« カレッタ汐留「エメラルド ファンタジー」点灯式見学 | トップページ | 四季「キャッツ」 追悼 服部良子 »

2007年4月28日 (土)

東京ディズニーランド「スペースマウンテン」リニューアルオープン

東京ディズニーリゾートの混雑する時期といえば、夏休み、クリスマス、ゴールデンウイーク。特にゴールデンウイークは限られた期間ということでこっぴどく混む。

その連休初日になぜ俺がここに来たかというと、スペースマウンテンが半年に及ぶ長期メンテナンスを終え、装いも新たにきょうオープンするからだ。

そんなわけで朝6時から並んで入場。いつもは人の少ない右回りコースに多勢のゲストがなだれこむ。

さて、そのスペースマウンテンだが、外見は変わりない。だが夜のライトアップがだいぶ変わるという情報もある。

まず変わったのがロゴマーク。ちょっとカッコ良くなっている。

Spm1

コカコーラのCMを強制的に見せられるコーナーも派手になった。

Spm2

並んでいるときにモニターに映る説明映像も、CGなど使って現代的に。

Spm3

ぐっと雰囲気の変わったのが搭乗口。ブラックライトを使った照明はこれまでより暗く、ムードを盛り上げている。また、天井にあった宇宙ステーションのようなものが取り払われ、代わりに「実物大」という設定と思われる、巨大な宇宙船がつり下げられている。曲線を生かしたデザインは、「宇宙戦艦ヤマト」のガミラス軍の戦闘機のようでもあり、「インディペンデンス・デイ」でエイリアンが乗っていたようなものでもある。ブラックライトとあいまって、何となく悪役な雰囲気なのだ。

Spm4

宇宙船、後ろから。

Spm5

宇宙船、前から。

Spm6

筐体は2×3列の2両編成で、これまでと変わらない。色やデザインは変更されている。

Spm7

ここまで来て演出上のリニューアルの方向性が分かった。これまでのスペースマウンテンは、宇宙飛行士ゴードン・クーパーの実体験をもとに演出されており、「宇宙飛行を体験する」というコンセプトがあった。しかし、実際にはリアルさなど全くなく、あの赤い電球を「太陽」だと錯覚できるのは、それこそディズニーのクリエーターぐらいイマジネーションに満ちあふれた人ぐらいだったろう。今回のリニューアルで、それをばっさりと切り捨て、SF映画やアニメーションの世界の再現に舵を切ったのだ。

もはや、アメリカの航空宇宙産業は、さして夢のあるものではなくなった、ということか。そんなことを考えつつ、搭乗。肝心のコース内はどう変わったのか。

結論から言うと、暗くなっただけです。

しかし、これはこのアトラクションにとって重要なポイントだ。スペースマウンテンの面白さは、暗い中をジェットコースターで走り抜ける、という点にある。だがこれまでは、中途半端に鉄骨やレールが見えてしまい、かなり興ざめだったのだ。特に一番前に乗ると次にどう動くかはっきり分かってしまうため、普通のジェットコースターと異なり一番前はハズレ席になっていた。

新しくなったコースでは、照明の当たり方やレールの塗装などに工夫が施され、レールはほとんど見えない。鉄骨もたまに、というぐらいだ。一番前にも乗ってみたが(続けて2回搭乗)、全く気にならない。

がらっと変わることを期待した人から観れば肩すかしかもしれない。しかし考えてみれば半年ぐらいの時間でそれは無理だ。半年間で、演出面のコンセプト変更と、アトラクションとしての醍醐味のブラッシュアップを実現したことは、評価していいのではないか。

ただ、もともとスペースマウンテンは酔いやすいジェットコースターだったが、より暗くなったことでその酔いやすさもブラッシュアップされてしまった。スペースマウンテンはキモチ悪くなるから苦手、という人は避けたほうがいいでしょう。

目的を果たしたので飯でも食って帰ろうと思ったがレストランもたいてい10時からなので、仕方ないので「スターケード」でゼビウスに興じたり、シューティングギャラリーで射的を楽しんで時間をつぶす。オリエンタルランドのダークサイドもたまには役にたつ。

Spm8

Spm9

それでも時間が余ったので「カントリーベア・シアター」へ。

Spm10

さすがに9時台からここに来る人は珍しく、人間より熊のほうが多かった。その中でキャストさんの手拍子の音だけが悲しくコダマしている。

10時と同時にクリスタル・パレスレストランに入って飯を食い、せっかくだから「リロ&スティッチのフリフリ大騒動」のスペシャルパレード「フリフリ・オハナ・バッシュ」を見物して帰ることに。

ハワイが舞台ということで、露出の多めのカワイイ衣裳に身を包んだダンサーさんたちが多数登場する楽しいパレードだった。って見るとこ間違ってますかね。

Spm30 

|

« カレッタ汐留「エメラルド ファンタジー」点灯式見学 | トップページ | 四季「キャッツ」 追悼 服部良子 »

コメント

はじめまして、SPIDER-MANといいます。
スペースマウンテン、今日リニューアルOPENしましたね!
どこかに写真を載せているサイトないかな~と探していて
このサイトにたどり着きました!
スペースマウンテンは、すごくかっこよくなりましたね~。
僕も早く乗りたいです!

記事の中に、ちょっと気になる部分があるので書きますね。
リニューアル前のスペースマウンテンについて、リアル
では無いと書かれていますが、ちょっと勘違いされている
のだと思いますよ。前のスペースマウンテンで再現されて
いたのは、感覚なんです。打ち上げの緊張感、帰還後の
フラフラ感などです。宇宙空間へ入るまでの緊張感は、
結構あったと思いますし、乗り終わった後は、結構フラフラ
した覚えがあります。
あと、あの赤いライトは太陽ではなく、大気圏突入を
再現しているようです。こっちの方が、もっとイメージ
しにくいですけどね(笑)

だから、どちらかといえばテーマを変えたというより、
古臭い感じを一新したといった感じではないでしょうか。
ただ、公式サイトでもゴードンクーパーのことは書かれて
いないので、一応テーマからははずしたんでしょうね。

鉄骨が全く見えないのは、相当うれしいですね。
本当に宇宙を飛んでいるような感じになったのかな~。
とにかく、リニューアルして良かったようですね!

投稿: SPIDER-MAN | 2007年4月28日 (土) 16時10分

こんにちは。ぼくもDISNEY関係のブログを書いているのですが、スペースマウンテンが今日リニューアルという事で早速書く事にしました。今日行ってきたんですか??すごいですね!!早く乗ってみたいです。中の宇宙船の写真があったのですが、変わってましたね!!聞きたい事があるのですが、スタンバイ、何分ぐらいでしたか??是非教えて下さい!!
あとダメならいいのですが、写真を僕のブログに載せてもよろしいでしょうか??急ですいません・・・
是非僕のブログも見てください!!

投稿: NikuSaka | 2007年4月28日 (土) 17時59分

SPIDER-MANさん、こんにちは。

あれは大気圏突入だったんですか!とゆうことはあの赤いのはシャア専用ザク・・・?

暗い中をジェットコースターで走るという単純なアトラクションに、新しい要素を加えるのではなく、もう一度原点を見つめ直したというのは良かったと思います。

まあアレで「これが宇宙だ!」「これが未来だ!」と強弁を張るのもディズニーやアメリカの愛すべきところではありますが。

投稿: ヤボオ | 2007年4月28日 (土) 23時43分

NikuSakaさんこんにちは。

オープンと同時に入場して真っ先にスペースマウンテンに行ったので、待ち時間は5分でした(8時10分)。

搭乗後に待ち時間を見ると、待ち時間は60分を越えてました(8時30分)。その10分後にはもう2時間近かったようです。

今日はGW初日で、午後からは雨が予想されていたので出足がかなり早かったこともありますが、かなりのハイペースですね。

写真は使っていただいて構いませんよ。

投稿: ヤボオ | 2007年4月28日 (土) 23時51分

こんにちは。やっぱり混むようですね・・・
やっぱりファストパス使ったほうが良さそうですね。
でも3,4日はピークになるようなのでその日は避けたいと思います。いろいろと教えていただきありがとうございます!!これからもブログ見させていただきます。あと写真も使わせていただきます!!
本当にありがとうございました。

投稿: NikuSaka | 2007年4月29日 (日) 10時07分

<ヤボオさん
シャア専用ザクですか・・・。なんかそれにしか
思えなくなってしまいました(笑)

そうですね~。ただ新しい要素を追加するのではなく、
もう一度原点を見直し、そのアトラクションの魅力を
さらに引き出した今回のリニューアルは、成功と
いっても良いかもしれませんね!

投稿: SPIDER-MAN | 2007年4月29日 (日) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ディズニーランド「スペースマウンテン」リニューアルオープン:

« カレッタ汐留「エメラルド ファンタジー」点灯式見学 | トップページ | 四季「キャッツ」 追悼 服部良子 »