« 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」先行上映 | トップページ | 四季「ウェストサイド物語」俺がトニーだ!福井晶一上洛 »

2008年6月22日 (日)

AKB48 第二回研究生公演「ただいま恋愛中」

先月22日に、急きょ決まって実施された「研究生公演」。AKBの公演では、正規メンバーが休演のとき、代役として研究生が舞台に立つ。その研究生はすでに20名を越えており、もう1つチームができそうな勢いだ。いっそ研究生だけで公演をしてしまえ、という声はあったが、それを本当にやってしまったわけだ。セットリストはチームAの「ただいま恋愛中」をそのまま利用。しかし評判はすこぶるよかったようで、今月も開催が決まった。まだ「ひまわり組」に出演していなかった研究生の顔と名前が一致していないこともあり、それをインプットする絶好のチャンス、と抽選に応募。FC枠は落選だったが、一般枠で入場することができた。

この日の出演者は以下の通り。

藤江れいな、瓜屋茜、中田ちさと、小原春香、近野莉菜、宮崎美穂、中西優香、藤本紗羅、石田晴香、内田眞由美、北原里英、指原莉乃、冨田麻友、中塚智実、仁藤萌乃、畑山亜梨紗

藤江れいなはすでにチームAに昇格しているが、前回に引き続き研究生公演に参加。ほか、前回出演した大家志津香は今回も参加予定だったらしいが、けがのためお休み。

この中で観たことがあるメンバーを整理してみる。藤江れいなは言うまでもなく。中田ちさと、小原春香、近野莉菜、宮崎美穂はひまわり組で。指原莉乃はチームAの板野友美の代役で。瓜屋茜、中西優香、藤本紗羅、北原里英、冨田麻友はチームKやチームBのバックダンサーで。そうなると本当に初見だったのは石田晴香、内田眞由美、中塚智実、仁藤萌乃、畑山亜梨紗の5人ということになる。

藤江れいなは前田敦子のポジションに入っていた。藤江れいなポジションには藤本紗羅。大家志津香が休みになった影響か、「帰郷」では中田ちさとがいつもの篠田麻里子ポジションではなく、中西里菜ポジションに。篠田ポジションには石田晴香。その石田晴香と内田眞由美はチーム公演では2人で大江朝美のアンダーを務めている。ユニット曲は本来石田の受け持ちだが、「帰郷」へ石田が移ったことで内田が「7時12分の初恋」を歌った。

いつも正規メンバーに囲まれて遠慮がちな研究生がのびのびと歌い踊っており、表情にも充実感と楽しさが表れている。その気持ちが観客にも伝わってくるという、実に素敵な公演だ。

トークも、こなれてはいないが、みなリラックスしていい味を出していた。研究生ながら「AKB0じ59ふん!」に出演し自信をつけてきたか、宮崎美穂がかなり頑張っていたのが印象に残った。

歌を初めて聴いたメンバーでは、石田晴香に注目だ。ユニットの急な代役を果たせる、ということはそれだけ実力があるということだ。小野恵令奈似と言われるルックスも強力だし、すでにかなりの人気らしいが今後の展開が楽しみだ。この日MCで「渚のCHERRY」を歌いたい、と言ったところ、中塚智実(クリステル)に「青のほうだよね!?」と突っ込まれたのには爆笑だったが、ちゃんと「黄色です!」と言い返していた。峯岸みなみが聞いたらカチンと来そうな話だが。

確かに、これで1チーム作ったらそれなりに面白いカラーが出せるかもしれない。ただ、ビジュアル的には同じようなタイプの薄味美人が多いので(最初、指原莉乃と仁藤萌乃が同じような髪型、身長で見分けがつかなかった)もっとキャラクターを前面に出さないとなかなか覚えにくそうだ。

新チームが無理なら、ときどき「パジャマドライブ」や「最終ベルが鳴る」もやってほしいものだ。各チームにもいい刺激になるだろうし、これで入場料が1000円安い2000円というのは、非常にお得感がありファンサービスにもなる。

いずれにしても、次の公演に期待しよう。

AKB48の公式WEBサイト

http://www.akb48.co.jp/

|

« 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」先行上映 | トップページ | 四季「ウェストサイド物語」俺がトニーだ!福井晶一上洛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/41615921

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48 第二回研究生公演「ただいま恋愛中」:

« 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」先行上映 | トップページ | 四季「ウェストサイド物語」俺がトニーだ!福井晶一上洛 »