« 東京ディズニーランド「カリブの海賊」リニューアルだぜ野郎ども! | トップページ | 劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り「犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート」 »

2007年7月22日 (日)

「ヘアスプレー」来日ツアー公演

「ヘアスプレー」来日ツアー東京公演が18日(水)に開幕したので、さっそく足を運んだ。このBunkamuraオーチャードホールでの公演は8月5日まで続き、その後大阪公演が予定されている。

舞台全般の印象は昨年末、ブロードウェーで観たときのレポートに譲るとして、カンパニーの印象をつらつら書き留めておきたい。

どうも来日ツアーというと、何回も来ている「CHICAGO」をはじめ、あまりいい印象がない。手抜きをしているわけではないのだろうが、あまり感動が得られないことが多いからだ。

しかし、今回は米国内ツアーのカンパニーがそのまま来ているからか、全体的にまとまりがあり、息のあった演技に大いに好感を持った。

自分がニューヨークで観たときのトレイシー、ペニーはいずれも若い役者で、初々しさ、可愛らしさが先に立つちょと萌え系な二人だった。それに比べると、今回の二人は確かな技術とツアー経験によって、よりじっくりと練り上げられたトレイシー、ペニーであり、安定感がある。個人的に、ペニー役のAlyssa Malgeriは紺野あさ美似の美人さんでいたく気に入った。チューインガムをまるで生き物のように扱うテクニシャンであり、普通にセリフを話すだけで妙におかしさを感じさせる優れたコメディエンヌでもある。すでに地方の劇場でベルやポリーも演じているらしい。ぜひブロードウェーの舞台にも立ってほしいものだ。応援に行くから!前回もペニー役のDiana DeGarmoを気に入ったし、どうも俺はこのペニーというキャラクターに弱いようだ。

トレイシーの両親もなかなかいい味を出している。2幕の二人がいちゃつくシーンは、ブロードウェーに比較すると濃厚さに欠ける(自分が米国で観たときは、派手に何回もキスしていた)が、たぶん日本人にはこのぐらいがちょうどいいかもしれない。あのシーンはこの舞台の土台となったジョン・ウォーターズ監督の映画(88年制作)に満ちあふれている悪趣味さを引きずるシーンで、演じ方次第では相当キモチ悪くなるからだ。

ほか、はつらつさに欠けるリンク、いまいちカッコよくないコーニー・コリンズなど、微妙なキャストも多いが、みな真摯に役に取り組んでいてケチをつける気にならない。最後は大騒ぎのハッピーエンドになるが、大いに観客をハッピーにさせてくれるいい舞台だった。

また会場も大きく、なかなかアメリカ人のようにノリのいい反応ができない日本での公演ということで、観客を巻き込んで盛り上げていく工夫を試みていた。カーテンコールで共にダンスをしよう、と二幕の冒頭で即席ダンス教室を開いたり、といったことなど。アイデアとしては悪くない。

このぐらいのレベルのカンパニーが来てくれるのなら、ツアー公演も大歓迎だ。今後も期待して待つことにしよう。

ロビーに、観光地のような写真撮影スポットが。ちょっと顔出してみたかったかな。

Kankouchi

ヘアスプレー日本公演 WEBサイト(音が出ます)
http://hpot.jp/hairspray/

|

« 東京ディズニーランド「カリブの海賊」リニューアルだぜ野郎ども! | トップページ | 劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り「犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート」 »

コメント

こんばんは。
僕も「ヘアスプレー」を観て来ました。
TORONTOで初めて観た時よりは感動感は低目でしたが
でもでもでも凄くHAPPYになりました♪
楽しかったなぁ。
お客さんはそれ程入っていなかったので
ノリを心配したのですが(←余計なお世話?)
凄くノリノリで始めっから皆、笑ったり
掛け声掛けたりして楽しんでいるお客さんを見て
こっちも楽しくなりました。
本当にいい作品です、「ヘアスプレー」。
カーテンコールの“一緒に踊ろう!”コーナー(?)は
もっと長いかと思っていたのに・・・

投稿: IHO | 2007年7月31日 (火) 20時31分

こんにちは。
カーテンコールは、最近「これでもか!」っていうぐらい続く公演が多いので、余計にあっさりしてるように感じました。契約にからんでるんでしょうか?

こういうナイスな作品はもっと多くの人に観てほしいですねえ。

投稿: ヤボオ | 2007年8月 1日 (水) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘアスプレー」来日ツアー公演:

« 東京ディズニーランド「カリブの海賊」リニューアルだぜ野郎ども! | トップページ | 劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り「犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート」 »