« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月27日 (日)

ミュージカル「レベッカ」山口祐一郎にはダマされないぞ!

※ばれますのでご注意ください。

マキシム 山口祐一郎
わたし 大塚ちひろ
ダンヴァース夫人 シルビア・グラブ
フランク 石川禅
ファヴェル 吉野圭吾
ベン 治田 敦
ジュリアン大佐 阿部 裕
ジャイルズ KENTARO
ベアトリス 伊東弘美
ヴァン・ホッパー夫人 寿ひずる

シアタークリエ初のミュージカル興行は、作詞ミヒャエル・クンツェ&作曲シルヴェスター・リーヴァイ、主演は山口祐一郎という東宝演劇の最強布陣で臨む「レベッカ」。ヒッチコック監督による映画版は観たことがなく、まったく予備知識なしで劇場へ向かった。クリエは「恐れを知らぬ川上音二郎一座」以来。

天涯孤独だった「わたし」が突然イギリスの大富豪・マキシムの後妻に迎えられ屋敷で生活するようになるが、誰もが褒め称える死亡した前妻について意外な事実を知り……というサスペンスタッチの作品だ。

シルヴェスター・リーヴァイらしい美しい音楽と共に幕が上がり、大塚ちひろの独唱。「ダンス オブ ヴァンパイア」の時より、また歌がうまくなっている気がする。「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」で長澤まさみと「モスラの歌」を歌っていたときはここまで歌の才能のある子だとは思わなかった。

ほどなく、えらく若づくりした山口祐一郎が舞台に登場。大富豪の英国紳士、というふれこみだが、英国紳士はともかく、大富豪にはちゃんと見える。どこか世間の常識とはズレた雰囲気が感じられるのだ。どことなく「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の中川がちょっと老けたようだ。そして上滑りしたようなセリフにぎこちない動き。

ものすごくヘンだ。

だんだん、中川というよりは京極夏彦の京極堂シリーズ第7段「陰摩羅鬼の瑕」に出てくる“伯爵”のように見えてくる。つまり、単なる世間ずれしていない金持ち、ということではなく、常識を知らないがゆえにとんでもない陰惨な事件を起こしそうな、いや、もう起こしているのではないか、という不安がもくもくと頭の中にわいてくる。そしていきなりの求婚。「わたし」を愛しているとは微塵も思えない。やはりこれは第二幕の惨劇へ向けた序章に違いない。

しかし、それは山口祐一郎の仕掛けたワナだった。

確かに、2幕に入って隠された真実、マキシムの過去が明らかとなる。しかしながら展開は決して陰惨ではなく、全体的にはイイ話で終わる。後味も決して悪くない。

ヤツにダマされたのだ。見事なまでに。

この日本語版以外の公演を観たことがないので何とも言えないが、あそこまで怪しい演技は脚本で指示されていないのではないか。舞台を観たあとにヒッチコック版の500円DVDを購入してみたが、やはり多少の影はあるものの、マキシムの「わたし」への愛情はそれなりに感じ取れる。だからこそ、後半、その苦悩が明らかにされたときの「わたし」の気持ちが痛いほど分かるのだ。オリジナルの演出はその線に近いのではないかと想像できる。

ではなぜ、ヤツは勝手に演技を変えたのだろう(まあ、山口祐一郎にはよくあることだが)。恐らく、そうすることで第一幕がダレるのを避けようとしているのではないか。この舞台、一幕が85分あるが、やや展開がもたつくきらいがある。あの山口の演技によって、後半のあんなことやこんなことを想像しなければ、ちょっと眠くなってしまう。

そして、この作品全体が、サスペンスというよりもラブロマンスの色彩が強く、後味はやや甘めである。もちろん、そういうものを求めている観客も多いのだし、それはそれでいい。しかし、あの男はそれでは満足できず、もうひと味加えてやろうと考えたのではないか。少なくとも、自分はあの妙な演技によって大いに楽しんだし、自分の間違った想像と、実際の展開のギャップに驚くこともできた。

作品を平気でねじ曲げる山口祐一郎。いろんな意味で期待に応えてくれる男である。

テイストはやや甘めではあるが、音楽を含めて完成度の高い作品だ。この公演自体もボーカルの確かな俳優がそろった、なかなかの出来だと感じた。石川禅やシルビア・グラブはさすがの安定感だし、KENTAROの歌とひょうひょうとした演技も印象的だった。彼にはぜひ、「オペラ座の怪人」でムッシュー・アンドレを演じてほしい。

シアタークリエといえば、7月の「デュエット」のプロモーション映像をロビーで流していた。久しぶりに映像で見る保坂知寿さまが超かわいい。さほど興味が沸かない作品だと思っていたが、こりゃやはり観なくてはいけないようだ。

クリエのロビーは非常に狭い。休み時間中は、つながっているシャンテの地下のカフェがおすすめだ。

「レベッカ」のウェブサイト
http://www.tohostage.com/rebecca/index.html

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

東京ディズニーリゾート25thアニバーサリー

4月15日、東京ディズニーリゾートの25周年記念イベントがスタートした。

今回の目玉は、新パレード「ジュビレーション!」の登場である。新パレードというとそれだけで期待が高まるが、何しろアニバーサリーだから相当気合いの入ったものになっているに違いない。先日のフロート装飾落下事故も記憶に新しいだけに、名誉挽回とばかりにオリエンタルランド社も総力を挙げて取り組んでいるはず。

ありあまる期待を胸に、ディズニーランドに入場した。

25th01

じっとパレードの開始を待つ。

そしてついに……

続きを読む "東京ディズニーリゾート25thアニバーサリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AKB48 チームA公演「ただいま恋愛中」リバイバル公演初日

ひまわり組が千秋楽を迎えた翌日から、さっそくチームA公演が始まった。昨年、ひまわり組1stステージが始まる前に上演されていた「ただいま恋愛中」のリバイバルである。新参者の自分にとってはもちろん初めて観る舞台。そもそもチームAが初めてだ。

この日は3公演日だが、その最初の公演に、ひまわり千秋楽に続いて幸運なことに当選し、入場することができた。

初日公演ということで、ファンの間で自発的に組織された実行委員会の方々が、チームAカラーである赤のサイリウムを配布していた。さらに入場順抽選の前に、劇場スタッフから許可を受けてサイリウムの使い方を説明。いかにもAKBらしい光景といえる。

この公演で最も注目されていたのが、ひまわり組2nd公演を休んでいた大江朝美(おーぃぇ)と中西里菜(りなてぃん)が復活するのかどうかという点だった。それに関する公式発表がないまま初日を迎えたが、まず開場後、開演前のメンバーの誰かが担当する影アナがいきなり中西。幕が上がるときちんと16人そろっている。ということは、当然大江も復活である。

そうした始まった公演はすこぶる楽しいものだった。チームAらしい(といっても初見だけど)キュートなガーリーポップが炸裂するオープニングから、メンバーの個性を引き出すユニット曲、制服を着崩したり私服っぽい衣裳で歌ったりの後半、「BINGO!」の大盛り上がりと「軽蔑していた愛情」の重い雰囲気とのギャップがすごいエンディング、「なんて素敵な世界に生まれたのだろう」の感動的なアンコールまで、息もつかせぬ勢いで観客を引っ張っていく。

MCも、さすが息のあったやりとりを見せていた。おーぃぇ、りなてぃんが帰ってきたこともあったのだろう、みなさながら中西・篠田真里子・佐藤由加里が歌う「帰郷」の主人公のように、実家に帰ってきたようなムードで、リラックスしたトークが繰り広げられていた。

完成度の高い公演に、楽しいトーク。言うことなしだ。だからこそ、ひまわり組公演をなぜ実施しなくてはいけなかったのかが解る気がする。この公演は本当に素晴らしいけれど、そこから感じられるのはどちらかというと「この時間がずっと続けばいい」というやや内向きな期待感だ。AKBが爆発するためには、何らかの刺激を与える必要があったのだろう。

ひまわりで得たものが何であったのかは今後のAKBの活躍を見守るとしよう。そして、逆にひまわりになく、チーム制にあるものを再発見することがこのリバイバル公演の目的にほかならない。それが何か簡単には理解できないが、その一つはきょう、会場で現れていたのではないか。ボランティア実行委員による盛り上げと、ひまわりとは段違いの客席のヒートアップ。その熱い思いがどこから来るのかをつぶさに観察する必要がありそうだ。

いずれにしても、楽しい公演であることは間違いない。いつまでやってくれるかわからないが、足繁く通うことにはなりそうだ。

あと、噂に聞きぜひ見たいものだと思っていたみいちゃんのメガネはぶじ復活。正直、たまりません。

ファンたちが初日に贈った花と、実行委員が配ったサイリウム。これぞAKBだ

「ただいま恋愛中」の楽曲情報
http://www.akb48.co.jp/song/04a.html

<追記>

その後観たときの記録。

板野友美・大島麻衣・篠田麻里子が休み。研究生の中田ちさと、小原春香、指原莉乃が出演。駒谷ひとみのMC中、舞台上に虫が飛んできて何人かのメンバーが騒ぎだし、ひいちゃんがぶち切れる一幕あり。(5月16日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

AKB48 ひまわり組公演「夢を死なせるわけにいかない」千秋楽

チームAとチームKの合同公演・ひまわり組2ndステージ「夢を死なせるわけにいかない」がこの週末、千秋楽を迎えた。

ひまわり組は基本ダブルキャストなので、2回の「千秋楽公演」が用意された。1回目が選抜メンバー中心、2回目がそれ以外のメンバーや研究生で構成された。何もここまでハッキリ分けんでも、と思うが、そういうところをあいまいにせず、あえてファンがネット上で「表メン公演」「オール裏」などと呼んでいるのを許しているところがAKBらしいところである。しかも会場は「裏」が多いほど盛り上がるのだからまた面白い。

すでにAKBのチケットは完全メール抽選になっているが、自分は非常に幸運なことに、1回目の千秋楽はキャンセル待ちで、2回目は当選で入場することができた。

<千秋楽1回目>
秋元才加・板野友美・大島麻衣・小野恵令奈・河西智美・小嶋陽菜・佐藤亜美菜・佐藤夏希・佐藤由加理・篠田麻里子・高橋みなみ・野呂佳代・前田敦子・増田有華・峯岸みなみ・宮澤佐江

<千秋楽2回目>
奥真奈美・川崎希・倉持明日香・小林香菜・小原春香・駒谷仁美・佐藤亜美菜・近野莉菜・戸島花・中田ちさと・成田梨紗・成瀬理沙・早野薫・藤江れいな・松原夏海・宮崎美穂

1回目の千秋楽。あんなに見られなかったあっちゃんを見るのも、はや6回目である。大島優子がいないことを除けば、選抜メンバーがずらりとそろった豪華なステージ。これほどのラインナップを目撃するのは自分にとって初めてだ。

「千秋楽だぜ!」開演前、緞帳の向こうからメンバーが気合いを入れるかけ声が聞こえてくる。「冷静、丁寧、正確に。AKB、48!」そして公演が始まった。

特に気負いも感じさせず、歌もMCも比較的淡々と進んでいく。客席もあまり騒ぐ人は少なく、きら星のごとく並んだ選抜メンバーたちの姿を目に焼き付けているようだった。

最後のあいさつも、みなチームA、チームKに再び分かれてしまうことを惜しみつつも、前向きな発言が多く、明るくほのぼのとした雰囲気。これはこれでいい、と感じていたが、ひととおりあいさつが終わり、最後の曲「ハートが風邪を引いた夜」を紹介するために再びマイクを握った高橋みなみの言葉がどんと胸に響いた。

「みなさんは、ひまわりの花言葉ってご存知ですか?ひまわりの花言葉は、『あなたは素晴らしい』『光輝』。そしてひまわりの花は、実は小さなお花がたくさん集まってできているのだそうです。私たちは、今は小さなお花かもしれません。でもいつか、ひまわりのような大きな花を咲かせられたらと思います」

メンバーのあいさつでは、お互い「切磋琢磨(と秋元才加は2回言った)」したメンバーへのリスペクトが口々に語られていたが、それを『あなたは素晴らしい』という花言葉によって美しくまとめ上げた。それだけでも文字通り素晴らしいのに、ひまわりが頭状花序であることを引き合いに出し、この「ひまわり組公演」がメンバーそれぞれの個性を一層引き出しつつ、AKB全体のパワーアップも図った企画であったことを改めて教えてくれた。高橋みなみは最高だ。

終了後はハイタッチでメンバーが観客を送り出し。ちょっと期待していたとはいえ、嬉しいサプライズである。

そして2回目の千秋楽。大堀恵が何らかの都合で休演となってしまったが、前日出ていなかったメンバーが総出演。もっとも佐藤亜美菜は前日も出ていたので、両方の千秋楽に出演したことになる。

上で「裏」が多いほど盛り上がる、と書いたが、その法則どおり、この日はのっけから客席も超ハイテンションだ。轟音のようなmixが打たれ、曲に合わせたかけ声も、推しているメンバー名の連呼も次々に会場内にコダマする。やはり千秋楽、このぐらい盛り上がったほうが雰囲気が出る。

メンバーの表情もみな生き生きとしていて、エネルギッシュなステージとなった。MCでは、AとKとの交流に加え、研究生の成長が話題に上り、先輩であるメンバーが「研究生から学んだことがある」と話していたのは印象的だった。

この日はハイタッチの前に、アンコール後に1曲プラスのサプライズもあった。曲はなんと「AKB48」だ。ひまわりメンバーによるAKB48とはこりゃ嬉しい。研究生のみんなは見よう見まねで踊っているし、終演後マネージャーが指摘していたようにフォーメーションはグダグダだったが、そのへんも含めて実に得をした気持ちだ。

2つのメンバー構成、2つのカラーによる千秋楽。非常にいいものを見せていただき、感謝の気持ちでいっぱいである。

このひまわり組公演、新参者の自分にとってはもちろん大いに楽しかった。結局3カ月で12回も観てしまった。四季のステージをさんざんリピートしている自分にとっても、このはまりっぷりは特筆すべきものがある。四季と同様に出演者の構成が毎回変わる、ということもあるが、それに加え飽きずにハードリピートできるよう演出上の工夫がなされていることも大きい。

その工夫とは、随所に不確定要素を織り込んでいることだ。もちろんMCは毎回違うわけだが、曲の中にも「毎回違う」部分が用意されているのだ。例えば「青春の稲妻」ではメンバーの誰か一人がソロダンスを披露する部分があるし、「ロックだよ人生は」では冒頭と間奏で、誰かが短いスピーチをする。さらに「ロックだよ―」の間奏部分では、話をしていないほかのメンバーは、自由に踊っている。峯岸みなみは、必ず誰かと寸劇のようなことをしているので、そこからも目を離せない。

そして何といっても「となりのバナナ」である。曲の名前からしていかにも秋元康っぽいが、それはこの際わきに置く。この曲の間奏では、歌う2人(河西智美or小林香菜&小野恵令奈or奥真奈美)が毎回異なるトークを繰り広げる。小野・奥がネタを振り、河西・小林がそれを受ける、という構成だが、4人それぞれキャラが違っているのが面白い。小野は時事問題を絡めたちょっとブラックな話題をぶつけ、奥は常識問題を投げかける。これに対し、河西は天然キャラで返し、小林は絶品のバカキャラで応じる。個人的には、小林−奥コンビが楽しかった。高校生を容赦なく罵倒する小学生、という構図が最高である。

このように、今日は何を言うのか、誰が担当するのか、どういう動きをするのか、というほんのちょっとしたワクワク感が、公演全体にダイナミックさをもたらしているのだ。四季の舞台でも、「キャッツ」には多少それに似た要素がある。ロングランに耐えるためにはリピーターは必須であり、リピーターの確保にはこのような隠し味が不可欠なのだ。

とにもかくにも、ひまわり組は終わった。来週からチームAの4thステージリバイバル公演が早速始まり、来月にはチームKの4thステージが登場するという。3月からスタートしたチームB公演も好評で、史上初めて、チームA・K・Bのオリジナル3公演が並行して行われることになる。さらに研究生の昇格によって、3チームすべて16人となった。つまり、ついに「48人」体制が完成したのである。

秋元康は先日、NHK放送記念日特集番組で村井純や天野祐吉らと対談しAKBについてこう語っていた。「AKB48は実はネットアイドル。それがなぜ強いかというと、こちらの思惑通りにならないからなんです。おニャン子クラブは、テレビの文法で作っていたから、こちらが用意して発信した情報をお客さんが受け入れるか拒否するかしかなかった。しかしAKBはネット上で今回の曲はよくなかったとか、どんどん話し合いがなされて広がっていく。」

毎日公演をする、ということにかかるコストは、人材育成まで含めて考えると実に膨大で、いかに値上げしようが、あくどい商売をしようがカバーできるものではないだろう。にもかかわらず、秋元康はまだAKBの幕を引こうとはせず、「思惑通りにならない」ところから「何か」が生まれるのを辛抱強く待っているのだ。今回、チーム制に戻したということは、また原点に戻してみようということだ。幕を引くつもりならそんなことはしないはずである。いったいひまわり組公演の何を見て、チーム制に戻す決断をしたのか。そこをぜひ聞いてみたいものだが、個人的には、この千秋楽で「裏」のほうが盛り上がる、という現象が起きていたことに、何かヒントがあるように思えてならない。

自分も引き続きAKBを追いかけることで、ネット時代の新しいムーブメントとビジネスモデル発生の法則を探し求めていきたいと思う。とか言い訳してるが、要するに今後も劇場に入り浸りますよ、と宣言してるわけで。

AKB48の公式WEBサイト

http://www.akb48.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

映画「クローバーフィールド」

※大したことは書いてませんが、この映画は予備知識なく観るのが楽しいと思います。

謎の映画、というプロモーションが奏功し、全米がそこそこ震撼したらしい「クローバーフィールド」が日本公開だ。

手っ取り早く言うと、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のような怪獣映画。パニックに巻き込まれた民間人がホームビデオで撮影した記録映像、という設定で、手ぶれ、ピンぼけ満載の1時間25分だ。

手法としては斬新だが、そこで描かれているのは意外に正統な怪獣映画だ。逃げまどう人々、立ち向かう軍隊、極限状態の人間ドラマ、そして容赦ない破壊。ハリウッドのモンスター映画より日本の特撮映画に雰囲気としては近く、怪獣映画世代にはなんとなく懐かしさが感じられる。実際、プロデュースしたJ・J・エイブラムスは日本の怪獣映画にインスパイアされてこの作品を創ったのだそうだ。

日本の怪獣映画は科学者や軍隊の視点から描くのが定石だが、そのフォーマットを崩そうという試みがなかったわけではない。最近では、平成ガメラシリーズの「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」が主に民間人からの視点で描かれていたのが記憶に新しい。だがこの「クローバーフィールド」ほどぶっとんだものはさすがにない。怪獣映画というジャンルの懐は意外に深く、ここまでやっても大丈夫なのだ、ということを証明したと言ってもいいだろう。

怪獣映画好きには意外とお奨めの1本だ。ちょっと恐いけど、日本の特撮映画も当時はちょっと恐かったわけで。

Cf

クローバーフィールドのWEBサイト

http://www.04-05.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

きょうから新学期

わたしも新たな気持ちで、勉学に、スポーツに励んでいきたいと思います。

年に1度しか更新しないわりに、いつも夜中に気付いてヒネリの足りないネタになってますが、恒例行事ということで。

http://kingdom.cocolog-nifty.com/dark_side_annex/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »