« クリスマスツアー in 大阪 | トップページ | 四季「ハムレット」田邊真也かっこええのう »

2007年12月24日 (月)

四季「オペラ座の怪人」クリスティーヌでクリスマス

オペラ座の怪人 高井 治
クリスティーヌ・ダーエ 木村花代
ラウル・シャニュイ子爵 鈴木涼太
カルロッタ・ジュディチェルリ 種子島美樹
メグ・ジリー 荒井香織
マダム・ジリー 戸田愛子
ムッシュー・アンドレ 寺田真実
ムッシュー・フィルマン 青木 朗
ウバルド・ピアンジ 半場俊一郎
ジョセフ・ブケー 岡 智

いつも2週間ほどで姿を消してしまう花代様。パリ・オペラ座がお気に召したか、珍しく1月にわたる長逗留だ。登場週に拝謁を賜ったものの、こうなればもう一度見に行くのがファンの務めであろう。

前回とはファントムもラウルも違う。いや、メグ・ジリーもマダム・ジリーも違う。気付いたらカルロッタもピアンジも違う。大きく入れ替わったカンパニーの中で花代クリスティーヌがどう際だつか、そしてこの1月でどう変わったかに注目だ。

というわけで2回目の花代クリスティーヌ観覧となったが、劇的に変わっているということはなかった。しかし前回に比べればだいぶ固さが取れ、もともと違和感の少なかったこの役にさらに馴染んできた様子だ。声の伸びは心なしか前回の方があったように思う。この声に負担のかかる役で1月に及ぶ連投はさすがにきついか。

演技の面では、前回の不思議ちゃんな印象に比べ、ラウルを守ろうとする凛とした強さが少し出てきた。それに伴い、ラストシーンではファントムに対する母性のようなものが感じられる。気が強いようで情にもろい、大阪のお姉さんなクリスティーヌになりつつある。地元大阪で、木村花代が新境地を開きつつあるといえよう(だから、京都でももっとポリーを演じてくれれば…と小一時間)。

今後クリスティーヌをどの程度演じるのか、次の新役がどうなるか、全く分からないが、この経験が大きなステップアップになることは間違いないだろう。

花オタとしての萌えポイントとしては、笑顔満開のマスカレード、「イル・ムート」のメイドコスプレあたりが定番(?)だが、地下の隠れ家で怪人のマスクをはがそうとするとき、すっと怪人に身をかわされて一瞬不満な顔をする。その顔が異様にかわいいのでぜひ注目を。

さて久しぶりの鈴木ラウルは、「ウェストサイド物語」のトニー役で、子供のケンカはもうこりごり、と思ったか、ずいぶんと大人になっていた。クリスティーヌへの眼差しも暖かい。

その一方で、高井ファントムが佐野正幸に影響されたか、熱い演技を見せていた。美声を武器にしたクールなファントムというのが高井ファントムのイメージだが、この日は狂気と、その裏にある幼児性を強く感じさせる演技だった。これはなかなかの見物である。そして自分の持っているファントム像に非常に近い。

久しぶりの種子島カーラ&半場ピアンジコンビもノリノリで、ハンニバルから歌声自慢合戦を展開するなど、全体的に熱く盛り上がった公演でとても楽しかった。クリスマスの特別カーテンコールはなかったものの、大いに満足した。

でもなんで特別カーテンコールなかったんだろう。売れ行き好調なのでイベントを出し惜しみしたか、「ウィキッド」のカーテンコールにスタッフが回ったか、何か事情があるのだろう。まあ一部のオタ(俺含め)にとっては、この1カ月が特別カーテンコールどころか「木村花代 冬の特別公演」であるわけで……。

Dvc00046

四季「オペラ座の怪人」のホームページ

http://www.shiki.gr.jp/applause/operaza/main.html

|

« クリスマスツアー in 大阪 | トップページ | 四季「ハムレット」田邊真也かっこええのう »

コメント

ヤボオ 様

久々のカキコミになります。
主題とは異なりますが(花クリスティーヌ見たいですけど)、本日、樋口さんのエルフォバを見てきました。
以前のヤボオさんのレポにあったとおり、濱田さんと遜色ないくらいに素晴らしいエルファバでした。
ウィキッドとオペラ座が現在、とても安定しているキャストのような気がします。

皆さんはすでにご存知なのかもしれませんが、パンフレットのグリンダの欄に苫田さんがおりました。楽しみです。

毎回、くだらないカキコミで失礼いたしました。

投稿: 宇都宮 | 2007年12月29日 (土) 00時20分

宇都宮さん、お久しぶりです。こんなふざけたブログをずっと読んでいただいて本当に恐縮です。

樋口エルファバ、もっともっと良くなるような気がしてて、これからが楽しみですね。

苫田グリンダ、無茶苦茶見たい!考えただけで顔がにやけてきてあぶない人になってます。

投稿: ヤボオ | 2007年12月29日 (土) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「オペラ座の怪人」クリスティーヌでクリスマス:

« クリスマスツアー in 大阪 | トップページ | 四季「ハムレット」田邊真也かっこええのう »