« 劇団四季「ウィキッド」キャスト予想 | トップページ | 「Song & Dance HAMLET」オフィーリアに堀内敬子、沢木もおるでよ! »

2007年1月28日 (日)

土曜ワイド劇場「混浴露天風呂連続殺人ファイナル~箱根・伊豆~セレブの夢が泡と散るバブルに踊った女たちの傷跡・さらば温泉刑事 最後の秘湯で愛を誓う!」

土曜ワイド劇場の看板シリーズ「混浴露天風呂連続殺人」が1月20日の放送をもって完結した。足かけ26年にわたり年に1本のペースで制作され、これが26作目となった。

古谷一行と木の実ナナの名コンビに、この10年あまりは火野正平も加わり、最強トリオで繰り広げていたこのシリーズ。古谷一行は年を追うごとにエッチになり、木の実ナナは変わらず派手な衣裳に身を包み、火野正平はすっかり脱衣キャラが定着しほかのシリーズでも意味もなく全裸になっている。この3人の名人芸がもう観られないと思うと実に残念だ。ぜひDVDボックスを発売してほしいものだ。

前回の放送で、いつも山口かおり(木の実)に振られて終わる左近太郎(古谷)が、振られずにエンディングを迎えたので、これで最終回かとも思ったが、次回で最終回、という伏線だったようだ。

最終回は18年前のバブル絶頂期からの時間の経過をモチーフにして、有森也実、洞口依子、辻沢杏子という、誰が犯人でもおかしくない女3人を中心に展開する。山崎銀之丞という怪しいオマケつき。キャストは微妙に豪華だったが、最終回だからといって気負った雰囲気もなく、意味もなく挿入される混浴シーンと分かりやすい展開で、いつも通りの作りだった。

だが木の実ナナが、実の娘である詩織(山田まりや)の結婚を見守りつつ、自分の幸せについても真剣に考えるようになるくだりはなかなか心を打つものだった。どこか「マンマ・ミーア!」のドナとソフィの母娘のようでもあった。考えてみると、5年ほど前に詩織を登場させたときから、エンディングが視野に入っていたのだろう。

いずれスペシャル版や、派生シリーズ(火野正平が主役とか)での復活も期待したいが、まずはご苦労様といったところだ。

最近はこういうお色気シーンを売りにした番組もめっきり少なくなってしまった。ビデオやCATV、CSなどが普及し、地上波でそこまでする必要がなくなったのだろう。しかしそうして分業が進む中で、ますます地上波がつまらないものになってきている。そう考えると、貴重なシリーズだったとも言える。

「十津川警部」や「船長シリーズ」は、キャストを入れ替えながら続いている。このシリーズも新キャストで再開しても面白いかもしれない。

Roten

ウィキペディアの「混浴露天風呂連続殺人」項目(放送リストあり)

|

« 劇団四季「ウィキッド」キャスト予想 | トップページ | 「Song & Dance HAMLET」オフィーリアに堀内敬子、沢木もおるでよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜ワイド劇場「混浴露天風呂連続殺人ファイナル~箱根・伊豆~セレブの夢が泡と散るバブルに踊った女たちの傷跡・さらば温泉刑事 最後の秘湯で愛を誓う!」:

« 劇団四季「ウィキッド」キャスト予想 | トップページ | 「Song & Dance HAMLET」オフィーリアに堀内敬子、沢木もおるでよ! »