« ビーチへ | トップページ | テレビでも見て寝るか。ヒマだからな! »

2008年9月15日 (月)

「龍潭」で夕食

もはや鉄板焼きの「龍潭」とフレンチの「ファヌアン」に来るためにブセナに泊まっていると言っても過言でない。

佐藤料理長が苦心して石垣牛の流通を抑えて以来、その魅力にさらに磨きがかかっている。そういえば佐藤氏は高田純次とみのもんたの旅行番組に出ていたな。

さて、今日の鉄板を担当してくれたのは沖縄の男らしく、シャイな口調で話すナイスガイのS氏だ。

まずはつきだし代わりの一品。ミミガーの和え物だ。

Ryutan1

続いてオードブル。豆腐ように牛肉のタタキ、海鮮。

Ryutan2

オマール海老が焼きあがった。

Ryutan3

時間差でツメの部分も出てくる。

Ryutan4_2

本日のチャンプルーはフーチャンプルー。東京の沖縄料理屋で食べるのとは段違いの味だ。軽く醤油で味をつけているが、「基本は塩味」とのことだ。

サラダで一休み。

Ryutan6

いよいよ石垣牛登場。今年はこの場面を動画でご紹介しよう。

そして焼きあがった石垣牛(サーロイン)。

Ryutan8

石垣牛のうまさは油ののったところにある。それを堪能できるのはやはりフィレよりサーロインではないか。夢中であっという間に食べてしまった。

そしてガーリックライスと、

Ryutan9

味噌汁、お漬物をいただく。パパイヤの漬物は毎年沖縄でしか食べないけれど本当においしい。

Ryutan7_2

デザートはこの店オリジナルの、かき氷のかわりに抹茶アイスを使った沖縄ぜんざい。

Ryutan10

すっかり全国ブランドになった石垣牛だが、やはり石垣牛を食べるなら龍潭に限る。

|

« ビーチへ | トップページ | テレビでも見て寝るか。ヒマだからな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/42489983

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍潭」で夕食:

« ビーチへ | トップページ | テレビでも見て寝るか。ヒマだからな! »