« 四季「ユタと不思議な仲間たち」芝と愉快な仲間たち | トップページ | 広島・原爆ドーム »

2008年2月15日 (金)

AKB48 ひまわり組公演「夢を死なせるわけにいかない」大島麻衣ウォッチ

<この日の出演者>
秋元才加・大島麻衣・大島優子・奥真奈美・川崎希・小原春香・小林香菜・駒谷仁美・佐藤由加理・篠田麻里子・高橋みなみ・近野莉菜・戸島花・成田梨紗・藤江れいな・松原夏海・峯岸みなみ

最近、連日のようにテレビのバラエティーや情報番組に出演している大島麻衣(まいまい)。一般的には前田敦子より知名度が高いのではないか。その大島が久しぶりに公演に出るというので秋葉原へ向かった。特に自分のお気に入りメンバー(AKB用語で言うところの『推しメン』)ではないが、やっぱりこれだけテレビで観ていると、実物も見たくなるのが人情だ。古くからのファンにとっては忌むべき姿勢なのだろうけど。

大島は、恐らく今のAKBメンバーの中で最も「テレビの文法」に精通していると思う。AKBの冠番組「AKB1じ59ふん」でも、ほとんど唯一、司会者ときちんと言葉のキャッチボールができている。先日の「HEY!HEY!HEY!」でAKBはテレビの文法に不慣れだったため、アイドリング!!!にコテンパンにされた。それを考えれば、AKBにとっては貴重な戦力である。

もっともそのテレビ慣れしているのが裏目に出たのが例の「オジサンズ11」での「足を見るオジサンは痴漢」発言だ。

本人が本気でそう思っているのかどうかはともかく、あれはどう見てもテレビが言わせている発言だ。スタジオでオジサンたちと意見を戦わせる、という番組の構成に従って、大島はさかんにオジサンたちを挑発する意見を述べ立てたのである。

同じ「若い世代」の代表として出演していた時東ぁみらの出演者が、次々にオジサン側に「寝返る」中、孤軍奮闘していた大島の姿は男らしくさえあった。そもそも、あの番組にはAKBメンバー3人が出演しており(大島のほか、川崎希、松岡由紀)、ビデオをよく観ると「痴漢」という表現を最初に使ったのは実は川崎希である。だが、途中から大島以外の2人は完全に貝になっており、ほとんど一人でしゃべっていた大島が「主犯」どころか「単独犯」になってしまったのだ。

もちろん、今回の騒動には、これをむしろオイシイと考えた事務所(ホリプロ)の思惑もあったかもしれない。実際、あの騒動以来大島のテレビ出演は加速している。だがAKBとしてはダメージだった。倖田來未の舌禍事件と同様、一番のコアターゲットを敵に回すような発言だからである。AKBにいちばん金を落としているのはいい歳をしたオジサンたちなのだ。俺も含めてな。

と、まあそんなふうにすっかり「テレビの申し子」である大島が、舞台でどういう輝き方をするのかに注目してみたのだが、ひさしぶりの出演だったからなのか、テレビで感じられる強いオーラがすっかり影を潜めており、あまり目を引くことがなく、たかみなやみぃちゃんの方につい視線が行ってしまった。2年前のDVDに出ている大島のほうが、よほど存在感が強かったほどだ。

やはり、舞台とメディアとでは光の放ち方が全く異なるのだ。そういう意味で、今、AKBが抱えている問題~メディアに重心を移すか、今後もネット+イベントで新たなビジネスモデルを探るか~を考えるうえで、完全にテレビ色に染まった大島麻衣の活動がどうなるのかは重要なポイントと言える。

ところで、広島に向かうため夜中の3時に起床し、テレビをつけたところ、広島ホームテレビ制作の情報番組「アグレッシブですけど、何か?スペシャル」がテレビ朝日で放送されていた。これから広島に向かうというときにそんな番組が放送されているとは奇妙な偶然だ。そして、そこにまいまいがゲスト出演していた。何やら運命的なものを感じ、推しメンではないとかいいながら少し好きになってしまったのは、おバカですか?それとも純粋すぎますか?そーんーなー ロマンス、イラネ…

200802241354000 

AKB48公式WEBサイト
http://www.akb48.co.jp/

大島麻衣ブログ
http://ameblo.jp/xanadu18/

|

« 四季「ユタと不思議な仲間たち」芝と愉快な仲間たち | トップページ | 広島・原爆ドーム »

コメント

まいまいがテレビで話してるのを見てると、
私見ですがタカラヅカの男役(の素顔でのインタビュー)とかぶります。
凛とした男っぷりみたいな。

投稿: fudoh | 2008年2月19日 (火) 00時59分

fudohさん

今日は月に一度のあっちゃん出演日でした。平日ということで5時完売はなく、9時ごろから並べばチケット買えたようなんですが、発売は11時なので午前中会社を休まなくてはいけません。

もっと前から分かっていれば、思い切って休暇を取ることもやぶさかではなかったのですが、何しろ前日夜に発表されたもので対処できませんでした。

急なキャス変なんて、どっかの劇団じゃないんだから!

投稿: ヤボオ | 2008年2月20日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/40164395

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48 ひまわり組公演「夢を死なせるわけにいかない」大島麻衣ウォッチ:

« 四季「ユタと不思議な仲間たち」芝と愉快な仲間たち | トップページ | 広島・原爆ドーム »