« 「キサラギ」遅れて来たアイドル映画 | トップページ | ブルース・ウィリス「ダイ・ハード4.0」 »

2007年7月 1日 (日)

ショーレストラン「六本木香和(かぐわ)」

エンターテイメント好きの大先輩に導かれ、六本木にあるショーレストラン「香和」へ。

ニューハーフのショーパブだと思っていたらちょっと違う。出演者の構成は、おおむねニューハーフ、女性、男性がそれぞれ3分の1ずつ、というところだ。だからニューハーフには抵抗感が、という人にも敷居が低い。

まあショーが始まってしまえばそんなことは気にならない。それほどすばらしい内容だ。約1時間、次々と舞台転換を繰り返しながら文字通り息もつかせぬハイスピードで展開する高密度な和風テイストのダンスショー。照明も音響も高品質なものを使っていて、舞台は何分割できるか分からないぐらい細かく上下移動しさまざまな場面を演出する。和洋取り混ぜた艶やかな衣裳にも目を奪われるが、ショーパブ専門の衣裳製作会社があるのだそうだ。なるほど、ある程度近くの距離で見て、しかも密集したときに最も美しくなるように工夫されている。

この規模にしては、相当に金のかかったショーだ。ショーというのは金をかければ面白くなるわけではないが、金をかけなければ面白くすることは難しい。思い切って金をかけることは、心意気にもつながってくる。それが客を楽しませるのもまた事実だ。座長のムーミンさん(ニューハーフ)は、衣装代が馬鹿にならないと嘆いていたが・・・。

そうした心意気を、エンターテイメントの大手も忘れかけているこの時代、こうした小さなショーパブが心意気を示しているのは実に頼もしい。日本のエンターテイメント界ではブロードウェーにあたる層も薄いが、オフブロードウェーにあたる層はもっと薄い。そこをこうしたカンパニーが担ってくれることを大いに期待したい。

ショー終了後には、出演者たちが各テーブルを訪れる。その飲み物は客の負担だが、キャバクラと違ってばかすか頼んだりはしないのでご安心を。むしろ出演者へのご祝儀のつもりで喜んでご馳走しよう。この日は大先輩の強い意向で男優の飯嶋歡久氏を招請。自分と同じ茨城県は水戸出身のナイスガイだ。キレのいいアクションが売りの肉体派。きっと彼は大成すると思うので今後も応援していきたい。

Kaguwa

六本木香和のWEBサイト

(ショーの模様などはこちらで)

http://www.kaguwa.com/

|

« 「キサラギ」遅れて来たアイドル映画 | トップページ | ブルース・ウィリス「ダイ・ハード4.0」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショーレストラン「六本木香和(かぐわ)」:

« 「キサラギ」遅れて来たアイドル映画 | トップページ | ブルース・ウィリス「ダイ・ハード4.0」 »