« 四季「オペラ座の怪人」クリスティーヌでクリスマス | トップページ | 四季「ウェストサイド物語」望月ベルナルド&高木マリア »

2007年12月29日 (土)

四季「ハムレット」田邊真也かっこええのう

クローディアス 志村 要
ハムレット 田邊真也
ポローニアス 維田修二
ホレイショー 味方隆司
レイアーティーズ 坂本岳大
ガートルード 中野今日子
オフィーリア 野村玲子
ローゼンクランツ/牧師 鈴木 周
ギルデンスターン 田中廣臣
フォーティンブラス 増沢 望
墓掘り1 明戸信吾
亡霊 石波義人(劇団昴)
劇王/重臣 高林幸兵
ヴォールティマンド 石原義文
ルシアーナス 高草量平(劇団昴)
オズリック 青羽 剛
マーセラス/重臣 深水彰彦
バーナードー 岡本繁治
フランシスコー 島村 勝
コーニーリアス/隊長/墓掘り2 雲田隆弘
和泉沢 旭
船乗り 朱 涛

四季の「ハムレット」は初見だ。こんなことなら、石丸幹二のハムレットを一度ぐらい観ておけばよかった。そういえば山口祐一郎が四季から去ったときも同じことを思ったのだった。俺が成長していないのか、四季が成長していないのか。たぶん両方。石丸幹二も、「退団か、死か。それが疑問だ」とさぞ悩んだことだろう。早くごたごたにケリがついて、新たな活躍を見せてほしいものだ。

というわけで、本格的に始まったポスト石丸レース。今回ハムレットに抜擢された田邊真也はその大本命だ。この人もずいぶんと持ち役の多い人だ。今年、自分が観ただけでも、

クレイジー・フォー・ユー(ボビー)
マンマ・ミーア!(スカイ)
○キャッツ東京公演(ラム・タム・タガー)※エントリー上げてません
ユタと不思議な仲間たち(ユタ)

とあり、ほかに自分は観ていないが確か「鹿鳴館」にも出ていたはず。働き者だ。何と言っても印象的だったのはボビーだ。軽快なダンスと、コメディーもいけるというところを披露し、当たり役になりそうだったが意外に短期間の出番だった。、また見たいものだ。スカイに関しては、現在のキャストの中では彼が最もいい演技をしているような気がする。

そしてこのハムレット。いやあ、男前のハムレットだ。王子様という言葉がぴったりである。やや弱々しい感じはするものの(ユタ?)、芯の強さは伝わってくる。演技はまだ固さが残り、狂った(フリをする)演技も、あまり狂っている雰囲気がないのは残念だが、まああくまでフリをする演技だから、ということで納得しよう。

四季独特の母音法の発声で長ゼリフを並べる点については、違和感を感じない。シェイクスピア劇では、時代の違いこそあれ、ざまざまな比喩や諧謔を多分に含んだセリフひとつひとつを味わうのも楽しみのひとつだからだ。これまで観たどんなハムレットよりも、セリフが自分の耳に届いてきたような気がしている。

脇を固める俳優陣の中で、ひときわ光っていたのがホレイショーを演じた味方隆司。この人も「魔法を捨てたマジョリン」のおネエ魔女から「この生命誰のもの」の青年まで、実に幅広い守備範囲を持った人だが、どちらかというと、ひょうひょうとした役のほうが多いような気がする。なので、ホレイショーはちょっとキャラが合わないかな、むしろレイアティーズにキャスティングされている福井晶一で観たいな、なんて思っていたが、ところがどっこい、このホレイショーがすごい。低い声と落ち着きはらった物ごし。それでいて、友を思いやる優しさと他人を受け入れる包容力が極めて明確に伝わってくる。登場してすぐに、
ハムレットが彼に寄せていた、絶大な「信頼感」を観客全員が共有することになる。全くもって素晴らしい俳優だ。

もう一人、四季の名バイプレーヤーである明戸信吾の墓掘りも良かった。彼も強烈な個性のキャラなので、墓掘りはちょっと…と思っていたが、さにあらずだ。自慢の歌声を披露しつつも、あくまで淡々と墓を掘っているその姿に、ぞっとするようなこの世の残酷さを浮かび上がらせている。

どうも俺は四季の俳優の実力を甘く見すぎていたようだ。こうした古典劇では、脚本に書かれていることをきっちりと折り目正しく押さえていくことが要求される。これは、即興ゼリフで洒落のめすよりずっと難しいことだ。そうした「抑えた演技」の中で表現をできるのは、真の実力を備えた者のみだろう。

一人だけ、抑えてない演技をしているのがオフィーリアの野村玲子だ。有名な、2幕の狂った演技である。これはいいのだ。周りが抑えた演技をする中で、あの狂乱ぶりは芝居全体に大きなアクセントをもたらしている。だが、一幕、つまりまだ狂ってない状態のときに、どうも芝居に無理がありすぎて、本当は大人なのに自分が少女だという固定妄想を持ってしまっているように見えてしまうのはいかがなものか。野村玲子はもともと好きな女優だったし、今もその実力が衰えていないことは認める。しかし、もうさすがにオフィーリアや「赤毛のアン」は後進に預けてもいいのではないかと思う。

と、すっかり役者の話ばかりになってしまった。ミュージカルは派手な作品が多いため、つい「作品を観て」しまうが、こうしたストレートプレイではじっくりと「役者を観る」ことができる。それによって、その実力のほどをまざまざと見せつけられた。これは「異常な観劇態度」ではないですよね?

ハムレットという作品について自分のようなニワカ&ミーハー演劇ファンが何かを語るのはおこがましいにもほどがあると思うので書かない。演出について言えば、オーソドックスの極みのようなものではあるが、兵士が闇の中からゆっくりと姿を現す迫力あるオープニングから、クライマックスの剣の試合まで、緊張感のとぎれることがなく、長い芝居ながら観客を常に引きつけることに成功していると思う。自分は3時間睡眠の5時起床で行ったから睡魔に襲われたが、平常状態ならそんなには眠くならないと思う。だから「シェイクスピア劇なんて寝ちゃうから」と敬遠している人も、ぜひ一度は訪れて欲しい公演だ。

この自由劇場で、ときおりこうした古典的な作品を演じるのは大いに結構なことだ。実力ある役者がその技を見せることができるのもいいし、若い俳優にとっての研鑽の場になるだろう。欲を言えば、同時に実験劇場として、新作のワークショップなども行ってほしいと思う。育成すべきは役者だけではない。作家や演出家が腕だめしをする場も必要だ。この自由劇場という空間は本当に芝居にとってベストな環境だと思う。この貴重な資産を、四季はもっと有効に活用すべきだし、そうできると確信している。

「ハムレット」のWEBサイト
http://www.shiki.gr.jp/applause/hamlet/index.html

|

« 四季「オペラ座の怪人」クリスティーヌでクリスマス | トップページ | 四季「ウェストサイド物語」望月ベルナルド&高木マリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「ハムレット」田邊真也かっこええのう:

« 四季「オペラ座の怪人」クリスティーヌでクリスマス | トップページ | 四季「ウェストサイド物語」望月ベルナルド&高木マリア »