« 広島つけ麺「流行屋(はやりや)」 | トップページ | あなごめし弁当 »

2008年2月17日 (日)

四季「美女と野獣」広島公演開幕 新バベットがすげえ

ビースト 柳瀬大輔
ベル 坂本里咲
モリース 松下武史
ガストン 野中万寿夫
ルミエール 渋谷智也
ルフウ 中嶋 徹
コッグスワース 青木 朗
ミセス・ポット 織笠里佳子
タンス夫人 竹原久美子
バベット 小川美緒
チップ 川良美由紀

「美女と野獣」の広島公演が始まった。この作品は東京公演でいやというほど観たので、そのあとは2005年の福岡公演で木村花代ベルを観にいったきりだ。ブロードウェーでも1回だけ。しかし、自分の好きなミュージカルを5つ選べと言われれば確実に入ってくるであろうお気に入りの作品であり、できればもっとひんぱんに観たいものである。

昨年この広島公演が発表になった際、記者会見に花ちゃんが出席していたこともあり、騙されたつもりで初日のチケットを入手。案の定ダマされたわけだが、先日の静岡公演の発表会見が里咲さんだったのでまあ初日はそうだろうと思っていた。

それよりも、自分は広島に行ったことがなく、ちょうどこの数年、一度行かなければと思っていた所でもあるので、広島観光を兼ねて楽しみに出かけたわけだ。

会場に着き、キャストを確認後、プログラムの見本を覗いて(買わなかった)驚いた。ベル役のキャストに花ちゃんの名前がない!挙がっているのは「坂本里咲 井上智恵 西 珠美 小川美緒」の4人。こりゃまたいったいどういうわけだ??

そのことは後回しにするとして、まずはこの日のメインキャスト。里咲さんベルは初見ではない(はずだ)が、本当にベルのイメージ通りだと思う。芯の強さと、そこから来る不安とが同居していて、野獣やガストンならずともほっとけない雰囲気だ。ついこの間ロッテの母親を演じていたことを考えると、年齢的な違和感を感じないでもないが、声がかわいらしいのでさほどは気にならない。

柳瀬ビーストは、もはや芥川英司のビーストを越えたかもしれない。回数でも、役のハマリ具合でも。「愛せぬならば」をせつせつと歌い上げる姿も素敵だが、笑わせるシーンの間の取り方が絶妙で、観ているうちにどんどん愛着がわいてくる。

そしてかなり久しぶりに観た気がする野中ガストン。これがまた容赦なく笑いを取りに来る。こういう濃い目のお笑いキャラ演じさせたら彼の右に出る者はいない。ただ、野中があの衣裳とあのヘアスタイルで出てくると、かなりコントっぽくなってしまう。見た目ちょっと寺門ジモンみたいだし。ベル役もそうだが、このあたりはもう若手に任せたほうがいいのではないか。そう考えると、ポスト野中(私見)だった吉原光夫がいないのは本当に痛い。福岡のとき、吉原ガストン登場と聞いて、沼尾みゆきベルとセットになったら観に行こうとか考えていたら見逃してしまった。これはいまだに後悔している。自分はこのガストンという人物は、全ミュージカルの中でもグリンダに並ぶ好きなキャラクターなのだ。

今回のキャストで最も印象に残ったのは、実はバベットである。小川美緒。オペラ座の怪人で観たような気がしていたが、それは勘違いで、どうも初見らしい。

このバベットは声、表情、仕草、すべてが可愛くなおかつ色っぽい。今まで観たバベットでいちばん好きかもしれない。顔は細川ふみえと神田うのを足して2で割ったような顔で、つまり自分の趣味とは正反対なのだけれど、それでも好感を持ったということは相当印象が強かったということだ。

八田亜哉香のバベットを未見で、これも後悔しているのだが、過去に自分が観たバベットは、どちらかというと百戦錬磨のオトナの女性、という雰囲気だった。オトナの女性は火遊びの加減を知っているので、安全といえば安全である。しかし小川バベットは、妻子ある上司と不倫関係になって、その男の人生も家庭も一気に破壊してしまう新人女性社員のようである。こういう女性のほうが、危険性は高いのだ。ルミエールが渋谷だったからそう見えたのかもしれないが、このデンジャラスさは個人的にヒットである。こういう女性にかかわって自分の人生を台無しにするのが俺の夢だからだ。待てよ、そのためにはまず妻子を持たなきゃいけないか。

ただし歌については、数少ないソロパートを聴いた感じではやや弱かったと思う。彼女はベルにもキャスティングされており、将来性を高く評価されている様子だが、すべては歌にかかっているのではないか。静岡公演もあることだし、ベルデビューも楽しみに待ちたい。

というわけで、安定キャスト+気になるバベットの登場により、公演自体は大いに満足できた。やっぱりこの作品はいい。基本的に自分は馬鹿なので、明るくノウテンキな作品が一番しっくりくる。静岡のあとは恐らく仙台に行くだろうが、たまには秋劇場あたりで公演してほしいところだ。春秋両方ディズニー、ってわけにはいかんのだろうが。

それにしても気になるのは花ちゃんのゆくえである。李香蘭や南十字星などへの参加でもあるのかもしれないが、できればやっぱりグリンダで!あるいはまさかの電撃退団か?それは今のタイミングでは避けてほしいなあ。もうコゼットはちょっと厳しいし。キムならできるか?いやいや、そういう想像はやめておきましょう。

Alsok

「美女と野獣」のホームページ

http://www.shiki.gr.jp/applause/bb/index.html

|

« 広島つけ麺「流行屋(はやりや)」 | トップページ | あなごめし弁当 »

コメント

花ちゃんの初日狙いに何度も泣かされてるオトコがここにもいます。。
広島遠征おつかれさまです。パンフに名前がない??マジですか?
四季の記者会見はほんとツリですねぇ。ということは逆に静岡狙い?

そんなこんなで、花ちゃんはどうやら大阪みたいですね(笑)

小川さんはたぶん未見ですがアニメ声?みたいな話を聞いたことがあります。どうなんでしょう?

投稿: fudoh | 2008年2月19日 (火) 00時54分

fudohさん

確かにちょっとアニメ声っぽいですが、イイですよ!
静岡でまた観たいです。

それにしても、もう花ベルは観られないのでしょうか?
花ベル、花ポリー、花ヴァル、みんなもっと観たかったのにー!

投稿: ヤボオ | 2008年2月20日 (水) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「美女と野獣」広島公演開幕 新バベットがすげえ:

« 広島つけ麺「流行屋(はやりや)」 | トップページ | あなごめし弁当 »