井珠理奈あってのもの、であり、そういう意味では本物(?)の大声ダイヤモンドを見た、という感触があった。

きらら卒業は残念だが、次第にみなキャラクターを出してきて、さらに研究生が個性派ぞろいということで、ますます目が離せなくなってきたSKE。こうなりゃまた名古屋に行かないとな。

SKE48のWEBサイト
http://www.ske48.co.jp/

|

« 東京ディズニーランド「クリスマス・ファンタジー」2008開幕  生まれ変わったキャッスルショー | トップページ | AKB48コンサート「まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/43206970

この記事へのトラックバック一覧です: SKE48@AKB48劇場公演「Partyが始まるよ」:

« 東京ディズニーランド「クリスマス・ファンタジー」2008開幕  生まれ変わったキャッスルショー | トップページ | AKB48コンサート「まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?」 »