« 「レ・ミゼラブル」開幕 帝劇の中心でウメコォーッと叫ぶ | トップページ | 「レ・ミゼラブル」いけるぞ!禅ジャベール »

2007年6月10日 (日)

四季「ジーザス・クライスト=スーパースター」降臨!花代マリア様

2日連続で四季劇場・秋に来てしまった。

許したまえ。今、自分が何をしているか、私には分かっていないのですから……

ウソだ。分かっている。きのうはジーザスの初日。きょうは花代マリアの初日だ。

そんなわけで、きょうのキャスト。と言っても昨日と変わっているのはマグダラのマリアだけだ。

ジーザス・クライスト 柳瀬大輔
イスカリオテのユダ 芝 清道
マグダラのマリア 木村花代
カヤパ 青木 朗
アンナス 明戸信吾
司祭1 阿川建一郎
司祭2 田辺 容
司祭3 川原信弘
シモン 神崎翔馬
ペテロ 飯田洋輔
ピラト 村 俊英
ヘロデ王 下村尊則

「クレイジー・フォー・ユー」のポリーに続き新役ゲットの花ちゃん。ほかにゲットすべき役があるでしょ、ほら、あたしは人気者~♪というのは置くとして、ますます増える持ち役。これでこそ追いかけがいがあるというものだ。

冒頭のシーンからずっとジーザスに寄り添う花代マリア。ポリーのガサツなオーラとは正反対の、細やかなオーラを身にまとっている。いやがおうにも期待が高まってくる。

そしていよいよ歌のパートが。

♪どうぞ 冷たい水で~

・・・ほお!これは驚いた。

昨日目撃した高木マリアは、どちらかというと湿感のある、ねっとりとしたマリアだったのに対し、花代マリアは意外にも薄味の、さくさくしたマリアだ。今までの演技から考えて、高木マリアより濃いめの味付けになるのではと予想していただけに、これは意外。秋劇場のこけら落とし公演で見た、保坂マリアにイメージが少し近いかもしれない。あまり感情を前面に出すことないが、細かいしぐさからジーザスへの愛情、そして芯の強さが伺い知れる、そんなマリアだ。

マグダラのマリアは、この舞台に限らず、さながら恋人のようにキリストの側にいた存在として描かれることが多い。「側にいてほしい女性」のタイプは人によって異なるだろうが、こういうさらっとしたタイプはその有力な候補だろう。

そして「やりなおすことはできないのですか」では、何か自分に向けられた強い決意のようなものを感じさせる。実際、マグダラのマリアはキリストの復活の目撃者となり、その証言は後にパウロらが教団を組織するにあたり重要な役割を果たす。そのことを考えると、キリストにすがって生きるのではなく、自らが強く生きるマリア、というイメージもわいてくる。花代マリアは、まさにそうした雰囲気を持っていた。

来週以降どちらがメインのマリアになるのか皆目検討がつかないが、タイプが違うだけに比較も難しく、できれば今後も両方見たいというのが本音だ。ただ1週間のうちで2人出すのはやめてほしい。前日予約ができないから!

しかし、あの隈取りメイクは花ちゃんにはあまり似合っていなかったように感じた。なんか仮面ライダーの触覚のような部分が片方だけぴょーんと上に跳ね上がってて。あれ自分で描くんですかね?とりあえず、エルサレムバージョンでも登場を希望したい。

Ajisainohana_1

浜松町から四季劇場へ向かう途中、芝商業高校の塀沿いの花壇に咲いていた紫陽花。今年は、桜の季節にも花ちゃんを見た。四季の花が咲くたび、四季の花代が咲き誇る。なんてうまいこと言ってると年に4回しか観られなくなるから撤回。

「ジーザス・クライスト=スーパースター」のホームページ

http://www.shiki.gr.jp/applause/jesus/index.html

|

« 「レ・ミゼラブル」開幕 帝劇の中心でウメコォーッと叫ぶ | トップページ | 「レ・ミゼラブル」いけるぞ!禅ジャベール »

コメント

とりあえずこちらにコメントを。
…両日行かれたんですね!(笑)
私は日曜日に予定が入っていたため泣く泣く土曜日帰りでした(T_T)
でも高木さんもかなり好きなので満足の初日でした。
Wキャストでこれほど安堵のキャスティング(花ちゃんがらみ)は個人的に今までなかなかなかったかもしれません。
下村さん復活も大変おめでたいことでこれも四季ファンはみな安心したのではないでしょうか。…活き活きと演じられてたし(笑)
それと以前私の意味深なコメント覚えてます?マリアがらみで。あれ=芝ジーザス・金森ユダのこと…ヤボオさん絶対観たいキャスティングだと思って(笑)。初日ってウワサもあったのでもし花ちゃん抜きでも観なきゃと思って私も突発したんですがもう少し先のようですね。となると新チェもあるかも?ですね。私は夢で福井チェを見ました(笑)
あ、元ユダのMヲさんは残念ながら…というウワサですがどうなんでしょう。。実力あるだけに残念です。

投稿: fudoh | 2007年6月11日 (月) 02時54分

高木マリアは良かったですね!今週シングルになるのも、花代ファンとしては複雑ですが、納得です。まあエルサレム版で頑張ってもらいましょう。新ジーザスに新ユダも楽しみです。この作品自体大好きなので、この夏は小まめに通おうかと思っております。

吉原戻ってこーい!今の幹部俳優とは異なるキャラですが、いずれ四季の中心になる存在だと思います。「キャプテン」で言えば4代目の近藤キャプテン?

投稿: ヤボオ | 2007年6月12日 (火) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「ジーザス・クライスト=スーパースター」降臨!花代マリア様:

« 「レ・ミゼラブル」開幕 帝劇の中心でウメコォーッと叫ぶ | トップページ | 「レ・ミゼラブル」いけるぞ!禅ジャベール »