« 映画「デトロイト・メタル・シティ」クラウザーさあん | トップページ | 四季「夢から醒めた夢」真家ピコどうでしょう »

2008年8月30日 (土)

四季「ライオンキング」激闘!芝・スンラ サバンナ血風編

ラフィキ 金原美喜
ムファサ 芝 清道
ザズ 雲田隆弘
スカー 金森 勝
シェンジ 池末絵己子
バンザイ 韓 盛治
エド 朝隈濯朗
ティモン 黒川 輝
プンバァ 福島武臣
シンバ 瀧川 響
ナラ 江畑晶慧
サラビ 松下沙樹
ヤングシンバ 岡田勇太
ヤングナラ 鈴木彩花

福岡限定モデルかと噂されていた芝ムファサが東京に急きょ登場した。

ことし1月、福岡シティ劇場で観ているが、その時と演技は同じか変わっているか、ひとつ確認してやろう、と前日予約で四季劇場「春」へ。

……変わっていた。

福岡のときは、子煩悩さが前面に出た、おだやかで柔らかな、優しさあふれるムファサだった。しかし東京プライドランドに颯爽と現れたムファサは、肩で風切って歩く、ギラギラした武闘派に変身していた。その声には威圧感があり、体全体から闘気が湯気のように放出されている。ラオウみたいだ。思わず「拳王様!」とひれ伏したくなる。芝的には、少し「ユタと不思議な仲間たち」のペドロ親分が入っているのを感じる。

あの優しかったムファサを変貌させたのは、この男――金森勝(キムスンラ)演じるスカーである。

以前fudohさんのブログで読んで大いに興味を持っていたが、確かにこれはすごい。本気で狂っている。イッちゃってる感じだ。死と野望にとり憑かれた狂気の王、それがスンラスカーだ。ハイエナの巣窟で恍惚と歌い踊るその様はデンジャラスなことこのうえない。

そして2幕はじめの「スカー王の狂気」。肉親の死とひきかえに野望を達成しながら、満ち足りることなくムファサの影におびえる姿はまさに「リチャード三世」そのものである。なるほど、スカーってつきつめるとこういうキャラクターになるのか。日本初演から10年経って初めて知る作品の新たな側面だ。

芝vsスンラの直接対決、これをずっと見たかった。「ジーザス・クライスト=スーパースター」で実現するかと思いきや、スンラユダは登場したが芝ジーザスは結局舞台に立つことがなく、対決は持ち越しに。それだけにこの2人によるガチの勝負は見ごたえがあった。とはいえ、2人がにらみあうシーンは非常に少なく、ムファサは1幕で退場してしまう。これは残念だ。もうシンバのその後とかどうでもいいから、この2人が動物の大軍を率いてアフリカ大陸を2分する大決戦を繰り広げるという展開を見たくなったほどだ。

ぜひ、続きを「ジーザス」全国公演で見られることを期待したい。

「ライオンキング」のホームページ
http://www.shiki.gr.jp/applause/lionking/index.html

|

« 映画「デトロイト・メタル・シティ」クラウザーさあん | トップページ | 四季「夢から醒めた夢」真家ピコどうでしょう »

コメント

お久しぶりです。
観に行きましたか!二人の対決!
柔らかい芝ムファサも見たかったんですが
スンラスカーの影響で変化した芝ムファサもすごそうですね!
スンラさんのスカーも是非見てみたいです。
…JCSのほうも今度こそは出ますかねぇ芝ジーザス…。

投稿: 凛 | 2008年8月31日 (日) 16時22分

凛さんこんにちは。

芝ジーザスの登場、大いに期待しております。
ムファサだと1幕しか出ないですから。
ほかに対決ものだと何があるでしょう。
芝バルジャンにスンラジャベール?
それちょっと問題あるけど、規制緩和しちゃってください。

投稿: ヤボオ | 2008年8月31日 (日) 22時28分

こんばんは。
今週はもう芝ムファサは去ってしまいました。先週観ておいてよかったです。
いいお父さんしてましたね。福岡ではもっと優しいムファサだったのでしょうか? 一幕しか出ていないにもかかわらず、存在感抜群(WSSの加藤ベルナルドのようです…)
思わず昨日の発売で買ってしまいました。四季の作戦にまんまとはまった気がします。

投稿: 千尋 | 2008年9月 1日 (月) 23時56分

千尋さん、こんにちは。

芝ムファサ短かったっすねえ。
次はいったいどこに行くんでしょう?やっぱり全国?
加藤ベルナルド、言いえて妙です。こういうゼイタクな役者の使い方ができる四季でこれからもあってほしいです。値下げしても。

投稿: ヤボオ | 2008年9月 2日 (火) 00時56分

機を逃さず行かれましたね。さすが!
なかなかの好機でしたが私の場合一味足りなかったので(笑)断念しました。

このところ気になるキャスト連発ですね!
ヤボオさん、忙しくなりますね(笑)

投稿: fudoh | 2008年9月 3日 (水) 08時58分

fudohさんこんにちは。

確かに、ナラがちょっとイマイチだったかも。
なかなか良キャストはそろわないもんですな。

キャストの潮目が変わりつつあります。
いい流れが続くといいのですが。

投稿: ヤボオ | 2008年9月 4日 (木) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「ライオンキング」激闘!芝・スンラ サバンナ血風編:

« 映画「デトロイト・メタル・シティ」クラウザーさあん | トップページ | 四季「夢から醒めた夢」真家ピコどうでしょう »