« 四季「ウィキッド」開幕 | トップページ | ショーレストラン「六本木香和(かぐわ)」 »

2007年6月24日 (日)

「キサラギ」遅れて来たアイドル映画

予告編など見てちょっと観たいなあ、と思っていた「キサラギ」。公開1週間でかなりの高評価を集めているようなので、これはやはり見逃せないと出かけて行った。

謎の自殺を遂げたグラビアアイドルの一周忌に集まった5人のファン。その会話の中から意外な事実が次々と飛び出し、次第にその死の真相が明らかになっていくという、なかなかそそられる設定。サスペンスでもあり、コメディーでもある密室劇は、さながら三谷幸喜の「十二人の優しい日本人」のようだ。監督は「シムソンズ」の佐藤祐一、脚本は「ALWAYS  三丁目の夕日」の古沢良太。主演は小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之と、これまたそそられる演技派&個性派のそろった豪華な顔ぶれだ。

観終わった直後の感想。ウーム、これは素晴らしい!今後上映館も拡大していくようなので、ぜひご覧になることをお勧めしたい。

この映画はネタバレするとほとんど観る意味を失うので、少しでも観る可能性のある人はこの先は絶対読まないでください。

さてどんな風に素晴らしいかと言うと、まず何の知識も説明も必要とせず、単純な姿勢で展開を追っているだけで、どえらく面白い。日本語としてどうかと思うけど、無理してイマドキの若い人の言葉を借りれば「普通に面白い」。

同時に、これが日本特有といえるアイドル文化の特性を適確に看破し、伝えきっているところがまた興味深い。これは普通の観客には分からないので、「普通じゃなく面白い」ところだ。

まず普通に面白い部分だが、何と言っても脚本が素晴らしい。プログラムに掲載されたインタビューでも脚本家の古沢が語っているように、やはり「十二人の優しい日本人」にかなりの影響を受けたようだ。これは「十二人-」からのインスパイアを受けた作品であると同時に、「十二人-」へのリスペクトでもある。出演者全員が喪服を着た密室劇、、というあたりは、クエンティン・タランティーノの「レザボア・ドッグス」あたりが元ネタになっているようにも感じるが…。もともと劇団「48BLUES」の公演用に書かれたものだったそうで、その展開はかなり舞台的だ。しかし映画化にあたりかなりの改稿をしたようで、舞台を映画化した場合にありがちな中途半端な感覚(これだったら舞台のビデオでも観た方がいいな、という気持ち)は全くなく、完璧な映像作品として成立していた。

わざとある程度みえみえにした伏線と、絶妙のタイミングで登場する「新事実」。その展開力は、脚本家・古沢のストーリーテラーとしての非凡さを示すものだろう。「ALWAYS  三丁目の夕日」は、「懐かしい」「暖かい」といったポジティブな印象を持った人が多かったようだが、自分はラストシーンで堤真一の浮かべる複雑な表情や、三浦友和演じる医者の悲しい姿などによって表現される、人間社会のどうにもならないネガティブな側面にこそ強い感動を覚えた。古沢はすでに日本アカデミー賞も受賞してしまったわけだからもはや売れっ子なのだろうが、今後ますますの活躍を期待できそうだ。

その物語が、小気味いいカメラワークや俳優の熱演と一体となってぐいぐいと観客を引きずり込む。そして観客を決して置いていかず、客の頭の中の状態を常にチェックしているかのように、その想像や感情の起伏とぴったりシンクロして進んでいくテンポは、演出家・佐藤の技量を示すものだろう。

この映画、終わり方もいい。一昨年パルコ劇場で鑑賞した「十二人-」の舞台は、まさに一点の曇りもない神の粋に達した脚本だった。何もない状態から全てが生み出され、そして全てがきれいに消え去って幕を閉じる。まさに至高の芸術だ。しかし個人的な好みでいうと、全てがきれいに消え去って終わるよりも、何かちょっと残って終わるほうが好きだったりする。だから「笑の大学」のラストシーンは大好きだ(映画版は違います)。その意味で、この映画の終わり方はまさしく期待どおり。特別出演にはビックリしたが。

そして普通じゃなく面白い部分。これは久しぶりに出てきたアイドル映画の傑作という側面だ。アイドル映画には大ざっぱに分けて2種類があり、ひとつは「アイドルが主演している」映画。もうひとつは「アイドルとは何かを考える」映画だ。前者は少女隊の「クララ白書」を筆頭に(突っ込んでいいぞ)数限りなく存在する。後者では関根勤の熱演が光る「おニャン子・ザ・ムービー 危機イッパツ!」やセイントフォー主演の「ザ・オーディション」、最近では「モーニング刑事。 抱いてHOLD ON ME!」あたりが思い浮かぶ。もっともこれらは実際のアイドルが出演もしているので、前者のカテゴリーにも入るわけだが、今回の「キサラギ」は、アイドルが出演しないため純粋な後者にあたる。いや、厳密にはこの映画も…まあそこはスルーしよう。

序盤の展開を見る限り、アイドルという要素を持ち込んだのは、この物語のモチーフである「互いに顔を知らない者同士が集まるオフ会」という状況を作り出すためのキッカケでしかないと思えた。しかし、物語が進むにつれ、そうではないことが分かってくる。キッカケどころか、ほとんどこの映画のテーマになっている。

日本において、アイドルというものの本質は、本人、スタッフ、メディアなどの様々な要素が絡み合ってファンに届き、そのファンの心に映った虚像である。本人の放つ光だけで存在できる「スター」とは異なり、それを崇めてくれる人がいて初めて成り立つ「偶像」がアイドルなのだ。この映画の中で、グラビアアイドル「如月ミキ」の顔がずっと明らかにされないのは、演出でもあるがそうした背景に関係している。

そういう意味で、アイドルはコンテンツとして独り立ちすることができない。今や日本の国際競争力の一翼を担うアニメーションなどとは大違いだ。アイドルヲタが、ヲタの世界でも比較的低い身分に甘んじているのはその辺りにも理由がある。同時に、虚像であるため高度に主観的な存在、つまりファンの数だけアイドルが存在する、ということになるため、どうしても内向的な趣味としての側面を持たざるを得ない。これがアイドルヲタの痛さにつながるわけだが、さらにそれを解消しようと社会とのつながりを求め、グッズを買いあさったりコンサートに出かけてスパークしたり、という「行動」を起こす。だがそれはますます痛さを助長してしまう。

この映画では、その本質を見事にとらえ、それを説明的なセリフでなく、会話と演技、そしてラストシーンのアレによって表現しつくしている。さらに、ファンがひょっとしてここに集まった5人しかいないのでは、という状況は、DVDやインターネット、多チャンネル化によってアイドルのロングテール化が進んだ今日、現実に起きていることである。そこに眼を付けたところも実に鋭い。これはアイドル文化を語る上で、特筆すべき一作になることだろう。

とにかくアイドルファンでも、そうでもない人も、純粋な気持ちで没頭できる素晴らしい映画だ。話題作は多いものの、昨年に比べるといまひとつ元気のない今年の邦画界。こういう傑作が、浮揚への起爆剤になってくれるといいと思う。

それにしても、かつて矢口真里と浮名を流し、それが今回の辻希美大スキャンダルの遠因にもなったと言われる小栗旬が、この映画で主演を務めているのは何の因果か……。

Idol 

キサラギのホームぺージ(音が出ます)
http://www.kisaragi-movie.com/

|

« 四季「ウィキッド」開幕 | トップページ | ショーレストラン「六本木香和(かぐわ)」 »

コメント

こんばんはー。先日『ボラット』を見に行ったとき、トレーラーを見てすごく気になっていました。密室劇には目がないのです。そうですかー、おもしろかったですか!今週末に見ようと思っていたのですが、休日出勤で断念しました。近いうちに見に行きたいと思います。

投稿: ぽぽん | 2007年6月24日 (日) 22時00分

ぽぽんさんこんばんは。あいかわらずお忙しいようで大変ですね。

「キサラギ」はアーティスティックな完成度よりも単純な楽しさを追求した、サービス精神満点のナイスガイな映画だと思います。評判もいいのでしばらく上映してくれるでしょうから、ぜひご覧になってください!

投稿: ヤボオ | 2007年6月25日 (月) 00時20分

おはようございます。
僕も先日『キサラギ』を観てきました。
凄い人気で満員でした。
僕もこの作品が大好きです。
本当に楽しめますよね♪

投稿: IHO | 2007年7月 1日 (日) 10時03分

IHOさんこんにちは。

キサラギ、どんどん人気が出てるみたいですね。この勢いだと、上映館数の追加拡大もあるかもしれません。まあ内容的にはあくまでマイナー映画として楽しむものだとは思いますが。

投稿: ヤボオ | 2007年7月 2日 (月) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「キサラギ」遅れて来たアイドル映画:

» 「キサラギ」:木場四丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}なんともファンタジックな光景ね。 {/kaeru_en4/}こういう景色の中でほほえんでいる少女のイメージなんだよなあ、ミキッペって。 {/hiyo_en2/}ミキッペって、まさか映画「キサラギ」の如月ミキ? {/kaeru_en4/}そう、そう、愛しのミキッペ。 {/hiyo_en2/}あれって、架空のアイドルだし、彼女を演じていた女優もどこがいいんだか全然わからなかったわ。D級アイドルを演じてる以前に、文字通りのD級アイドル。 {/kaeru_en4/}D級アイドルかど... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 22時33分

« 四季「ウィキッド」開幕 | トップページ | ショーレストラン「六本木香和(かぐわ)」 »