« AKB48「ライブDVDは出るだろうけどやっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り」 | トップページ | 四季「ライオンキング」激闘!芝・スンラ サバンナ血風編 »

2008年8月23日 (土)

映画「デトロイト・メタル・シティ」クラウザーさあん

待ちに待った、と言うほどでもないが、それなりに楽しみにしていた「デトロイト・メタル・シティ(DMC)」実写映画化。率直な感想として、非常にいい映画だったと思う。

原作にある、とてつもなくお下劣な部分がだいぶ和らげられ、全体的にマイルドな味わいになっている。また、原作では常にギャグの味付け、オチの前振りでしかない「感動」の要素がだいぶ強調されていることから、原作のコアなファンは「こんなのDMCじゃない!」と怒るかもしれない。

確かにテイストの違いは感じる。しかし、これはまぎれもなくDMCである。そう言い切れるのは、ひとつには原作のさまざまなシーンやエピソードを丁寧に拾い上げ散りばめていることがある。実にうまくまとめていた。そしてもうひとつ、スタッフ、キャストがみなこのDMCの面白さがどこにあるのかを正確に理解した上で、それぞれの仕事をこなしているように感じる。これが大きいと思う。

DMCの面白さは、ファンがヨハネ・クラウザーⅡ世のことを「クラウザーさん」と呼ぶところに象徴されるように、ファンたちがクラウザーを崇拝しつつも、「~様」というほどには距離を置かず、至近距離からその妄想を投射するために、結果的にクラウザーの虚像が本人の意思とは無関係にどんどん膨らんでいってしまうところにある。

李闘士男監督はそのツボを的確に抑えていた。だからこそ、「ファンたち」という名前すらない役に、大倉孝二という芸達者な俳優を据えた。大倉のほうもその意味を正確に理解し、緻密な演技で存在感を放っていた。ここがこの映画を成功させた大きな要因だ。

そして松山ケンイチは期待どおりのすばらしい演技。「根岸崇一」をやや過剰気味の演技で、「ヨハネ・クラウザーⅡ世」をぐっと押さえた演技で見せているところが心憎い。並の役者なら逆にしてしまい、映画なのに「漫画的」なクラウザーが出来上がってしまうところだ。そして、ライブシーンでの立ち居振る舞いがえらくカッコいい。なんというか、決まっている。自分も決してメタルに詳しいわけではないが、「ああ、デスメタルってこういうところにシビレるんだろうなあ」と思えてくるほどだ。

松雪泰子がすごい女優だ、というのは最近舞台や映画でしょっちゅう感じさせられていることだが、今回もそうだ。いや、いつもより余計にすごい。この社長というキャラクターは、原作でも無茶苦茶すぎる人物だが、人間としてのスケールの大きさを感じさせる面もある。松雪社長は、その両面をきっちりと表現している。そして何より、怖い。

また、冒頭のシーンから登場する崇一の母、宮崎美子の演技もさすが。原作にも出てくるキャラクターではあるが、この宮崎の演技が、今回の映画に原作とは全く異なるニュアンスを与えるのに貢献している。それが安っぽい人間ドラマにならずに済んでいるのは、宮崎の演技が一級品だからだ。

一流のスタッフ、一流のキャストが、作ろうとしている作品の本質を理解し、その上で自分たちの力を出し切っている。その単純なことが、ここまで映画を面白くするのだというお手本のような映画である。

さて、今回この映画を観たのは、六本木ヒルズだ。せっかくだからDMCゆかりの場所にしよう、ということでここにした。

何しろこの六本木ヒルズは、クラウザーさんが東京タワーを孕ませてできたのだから。これは2巻に登場するネタだが、最新5巻の中にも、それをさりげなく受けた1コマがある。

Hills 

とにかく、観るかどうか迷っている人は、思い切ってGo to DMC!!

「デトロイト・メタル・シティ」公式WEBサイト
http://www.go-to-dmc.jp/index.html

|

« AKB48「ライブDVDは出るだろうけどやっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り」 | トップページ | 四季「ライオンキング」激闘!芝・スンラ サバンナ血風編 »

コメント

こんにちは。お久しぶりです。
別映画の予告で、松雪社長でぶっ飛びました。クラウザーさんもいいけど、松雪さん目当てに観るのもアリだな、と思ったので。ヤボオ師匠のご意見参考になりました。
映画で観るかどうかはアレですが。

投稿: たるみ | 2008年8月24日 (日) 10時05分

たるみさんこんにちは。

いやいや、そう言わずにぜひ夫婦そろって映画館へお出かけください。それなりに楽しんでいただけるかと思います。それなりかよ。

投稿: ヤボオ | 2008年8月24日 (日) 15時43分

お久しぶりでございます。
原作未読でも面白いらしい、との話を聞いて初日に行って参りました。
根岸くんの気色悪さとクラウザーさんの落差やらなんやら、けっこう楽しめましたね。松山ケンイチはすげーや。
松雪泰子の社長もコワカッコイイってーか。
大爆笑には至らないまでも、随所でくすりとさせてくれる面白い映画でした。

投稿: ほしよ | 2008年8月25日 (月) 09時12分

こんにちわ。
いつも楽しみに読ませていただいていますが、コメントは初めてかもしれません。
あどと申します。
四季の感想目当てでいつも拝見していたのですが、DMCにまでここまで的確な評価をされていることに驚きました。
確かに、原作のコアなファンからは受け入れられていないようですが、私は原作とはちょうどいい距離感を保って作られた佳作だと思いました。
要所要所で笑わせてくれて、ここだけは外したらアカン!というシーンをうまく入れ込んでくれたかんじです。
私的には、観覧車から登場して佐治くんのライブをぶち壊してくれたら100点満点だったかな。

ヤボオさんの言うとおり、大倉さんをはじめとするDMC信者のポジションと演技が最高でした。
長々すみません。

投稿: あど | 2008年8月25日 (月) 23時09分

ほしよさんこんにちは。

確かにあの松雪社長は怖い。そして、汚い。それがなんともカッコよかったであります。

日本にはウマイ俳優も、いい原作もわんさかなのに、なかなか作品のヒットにつながらないのが残念です。制作費の集め方に問題があるのかなあ。

投稿: ヤボオ | 2008年8月25日 (月) 23時41分

あどさんこんにちは。

ブログ拝見しました!北の大地からこんな気の抜けたブログを読んでいただき恐縮です。

DMC、良かったと思います。メディアが変われば味付けが変わるのがむしろ自然。なのにあえて「原作に忠実」を標榜する「20世紀少年」がどうなるか興味があります。

これからもブログ読ませていただきます。よろしくです。

投稿: ヤボオ | 2008年8月25日 (月) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「デトロイト・メタル・シティ」クラウザーさあん:

« AKB48「ライブDVDは出るだろうけどやっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り」 | トップページ | 四季「ライオンキング」激闘!芝・スンラ サバンナ血風編 »